18社レンタルサーバー徹底比較 →

ムダに読んでない?厳選!webライターにおすすめの本5冊

ひーちゃん@ライター

サーバー12社契約中の「ブロガー&専業webライター」。ブログ開設1年2ヶ月で月50,000円達成。

ひーちゃん@ライターをフォローする

Webライティングで食べてきた経験上、Webライターに強くおすすめできる本は5冊です。

おすすめの5冊!
  • 頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書
  • 沈黙のWebライティング
  • お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!
  • 10倍売る人の文章術
  • Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]
5冊がおすすめな理由!
  • Webライティングの仕事を探すクラウドソーシングの使い方がわかるから。
  • Webを意識したSEOライティングがわかるから。
  • フリーランスWebライターの納税がイメージできるから。
  • もっと売れるセールスライティングが学べるから。
  • Webライティング以外の収入源となるブログ設計がわかるから。

Webライター向けの本はたくさんあります。

でも、ほとんどの人は時間がありません。

限られた時間のなか未経験からWebライターになるには、厳選された本だけ読み、あとは実際にライティングをするのが一番です。学習と実践が成長させてくれます。ムダに読んではいけません。

わたしは未経験からWebライターになれました。そのために実践したことは webライターになるには?100万円稼いだ高卒社会人(30・男)体験談 をお読みください。

この記事では、Webライターにおすすめの本とその特徴を解説しました。

ひーちゃん
ひーちゃん

紹介順に読みすすめれば、副業ラインティングの仕事探しからフリーランスWebライターになるまで無理なくステップアップできます。

厳選!Webライターにおすすめの本5冊

Webライターにおすすめの本は5冊です。

ひーちゃん
ひーちゃん

大切なのは実践です。読んだら必ず実践しましょう。

これからクラウドソーシングを始めるwebライター向けの本

これからクラウドソーシングを始めるwebライター向けの本が、頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書です。

book-1
頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書【吉見夏実 著】

webライターになりたいなら、クラウドソーシングで受注しなければなりません。ただ、

  • 受注できない……
  • 単価があがらない……

という壁にぶつかります。

この本では

うまくいっていない人には、うまくいかない原因があります。

とありました。

クラウドソーシングの上手な使い方がわからないときに読むべき本です。
効率的に受注するためにすべきことが分かります。

さらに重要なのが、この本を実践することで受注できる仕事内容がグッとあがること。
変な仕事を取らず、まともな仕事を取れるようになります。
言葉が雑ですみません。

この本を読んで上質なwebライターの仕事をGETしてください。

webライター必須のSEOライティングを身に付けるための本

webライター必須のSEOライティングを身に付けるための本が、沈黙のWebライティングーWebマーケッターボーンの激闘ーです。

book-2
沈黙のWebライティングーWebマーケッター ボーンの激闘ー【松尾茂起(株式会社ウェブライダー)著】

webライターに求められるスキルの1つがSEOエスイーオーライティングです。

SEO

SEOとは検索エンジン最適化のこと。Googleなどの検索エンジンに記事の内容をきちんと正しく伝えるには、ライティングも重要。

通常の本とWebの記事は文章の書き方に違いがあります。Webならではのライティングが分からないなら、この本がおすすめです。

本書は「Webライティング」というテーマを扱い、Webにおける言葉の使い方を振り返るものです。

WebライティングすなわちSEOライティングができれば、Webライターの仕事は受注しやすくなります。SEOライティングは資格ではなくスキルなので、本を読んで取り組めば身に付けられます。

SEOのわかるwebライターになりたいならこの本を読んでください。

フリーランスや副業で稼ぐwebライターが税金を学ぶための本

フリーランスや副業で稼ぐwebライターが税金を学ぶための本が、

お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!

です。

book-3
お金のこと何も分からないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!【大河内薫/若林杏樹 著】

副業としてはじめたwebライター。
しっかり稼げたからこそ出てくる問題が税金です。

  • フリーランスの税金って何を支払うの……
  • 確定申告なんてしたことない……
  • どこまでが経費になるの……

webライターとして、税金を納め忘れるということはしたくありません。収入を得る以上、税金を納める義務が生じます。

とはいえ、会社員として働いてきたのなら税金は会社にお任せだったのではありませんか?

Webライターで稼いだお金の納税や経理のイメージがわかないなら、この本で勉強しましょう。マンガなのでスッと理解できます。

しっかり税金を納めるフリーランスwebライターになりたいなら読んでください。

売れるwebライターの文章力「セールス・ライティング」を習得するための本

売れるwebライターの文章力を習得するための本が、全米No.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術です。

book-4
全米No.1のセールス・ライターが教える10倍売る人の文章術【ジョセフ・シュガーマン 著】

SEOライティングの先に目指すべきなのが、セールス・ライティング。

「あ!ほしい!」と思えるライティングができないと感じているなら、この本がおすすめです。

読者に行動してもらえるセールスが身に付きます。

セールス・ライティングのできる一流webライターになりたい人は、この本を読んでください。

自分のブログもマネタイズしたいwebライター向けの本

自分のブログもマネタイズしたいwebライター向けの本が、GoogleAdsense マネタイズの教科書(通称のんくら本)です。

book-5
GoogleAdSenseマネタイズの教科書[完全版]【のんくら/a-ki/石田健介/染谷昌利 著】

ご存じのとおり、webライターは労働収入です。休んだら報酬は入ってきません。

Webライティングに頼らないほかの収入源がほしいなら、この本を読みましょう。

ずっと読まれるブログの作り方がわかります。

もちろん、webライターは初心者のころから練習のためにブログをはじめるべきです。ブログの始め方は なるほど!10秒で理解できるWordPressの始め方 をお読みください。

webライター以外の資産収入がほしいと感じたwebライターは、この本を読んでください。

本を読むwebライターは読まない人より成長が早い

5冊の本を紹介しましたが、本を読むべき理由を話させてください。

  • 本のほうが読みやすい
  • 本は専門家が書いており、ためになる

という浅はかな理由ではありません。

本を読むべきなのは、読まない人より圧倒的に成長が早いからです。

なぜなら、本の作者は詳しいから本を書けたのではありません。本は、他人の経験の凝縮です。経験したからこそ、体系的に書けます。

経験は、何からできていますか?

  • 時間と労力
  • 知識と推敲
  • 失敗と成功

だからこそ、本のアドバイスは本質を突いています。本質を突いている、言い換えれば一直線。webライターとして受注できるスピードも、成長するスピードも変わります。

圧倒的なまでにwebライターとして成長できるのですから、絶対に本を読むべきです。初心者のwebライターで、ツール集めに奔走しているならやめましょう。必要なものは少ないです。

厳選し過ぎ!webライターに必要なソフト1選&ツール3選 はこちら。

webライターに本は重要だが、実践はもっと重要

本を読むべき理由を熱く語りましたが、’さらに重要なことがあります。

実。践読んで理解したことを、やってみる。

実行に移さないかぎり、それは情報でしかありません。もちろん、読んだことを一気にすべて実践するのは非現実的です。それで、この記事のはじめにおすすめしたのが、月に1冊買って、1ヶ月実践することでした。

やみくもに読むだけでは、腹が膨れるだけ。アスリートになるには、食べて運動しなくてはなりません。

プロのwebライターになるには、読んで実践しなければダメです。

webライターにおすすめな本 まとめ

Webライターにおすすめの本は5冊でした。

ただ、本を読む=執筆の時間が減るわけですから、本を読んでばかりではダメですし、実践しない本を読んでもダメです。

効率的に着実にwebライターのステップアップしたいなら、今回紹介した5冊の本を月に1冊読んでください。そして、1ヶ月はその本に書いていることをフルコミットしましょう。

そうすれば、おすすめの本から最善の結果を受けられるはずです。

ひーちゃん
ひーちゃん

「おもしろそうな本から」ではなく、上から順に読みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました