18社レンタルサーバー徹底比較 →

プロが解説!ABLENET共用サーバーの評判・3メリット7デメリット

ablenet_eyecatch
ひーちゃん@ライター

14社のサーバー利用経験があるブロガー・ライター。WordPress開設1年2ヶ月で月50,000円達成。

ひーちゃん@ライターをフォローする

12社を超えるサーバーを使った経験上、ABLENETエイブルネット共用サーバーはおすすめできません。WordPress簡単インストール機能がなくブログ未経験者はブログをはじめられない可能性が高いです。独自ドメインのSSL化も有料でサイトセキュリティに毎月1,320円もかかります。

SSL

SSLは暗号化によるサイトセキュリティの1つ。SSL化されたサイトのURLは「http://~」から「https://~」に変わる。SSL化はSEOに影響するためブログ運営に欠かせない。

ABLENETがおすすめでない人!
  • ブログ未経験者だけど、今すぐブログをはじめたい!
  • 集客・収益目的のブログやアフィリエイトサイトを複数作りたい!
  • ポートフォリオやホームーページを作りたい!

ABLENET共用サーバーは株式会社ケイアンドケイコーポレーションが運営するサーバーです。98年2月に設立された同社は、90年代からVPSブイピーエスホスティングサービスを提供してきました。そのため、共用サーバーよりVPSが有名です。

ひーちゃん
ひーちゃん

ABLENETのVPSは評判が良いです。

VPS

VPSは仮想専用サーバーのこと。共用サーバーと違い他サイトのアクセスによる影響がない。しかし、VPSは専門的な知識がないと利用がむずかしくブログ未経験者には向かない。

基礎知識4種類に分かれるレンタルサーバーの違いは何?

ひーちゃん
ひーちゃん

WordPressブログは共用サーバーで運営できるうえ、設定も楽でおすすめです。

結論を言ってしまうとABLENET共用サーバーはデメリットが多いのでほとんどの人におすすめできないものの、次の人は利用を検討できるかもしれません。

ABLENETはこんな人におすすめ!

音楽や動画のストリーミングできるブログを作りたい!

ABLENETがおすすめな理由!

転送量が無制限だから。

転送量

転送量とはブログを表示するときの通信量のこと。スマホのギガ(データ通信量)に似ている。1日100GBの転送量のサーバーなら、100GBを超えるとアクセスが制限される場合がある。

使用目的にかなった最適なサーバーの選び方とおすすめレンタルサーバーは 22社徹底比較!おすすめレンタルサーバー3選と失敗しない選び方5つのコツ! にまとめています。

この記事ではABLENET共用サーバーの評判・口コミメリットデメリットを徹底解説しました。

おトクなキャンペーン!

ABLENET キャンペーン

  • 期間:定めなし
  • 特典①:初期費用最大50%OFF
  • 特典②:女性限定初期費用さらに1,100円OFF
  • 特典③:1年経過毎にサーバー1ヶ月分無料延長

ABLENET はこちら。

ABLENETとは|こんな人におすすめのレンタルサーバー!

ABLENET共用サーバーは月額料金917円~ではじめられるサーバーです。WordPressが使える最安プランのパーソナルスイートプランはMySQL数が10個のため、10個までしかWordPressブログを作れません。複数ブログを作りたい人は注意しましょう。

月額料金917円~(パーソナルスイート)
初期費用2,739円~(1年契約)
ページ読み込み時間未計測
MySQL数10個
WordPress簡単インストールなし
自動バックアップなし
SSL月額料金:1,320円
初期費用:1,100円
ディスク容量200GB
転送量無制限
※税込総額表示
ABLENETはこんな人におすすめ!

音楽や動画のストリーミングできるブログを作りたい!

ひーちゃん
ひーちゃん

ABLENET共用サーバーは転送量無制限で、実際に2020年5月は13TB/月以上を転送しています。

画像参照:転送量無制限|ABLENET共用サーバー

ABLENETの評判

ABLENET共用サーバーの口コミ・評判は1件しかありませんでした。ABLENETはVPSに比べ共用サーバーを利用している人の口コミが非常に少ないです。

ABLENETの評判・口コミ

ABLENET共用サーバーのいい評判・口コミ

ABLENET共用サーバーのいい評判や口コミはありません。

ABLENET共用サーバーの悪い評判・口コミ

ABLENET共用サーバーはSSL化が有料なことが不評でした。

格安レンタルサーバーや無料レンタルサーバーですらSSL化は無料の昨今。SSL化に月額料金1,320円もかかるABLENET共用サーバーに悪い口コミがあるのも無理はありません。

ABLENETの料金・キャンペーン

ABLENET共用サーバーの月額料金は917円~です。すべての料金プランをまとめました。

契約期間パーソナルプランソーホープランビジネスプラン
1年917円1,834円2,750円
半年1,023円2,054円3,099円
1ヶ月1,078円2,178円3,278円
※税込総額表示
※WordPressの使えないプチプランは詳細非掲載

ABLENET共用サーバーは常にキャンペーン開催中です。

おトクなキャンペーン!

ABLENET キャンペーン

  • 期間:定めなし
  • 特典①:初期費用最大50%OFF
  • 特典②:女性限定初期費用さらに1,100円OFF
  • 特典③:1年経過毎にサーバー1ヶ月分無料延長

ABLENET はこちら。

ABLENETのメリットをレビュー

ABLENET共用サーバーの3つのメリットをレビューします。

転送量無制限

ABLENET共用サーバー最大のメリットは転送量無制限です。そのため動画や音楽のストリーミングなど転送量が多くなるブログ運営もこなせます。他社と比べましょう。

レンタルサーバー料金プラン転送量
ABLENETパーソナル無制限
ConoHa WINGベーシック27TB/月
XserverX10300GB/日
ロリポップハイスピード600GB/日
mixhostスタンダード18TB/月
さくらのレンタルサーバスタンダード700GB/日

大手レンタルサーバーでも転送量は制限付きです。

キャンペーンが豊富

ABLENET共用サーバーはキャンペーンが豊富なのがメリットです。

おトクなキャンペーン!

ABLENET キャンペーン

  • 初期費用最大50%OFF
  • 女性限定初期費用さらに1,100円OFF
  • 1年経過毎にサーバー1ヶ月分無料延長

これらのキャンペーンはほとんど常に開催中です。女性限定のキャンペーンなどは他社サーバーに見当たりません。

ひーちゃん
ひーちゃん

キャンペーンはありがたいものの、初期費用は高いため割引されても高いままです。

ディスク容量が多い

ABLENET共用サーバーはディスク容量が多いのがメリットです。

ディスク容量

ディスク容量とは、保存容量のこと。容量が多いほど画像やテキストなどのブログデータ、メールをたくさん保管できる。パソコンのHDDやSSD、スマホの内部ストレージと同じ意味。

大手レンタルサーバーとも変わらないほどディスク容量が確保されています。

レンタルサーバー料金プランディスク容量
ABLENETパーソナル200GB
ConoHa WINGベーシック300GB
XserverX10300GB
ロリポップハイスピード320GB
mixhostスタンダード250GB
さくらのレンタルサーバスタンダード100GB

ディスク容量が多いため画像の多いポートフォリオでも容量不足になることはないはずです。

ただし、画像を多用しないブログやアフィリエイトサイトだったり、画像のデータサイズを適切に縮小していたりするならディスク容量はそれほど使いません。実際、2つのブログ合わせて120記事ほどのサーバーのディスク容量は1240.4MBでした。

ひーちゃん
ひーちゃん

このブログを含みます。

そのため豊富なディスク容量はメリットなものの、実際に使う容量は思ったほど多くないため、それほど大きなメリットとな言えないのが現実です。

ABLENETのデメリットをレビュー

ABLENET共用サーバーの7つのデメリットをレビューしました。

月額料金が高い

ABLENET共用サーバーは月額料金が高いのがデメリットです。

レンタルサーバー料金プラン月額料金
ABLENETパーソナル917円~
ConoHa WINGベーシック828円~
XserverX10990円~
ロリポップハイスピード550円~
mixhostスタンダード968円~
さくらのレンタルサーバスタンダード436円~
※税込総額表示

月額料金は大手レンタルサーバーと変わりません。しかし、上記の他社サーバーはさくらのレンタルサーバを除き独自ドメインが無料で付いてきたり、自動バックアップが利用できたりするなど高機能です。そのため、ABLENET共用サーバーは月額料金の割にコスパが悪いと言えます。

ひーちゃん
ひーちゃん

ABLENET共用サーバーは価格に見合う性能や機能ではありません。

初期費用が高い

ABLENET共用サーバーは初期費用が高いのがデメリットです。他社と比べましょう。

レンタルサーバー料金プラン初期費用
ABLENETパーソナル2,739円~
ConoHa WINGベーシック無料
XserverX103,300円
ロリポップハイスピード無料
mixhostスタンダード無料
さくらのレンタルサーバスタンダード1,048円
※税込総額表示

Xserverより安いものの、Xserverは時折無料キャンペーンを実施しています。そのため、キャンペーン内容によってはABLENET共用サーバーの初期費用が最高値になってしまいます。

また、ABLENET共用サーバーは1年契約であれば2,739円ですが、1ヶ月契約だと3,834円と高くなるのもデメリット。初期費用なのに契約期間が変わるのは残念です。

独自ドメイン取得費用が高い

ABLENET共用サーバーは独自ドメイン取得費用が高いです。他社と比べましょう。

レンタルサーバー料金プラン独自ドメイン取得費用
ABLENETパーソナル3,960円(.comの場合)
ConoHa WINGベーシック2個無料*
XserverX101個無料*
ロリポップハイスピード1個無料*
mixhostスタンダード1個無料*
さくらのレンタルサーバスタンダード1,886円(.comの場合)
※税込総額表示
*キャンペーン適用時

キャンペーン中の大手レンタルサーバーならサーバー契約中に1個無料であることが多いです。そうでないさくらのレンタルサーバでも年間1,886円でした。対してABLENET共用サーバーは年間3,960円もかかります。

ひーちゃん
ひーちゃん

大手サーバーなら契約中はドメイン永久無料、格安サーバーならドメイン1年無料が一般的です。

独自ドメインは無料取得であっても有料取得であっても、メリットに違いはありません。つまり、ABLENET共用サーバーで高額なドメイン取得費用を支払うのはただデメリットでしかないわけです。

ABLENET共用サーバーを使うときは、ムームードメインなどドメイン取得会社で事前に独自ドメインを取得し持ちこむべきです。

SSL化が有料

ABLENET共用サーバーはSSL化が有料です。ブログ運営に絶対欠かせないサイトセキュリティに費用がかかるため固定費が上がります。SSL化の月額料金はサーバー代より高いです。

他社と比較しました。

レンタルサーバー料金プランSSL化
ABLENETパーソナル月額料金:1,320円
初期費用:1,100円
ConoHa WINGベーシック無料
XserverX10無料
ロリポップハイスピード無料
mixhostスタンダード無料
さくらのレンタルサーバスタンダード無料
※税込総額表示

これら大手レンタルサーバーに加え、ほとんどの格安サーバーや無料サーバーもSSL化は無料です。個人ブログに必要なSSLは Let’s Encryptレッツ エンクリプト などの無料SSLで十分。

Let’s Encrypt

Let’s Encryptは無料SSL証明書の1つ。2019年6月時点で世界で1億枚以上の有効な証明書を発行している。ConoHa WINGコノハウィングXserverエックスサーバーなど国内サーバーの多くでこの無料SSLが使える。

自動バックアップがない

ABLENET共用サーバーは自動バックアップがないのがデメリットです。ブログデータのバックアップは自分でなんとかしなければなりません。

ひーちゃん
ひーちゃん

ブログ未経験者の場合、自分でバックアップするのはむずかしいですし、何より手間です。

大手レンタルサーバーなら自動バックアップは標準装備されています。

レンタルサーバー料金プラン自動バックアップ
ABLENETパーソナルなし
ConoHa WINGベーシック14日間
XserverX10Web・メールデータ:7日間
MySQLデータベース:14日間
ロリポップハイスピード7世代
mixhostスタンダード14日間
さくらのレンタルサーバスタンダード8世代

自動バックアップしていない場合、ブログデータが壊れたり紛失したりすると戻せなくなります。これまでのブログ運営にかかった費用や努力がムダになるため、自動バックアップはブログ運営に欠かせません。

自動バックアップできないABLENET共用サーバーでブログ運営するの厳しいです。

WordPress簡単インストール機能がない

ABLENET共用サーバーはWordPress簡単インストール機能がありません。WordPressブログをはじめるサーバー知識の必要なむずかしい作業はすべて自力です。ブログ未経験者にほぼ無理と言えます。

ひーちゃん
ひーちゃん

ブログ未経験者のころ、WordPress簡単インストール機能があっても設定に苦労し2週間放置した経験があります。

WordPress簡単インストール機能はブログ未経験者の必須機能です。他社では当たり前に導入されています。格安サーバーでも無料サーバーでも、たいていはこの機能が利用可能です。

稼働率が99.99%以下

ABLENET共用サーバーは稼働率が99.99%以下なのがデメリットです。

稼働率

稼働率とはサーバーが停止せず正常稼働している時間を示した指標。稼働率99.99%サーバーは1年(8,760時間)で1時間しか停止いない。

基礎知識99.9%じゃ低い?レンタルサーバーの稼働率とは?

99.9%の稼働率を誇るABLENET共用サーバーは、数字だけ見ると稼働率が高く見えます。しかし、年間では8時間以上もサーバーが停止するのが99.9%。

ひーちゃん
ひーちゃん

計算すると停止時間は思ったより長いです。

大手レンタルサーバーは稼働率99.99%の実績または品質保証をしています。

レンタルサーバー料金プラン稼働率
ABLENETパーソナル99.9%
ConoHa WINGベーシック99.99%品質保証
XserverX1099.99%実績
ロリポップハイスピード99.99%実績
mixhostスタンダード99.99%品質保証
さくらのレンタルサーバスタンダード99.99%実績
稼働率の品質保証

稼働率の品質保証は、品質を下回った場合に返金される仕組み。例えばConoHa WINGでは稼働率99.99%が品質保証されており、下回ると月額料金の10%が返金される。

ですから、稼働率99.9%のABLENET共用サーバーは悪くないものの、決して稼働率が高いとは言えません。

ABLENETに関するよくある質問

ABLENETに関するよくある質問に答えました。

ABLENETのVPSとは?

ABLENETのVPSとは、ABLENETの仮想専用サーバーです。

ABLENETのVPSでWindowsサーバーを選べば、Windowsで稼働するゲームやFX自動売買ツールを使えます。もちろん、WordPressを使ったブログ運営も可能です。

ただし、VPSの利用はサーバーの専門知識が必要なため、ブログ未経験者は共用サーバーで問題ありません。

ABLENETの解約方法は?

ABLENETの解約方法は解約届をダウンロードし記入したうえで株式会社ケイアンドケイコーポレーションに送付します。

解約届は共用サーバーとVPSで違います。記入方法を参考にしてください。

ABLENET 解約届(共用サーバー) はこちら。
解約届の記入方法 はこちら。

ABLENETの料金は安い?

いいえ、ABLENET共用サーバーは月額料金や初期費用、独自ドメイン取得費用などが高いです。

料金の割に性能や機能が低いサーバーで、コスパはよくありません。コスパに優れたサーバーを探しているなら 22社徹底比較!おすすめレンタルサーバー3選と失敗しない選び方5つのコツ! をお読みください。

まとめ

ABLENET共用サーバーはコスパが悪いうえ、利用者も少なくおすすめできないレンタルサーバーでした。WordPress簡単インストール機能がないのでブログ未経験者はブログをはじめることすら手こずる可能性が高いです。

使いやすくコスパに優れる最適なサーバーの選び方とおすすめレンタルサーバーは関連記事をお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました