27社レンタルサーバー徹底比較 →

月5万円を稼げた高機能WordPressテーマCocoonの評判

cocoon_toppage
ひーちゃん@ライター

14社のサーバー利用経験があるブロガー・ライター。WordPress開設1年2ヶ月で月50,000円達成。

ひーちゃん@ライターをフォローする

Cocoonコクーンは超多機能で評判が良く、おすすめなWordPressテーマです。WordPress無料テーマとして1,2位を争うほど人気で、ひとまずCocoonから始める人はたくさんいます。

ひーちゃん
ひーちゃん

当サイトもCocoonで運営してきました。

Cocoonはこんな人におすすめ!

1番優れた無料テーマを使いたい。

他の無料テーマを探したり、有料テーマを買ったりする時間や資金の余裕がなければ、まずはCocoonを使ってみてください。Cocoonはデザインが豊富なので、好みのデザインやサイトのジャンルに合ったデザインがきっと見つかります。

モバイルフレンドリーなテーマで、スマホのアクセスが多いサイトにおすすめです。

この記事ではCocoonの評判や口コミ、さらにメリットデメリットを解説しました。

Cocoonとは|こんな人におすすめのWordPressテーマ!

cocoon_toppage

Cocoonは無料で使えるWordPressテーマです。超多機能なのが特徴で、スキンを使えばデザインも80種類以上に変更できます。

料金無料
表示速度1.4秒
機能性超多機能
レスポンシブ100%レスポンシブ対応
モバイルフレンドリー
複数サイト利用100%GPL
AMP対応
ブロックエディター対応
スタイルスキン80種類以上
サポート公式フォーラム
※税込総額表示
Cocoonはこんな人におすすめ!

1番優れた無料テーマを使いたい。

ひーちゃん
ひーちゃん

わたしがブログで成果を出してきたのは常にCocoonでした。必要な機能が初めから揃っており、執筆に集中できたからです。

Cocoonの評判

Cocoonの評判や口コミをまとめました。

Cocoonの評判・口コミ

Cocoonのいい評判・口コミ

Cocoonは機能が豊富でいろいろできると評判でした。

他のWordPressテーマ製作者の方や、有名ブロガーの方も機能性を認めています。

Cocoonの悪い評判・口コミ

Cocoonは設定が難しいという悪い口コミがありました。

高機能な反面、設定が難しいのでブログ専門用語が分からないと、どんな設定をすればいいのか悩むかもしれません。

ひーちゃん
ひーちゃん

ただし、はじめてのWordPressブログならどのテーマを使っても最初は悩むものです。

Cocoonの料金

Cocoonは無料で使えますが、寄付・開発支援ができます。

寄付・開発支援について|Cocoon はこちら。

Cocoonの6つのメリットをレビュー

Cocoonの6つのメリットをレビューします。

超多機能でプラグインが少なく済む

cocoon_function

Cocoonは超多機能でプラグインが少なく済むのがメリットです。Cocoon設定からさまざまな機能を有効化したり詳細に設定したりできます。

WordPressは欲しいプラグイン(機能)を追加することで、高機能になります。しかし、プラグインを追加するほど表示速度は遅くなりがちです。さらに、プラグインを探したり導入したりするのに時間もかかります。

ひーちゃん
ひーちゃん

服を着こむほど動きにくくなるのと同じで、余計なプラグインが多いとブログは遅くなります。

この点、Cocoonは多機能なので必要とするプラグインを最小限にできます。実際、以下のようなプラグインは必要ないでしょう。

Cocoonで不要になるだろうプラグイン
  • キャッシュ系:高速化設定できるから不要。
  • コード圧縮系:高速化設定できるから不要。
  • AMP系:ワンクリックでAMPが導入できるから不要。
  • タグ系:広告やランキングなどのタグが備わっているから不要。
  • パンくず系:表示/非表示切替、設置場所も設定できるから不要。
  • 目次系:自動生成されるうえ、表示階層も選べるから不要。
  • SEO系:タイトル/メタディスクリプションなどは個別設定できるから不要。

これらのプラグインがが不要になるため、探したり導入したりする手間は必要ありません。大きなメリットです。

豊富なスキンでジャンルに適したデザインになる

Cocoonは豊富なスキンでジャンルに適したデザインになるのがメリットです。

どんなジャンルでも違和感なくCocoonを使えます。そのため、ジャンルの異なる新規ブログを立ち上げるとしても、新しいWordPressテーマを探す必要はありません。また、ブログ運営中に方向性を変えるときも、Cocoonをそのまま使えます。

ひーちゃん
ひーちゃん

当サイトも方向性に合わせスキンを何度か変更しました。現在はSimple Navyシンプル ネイビーです。

スキンの導入で、どれだけデザインが変わるか3枚ご覧ください。

cocoon_skin_season-winter
Season(winter)スキンを適用
cocoon_skin_veilnui-simplog-red
Veilnui Simplog(red)スキンを適用
cocoon_skin_sirousagi
白ウサギ(白×ブルー)スキンを適用

しかも、スキンはクリックして選ぶだけ。インポート/エクスポートなどの面倒な作業はありません。だれでも簡単にスキンを試せます。HTML/CSSなどの知識がなくても、おしゃれなデザインに変えられます。

スキンの変更方法
  • STEP.1
    Cocoon設定を開く

    WordPress左サイドバーから「Cocoon設定」を開きます。

  • STEP.2
    「スキン」タブを開く
    cocoon_skin

    Cocoon設定にある「スキン」タブを開いてください。

  • STEP.3
    好きなスキンを選び[保存]する
    cocoon_skin2

    好きなスキンを選びます。スキン名の横にあるアイコンにカーソルを合わせるとデモサイトの画像を見れるので、チェックしながら好きなスキンを見つけましょう。

    使いたいスキンをクリックしたら、「変更をまとめて保存」をすればスキンが適用されます。

    cocoon_skin3

こんな風にCocoonは、簡単にさまざまなデザインに変えられるスキン機能がとても便利です。

完全レスポンシブでスマホ表示最適化済み

Cocoonは完全レスポンシブでスマホ表示に最適化済みなのがメリットです。

パソコンでもスマホでも読みやすいブログにするため、HTML/CSSなどの言語を使って調整する必要はありません。

さらに、Cocoonで言う完全レスポンシブは、パソコンで見たソースコードとスマホで見るソースコードが同じことを指します。余計なコードがなければ表示は軽くなりやすいうえ、運営者もパソコン表示のページとスマホ表示のページを管理する手間も必要ありません。

ひーちゃん
ひーちゃん

Googleもレスポンシブを推奨しています。

CocoonはSEOに強いのか【問題なし】 でも詳細に解説しますが、このレスポンシブのおかげで当サイトは全ページでモバイルフレンドリーを達成できました。Google Search Consoleの「モバイルユーザビリティー」をご覧ください。

cocoon_gsc

エラーは1件もなく、全ページが有効です。

完全レスポンシブのおかげでSEOにおけるマイナス要素を避けられるのは、大きなメリットです。

100%GPLで複数サイトに使いまわせる

Cocoonは100%GPLで複数サイトに使いまわせるのがメリットです。

100%GPL

100%GPLとは、PHPやJavaScript・CSS・画像などずべての要素がGPLまたはGPL互換ライセンスを持つこと。100%GPLのテーマは改変や再配布の自由が保証されている。

別ブログを立ち上げるときもCocoonを使えるため、新たなWordPressテーマを探したり操作に慣れたりする時間や手間がかかりません。

WordPress有料テーマの中には、1つのサイトでしか使えないものもあります。同じWordPressテーマを使って別ブログを作りたいなら、再び購入しなければなりません。別ブログを増やすほど出費が増えます。

ひーちゃん
ひーちゃん

複数サイトで使えるのは時間、手間、費用面でお得です。

充実したCocoonフォーラムで問題解決しやすい

Cocoonは充実したフォーラムで問題解決しやすいのがメリットです。たくさんの人が参加しているフォーラムのおかげで、生じた問題もたいていは調べれば答えが見つかります。

ひーちゃん
ひーちゃん

わたしも何度かフォーラムの回答で解決できた経験があります。

フォーラムのトピックは6,000を超えています。これだけの疑問や問題に関するコメントがあるので、すでに問題の解決策や対応方法が紹介されている可能性が非常に高いです。たとえ問題が生じたとしても、何とかなります。

フォーラムで質問すれば詳しい人が答えてくれることもあれば、開発者の わいひら さんが直々に答えてくれることもあります。

実際、フォーラムで質問し解決できたという口コミは非常に多いです。

日本トップクラスの利用者数を誇る人気のWordPressテーマだからこそ充実したフォーラム。これで問題解決しやすいのは大きなメリットです。

プロのカスタマイズを依頼しやすい

Cocoonはプロのカスタマイズを依頼しやすいのがメリットです。現在5名の方が紹介されていました。

Cocoonサイトで公式に紹介されたプロなので安心して任せられます。

表示デザインを変えたり、テンプレートを編集したり、ちょっとした動作を加えたりするのも知識がないと難しいものです。ブログにこだわると、超多機能なCocoonでさえ対応いしていないこともやってみたくなるかもしれません。

ひーちゃん
ひーちゃん

ブログを長く続けると愛着がわいて、いろいろ試したくなりますよね。

安心して任せられるカスタマイザーを探すの大変なので、公式サイトで紹介されているのは本当にありがたいです。

Cocoonの3つのデメリットをレビュー

Cocoonの3つのデメリットをレビューします。

機能が多過ぎて使いこなせない

Cocoonは機能が多過ぎて使いこなせないのがデメリットです。

全体の設定からヘッダーやフッター、ボタンやウィジェットなど多岐にわたって設定できます。はじめてWordPressブログを使う人は、何をどう設定するとどう変化するのかが分からないかもしれません。

他のWordPressテーマに比べ高機能だからこそ難しいと言えます。

とはいえ、そもそも全機能を使いこなす必要はありません。人によって、またブログによって必要な機能は変わるからです。ブログを続けるうちに使いたい機能を選べるようになります。

ひーちゃん
ひーちゃん

たとえば、以前カルーセル機能を使っていましたが、現在は使っていません。当サイトの場合、ここからアクセスに結びついた跡がなかったからです。

ですから、機能が多過ぎて使いこなせないことを心配する必要はありません。

Cocoon独自機能が多くテーマ移行しにくい

Cocoon独自機能が多くテーマ移行しにくいのがデメリットです。

たとえば、ショートコード機能や文字装飾でCocoon独自機能を使っていると、移行後の本文にショートコードが表示される場合があります。下の画像は、その一例です。

Cocoonでショートコードを使って、リンクを作りました。

cocoon_shortcord

別のWordPressテーマに変えてみると、コードが残ったままです。

cocoon_shortcord2

数記事のブログなら手作業でリライトできるものの、記事数が増えるほどテーマ移行に伴うリライト作業が大変になります。100記事ほど書いているなら、実質テーマ移行不能となるかもしれません。

ひーちゃん
ひーちゃん

他テーマに興味がわいても実装しにくいです。

他人とデザインが被る

Cocoonは他人とデザインが被るのがデメリットです。

無料で高機能なCocoonだからこそ利用者数が多いので、同じデザインのブログをたくさん見かけます。「人と同じはイヤだ」と思うなら、他人と被らないようカスタマイズが必要になるでしょう。

ただし、他人とデザインが被ってもブログ読者は気にしません。内容が良ければ記事を読んでくれますし、ファンになってくれる人もいるはずです。

どうしても気になるなら、もう1つの人気WordPress無料テーマ Luxeritas を試すのもおすすめします。抜群の表示速度と高機能でCocoonに負けず劣らず人気です。

Luxeritasの評判 はこちら。

ひーちゃん
ひーちゃん

気にしているのは、おそらくブログ運営者だけでしょう。

ですから、他人と被ることを必要以上に気にしなくてもいいと思います。

むしろ、真似しやすいので優れたブログに近づけやすいメリットとも言えるかもしれません。

Cocoonの表示速度は速いのか【サーバーによる】

cocoon_lcp

Cocoonの表示速度は、サーバにより大きく変化するので注意しましょう。

下記の表は8つのWordPress無料テーマを入れ、それぞれを有効化して計測したページ読み込み時間です。エックスサーバーとXFREEそれぞれで計測しました。

WordPressテーマエックスサーバーXFREE
Cocoon1.4秒2.6秒(+1.2秒)
Luxeritas1.4秒2.4秒(+1.2秒)
Xeory Base1.2秒1.9秒(+0.7秒)
Xeory Extention1.4秒1.9秒(+0.5秒)
LION BLOG1.5秒1.5秒(±0秒)
LION MEDIA1.5秒1.6秒(+0.1秒)
Sthinger81.2秒2.0秒(+0.8秒)
マテリアル1.3秒2.0秒(+0.7秒)
デモサイトを GTmetrix にて計測

エックスサーバーで作ったサイトの場合、Cocoonは平均的な速さが出ました。しかし、無料サーバーXFREEで作ったサイトだと、最も遅い表示速度になっています。無料サーバーや格安サーバーでは高機能なCocoonは重た過ぎる可能性が高いです。

つまり、Cocoonは速いサーバーで使うべきWordPressテーマだと結論できるでしょう。

Cocoonを使いたいならおすすめサーバーは ConoHa WING です。サーバー契約時にCocoonのインストールを含めWordPressブログを完成させられます。未経験者も10分!ConoHa WINGのWordPressブログの始め方 で始め方を解説しています。

ConoHa WING はこちら。

表示速度の速いサーバーやサーバーの選び方は関連記事にまとめましたので、ぜひお読みください。

Cocoonに関するよくある質問

Cocoonに関するよくある質問に答えました。

Cocoonはどんな便利機能がある?

Cocoonでイチオシの便利機能がショートコード機能です。

広告やランキングをショートコードで呼び出せます。この機能を使えば、広告やランキングを使いまわせますし、修正も一度だけで済みます。執筆時間や管理の手間を大きく減らせる便利機能です。

標準装備された機能のため、プラグインなどのようにテーマと相性が悪く不具合が発生することもありません。安心して使えます。

Cocoonで本当に稼げる?

はい、わたし自身Cocoonで運営していた人生初のWordPressブログで月5万円のブログ収入を達成しました。

初めて月5万円を達成したときは、他の特別なプラグインに頼ったわけでもありません。表示速度の速いサーバーとCocoonを使っただけです。

無料テーマだから稼げない、ということは決してありません。Cocoonでも稼げます。稼ぐのに必要な機能は十分に備わっています。

CocoonはSEOに強い?

Cocoonを使ってSEOで不利になることはないはずです。

Cocoonを使っている当サイトもいくつかのキーワードで上位表示できています。さらに、Google Search Consoleのページエクスペリエンス シグナルでも問題は1件もありません。

ですから、CocoonがSEOに不利になることはないので安心して使えます。

補足として覚えておきたいのは、SEOはさまざまな要素に左右される総合評価であることです。テーマによってSEOに極端に強くなることはありません。

まとめ

Cocoonは無料で使え、評判のいい超高機能なWordPressテーマでした。

Cocoon はこちら。

WordPress無料テーマとして1,2位を争う優れたテーマです。豊富な機能を使いこなせるようになればブログ初心者もしっかり稼げるようになるでしょう。

ひーちゃん
ひーちゃん

当サイトはずっとCocoonを使っています。

ただし、Cocoonは高機能ゆえに速いサーバーを使わないと遅くなります。表示速度の速いサーバーを探しているなら、関連記事をお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました