Google Bloggerが評判な5つの理由と心配なサービス終了の可能性

2021年11月1日

運営者情報

webライターの「ひー」です。2017年にWordPressを始め、1年2ヶ月でブログ月収5万円達成。これまで14社のサーバーを使いました。

あのGoogleが運営する無料ブログサービスのBloggerブロガー強制広告がないうえ、Google Adsense広告の利用が想定された仕組みのため収益化しやすいのが特徴です。でもこんな情報を探していませんか。

  • Bloggerの評判はいい?悪い?
  • Bloggerの表示速度は速い?遅い?
  • Bloggerってサービス終了するの?デメリットは?

この記事では、Bloggerの評判・口コミからメリットデメリットまで詳細に解説しました。Bloggerやその他ブログサービスの利用経験、また14社のサーバーでWordPressを作った経験をもとに分かりやすくまとめます。結論、Bloggerはサービス終了のリスクがあるため、ブログを始めるならWordPressがおすすめです。WordPressに最適なサーバーはおすすめサーバー3選をお読みください。

Google Bloggerとは|こんな人におすすめの無料ブログサービス!

blogger-eyecatch

Google Bloggerは無料ブログサービスです。月額料金も初期費用も発生しないうえ、SSL化も無料で設定できます。費用をかけずにブログを始めたい人にとって、最も簡単で強力なブログサービスと言えます。

月額料金無料
初期費用無料
ページ読み込み時間351ミリ秒
複数サイト運営100個まで
自動バックアップなし
SSL無料
ディスク容量15GB
転送量非公開
※税込総額表示

Google Bloggerが評判な5つの理由

Google Bloggerが評判な5つの理由を解説します。

Bloggerは無料ブログサービスで実質月額料金が安い

Google Bloggerは無料ブログサービスであり実質月額料金が非常に安いことが大きなメリットです。ブログ作成に費用がかからないため、だれでも気が向いたら始められます。ブログの維持費もかからないため、更新をストップし放置していても問題なし。

blog-real-price

実質月額料金とは、ブログ運営費総額の以下3つから計算した実質の月額料金。

  • サーバー月額料金
  • サーバー契約初期費用
  • 独自ドメイン代

サーバー月額料金だけ安いサーバーを選んでも実質月額料金は安くならない場合があり、3つすべてを考慮することが運営費の正しい見直しと言える。

Bloggerは独自ドメイン代がかかるだけです。一番人気の「.com」ですら年間1,298~1,886円ほどの更新費用しかかかりません。つまり、Bloggeの実質月額料金はおよそ100円です。

Bloggerは運営サイドの広告を強制表示せず収益化しやすい

Google Bloggerは運営サイドの広告がないと評判でした。

多くの無料ブログサービスは、無料でブログサービスを提供する代わりに、運営サイドの広告が強制表示されます。

例えば、はてなブログやLivedoorブログ等は、無料版は広告が表示されます。そして、広告は1ページに1つというわけではなく、3つ4つと表示されることもあるため、まるで広告で埋め尽くされたかのようです。

対照的にGoogle Bloggerは広告が一切表示されません。見た目が非常にスッキリしています。当然、読者も記事を読みやすくなるはずです。さらに、運営サイドの広告が強制表示されないため、自分の広告による成果が発生しやすくなります。アフィリエイト広告の収入を得やすいでしょう。

affiliate-about2

アフィリエイトとは、ブログやサイトで宣伝商品が購入・契約されると得られる広告報酬の仕組み。個人・企業を問わず利用されている。

収益化にも向いている無料ブログサービスです。

BloggerはAdSense収益化しやすい

Bloggerは、とりわけAdSenseを収益化しやすいです。

通常、AdSenseによる収益化は独自ドメインによるブログ運営が条件とされています。しかし、Bloggerは独自ドメインを使っていなくても、Adsenseを設置できます。

言ってしまえば、実質月額料金0円で収益化も可能です。

表示速度が非常に速い

Google Bloggerは表示速度が速いと評判でした。

このサイトで紹介するどんな高速サーバーで作ったWordPressよりも、Bloggerのほうが速いです。

実際に表示速度を GTmetrix で計測しました。GTmetrixの使い方の詳細は 20秒で遅い原因を炙り出す!GTmetrixの使い方と日本語解説 をお読みください。

blogger-gtmetrix

ページ読み込み時間は0.351秒でした。高速レンタルサーバーで作ったWordPressと比べましょう。

Google Blogger0.351秒
エックスサーバー0.954秒
ConoHa WING1.1秒
ロリポップ!1.2秒
さくらのレンタルサーバ1.2秒

どんなWordPressブログよりも速い表示速度が出るため、速度にこだわりBloggerを選びたい人もいるでしょう。

Googleフォトとのスムーズな連携で画像貼り付けが簡単

Google BloggerはGoogleフォトとのスムーズな連携で画像貼り付けが簡単なのが評判でした。

ブログに欠かせない画像。スマホで撮影し、パソコンに移す作業って面倒です。

Google Bloggerは画像のなかにGoogleフォトが参照されるため、撮影した画像をすぐにGoogleフォトにアップロードする設定にしていれば画像貼り付けがスムーズ。さらに、画像のリサイズや圧縮もGoogleフォトまたGoogle Bloggerが自動で行っているため、いちいち加工する必要もありません。

ガジェット系や旅行系のブログなど、写真を多用するブログなら、スムーズに貼り付けられることで執筆時間がかなり短縮されます。

ブログを100個まで作成できる

Google Bloggerは1アカウントでブログを100個まで作成できることが評判でした。

100個もあれば、作りたいブログのジャンルや用途に合わせてブログを増やせます。

  • 収益化目的のブログ
  • 日記ブログ
  • 備忘録としてのブログ

たいていの人が100個もブログを作ることはないでしょうから、ある意味”無制限”と言えるかもしれません。

Google Bloggerを使う前に知っておきたいデメリット

Google Bloggerにもデメリットがあります。使い始める前に3つのデメリットを知っておけば「WordPressを使えばよかった」といった後悔をせずに済むでしょう。

BloggerはGoogleがサービスを終了させる可能性がある

Google BloggerはGoogleがサービスを終了させる可能性があるのがデメリットです。3つの理由からGoogleがBloggerを終了させる可能性は高いと予想します。

Googleがさまざまなサービスを終了させてきた背景

他のブログサービス同様にBlogger存続の可能性は運営のGoogleにまったく依存しています。Googleが終了と言えば終了です。Googleは過去にさまざまなサービスを終了させてきました。

  • Google+
  • Google リーダー
  • Google wave

ほかにも数十個以上のサービスが終了してきたのですから、Google Bloggerが終了する可能性はだれも否定できません。

Google BloggerのiOSアプリ提供終了はサービス終了の匂わせ?

2011年にリリースされたGoogle BloggerのiOSアプリの提供がすでに終了しています。

GoogleなのでAndroidに注力するはずなので、分からなくはありません。しかし、Googleは「Chrome」や「Google マップ」などはiOSアプリを提供しています。

Bloggerに関しては他のGoogleサービスに比べ力の入れ具合が弱い印象を受けるもの。

Google BloggerのAndrod版アプリの更新頻度が低い

Google BloggerのAndroidアプリが2020年09月28日を最後に更新がストップしていることはサービス終了の雰囲気を漂わせています。(勝手な解釈ですが。)

ただ事実として、Googleの主力サービスは更新頻度が高いです。以下をご覧ください。

  • Google chrome:2021年08月31日
  • Google マップ:2021年09月02日
  • Google ドライブ:2021年09月06日

これらのGoogle サービスに比べると明らかにBloggerの更新は遅れています。

ブログサービス独自のコミュニティがない

Google Blogger はブログサービス独自のコミュニティがないのがデメリットです。コミュニティからのアクセスがないため、SEOやSNSに頼って集客します。特にSEO集客は、上位表示されるまで時間がかかるため、ブログ初心者は少ないアクセスに落ち込むかもしれません。

はてなブログやアメブロなどは、コミュニティが存在するためコミュニティ内の人がブログを見てくれます。SEOだけに依存しない集客経路を持てるため、SEO集客がむずかしいブログの開設初期でもアクセスがあります。

はてなブログに評判は 【レビュー】速度44点・読み込み1.0秒のはてなブログ無料版の評判 で解説しました。

Google Bloggerは独自のコミュニティがないため、集客が大変です。

デザインテンプレートが少ない

blogger-design

Google Bloggerはデザインテンプレートが少ないのがデメリットです。これは利用者数が少ないのが最大の要因でしょう。

特に日本製のデザインテンプレートが少なく、おしゃれにしたいなら海外製のデザインテンプレートを探すことになります。日本製でなければデザインテンプレートの解説も日本語ではないので、トラブルがあると多言語で対応しなければなりません。

一方、WordPressの場合はテーマと呼ばれる日本語のデザインテンプレートがたくさんあります。

WordPressテーマとは、WordPressのデザインを変えるファイルのこと。テーマを入れ換えることで、WordPressの雰囲気をガラリと変えられる。
WordPressテーマは、表示スピードやSEOにも影響するため、どのテーマを利用するかはブログ運営への影響は小さくない。有料・無料問わず、テーマ選びは慎重になりたい。

  • おしゃれなテンプレート
  • 機能性抜群のテンプレート
  • シンプルなテンプレート

などが揃っているため、きっと自分らしいテンプレートが見つけられるはずです。

WordPressおすすめレンタルサーバー3選はコチラ

Google Bloggerに関するよくある質問

Google Bloggerに関するよくある質問に答えました。

Bloggerアプリは終了したの?

いいえ、BroggerのiOSアプリは終了したものの、Androidアプリは終了していません。Bloggerアプリを使えば、パソコンがなくてもスマホから執筆可能です。

Blogger
Blogger
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

Bloggerで独自ドメインを使える?

はい、Bloggerで独自ドメインを使えます。

original-domain

独自ドメインとは、世界に1つしか存在しないドメイン。当サイトは「mvno-osusume.com」という独自ドメインを使っている。WordPressブログには独自ドメインを使うのが一般的。

Bloggerの[設定]から[カスタムドメイン]をクリックすると、好きなドメインを入力し、取得できそうであれば購入可能です。

独自ドメインの取得はGoogleドメインです。

Bloggerは収益化していい?

はい、Bloggerは商用利用が可能です。

Bloggerの[収益]からGoogle AdSenseを申し込めます。AdSenseの申込がすぐにでき便利です。もちろん、ASP経由のアフィリエイトを使えます。

まとめ

Google Bloggerは運営サイドの広告がなく、表示速度も速い無料ブログサービスです。無料ブログサービスとして評判がよいものの、サービス終了の可能性が心配ならWordPressを使いましょう。

ブログを始めたいと考えている人は、こちらの記事をご覧ください。