【デモサイト有】サーバーランキング11選 →

プロが徹底比較!ConoHaWINGとロリポップの14の違い

ひーちゃん@ライター

サーバー12社契約中の「ブロガー&専業webライター」。ブログ開設1年2ヶ月で月50,000円達成。

ひーちゃん@ライターをフォローする

ConoHa WINGコノハウィングとロリポップを徹底比較すると14の違いがあり、結論はConoHaWINGがおすすめです。

ConoHa WINGがおすすめな人!
  • はじめてのWordPressワードプレスブログを今日中にスタートさせたい!
  • 速度の速いサーバーにトラブルなく乗り換えたい!
  • 集客・収益目的のアフィリエイトサイトを作りたい!
ConoHa WINGがおすすめな理由!
  • 「WordPressかんたんセットアップ」で独自ドメイン取得やワードプレス設置、テーマインストールもサーバ契約時に完了するため、今すぐブログスタートできるから。
  • ワンクリックで他社サーバーから移行できる「WordPressかんたん移行」と、ConoHa WING移行専門スタッフに7,678円~でお任せできる「WordPress移行代行」があるから。
  • GTmetrixジーティーメトリックスページ読み込み時間1.1秒の超高速サーバーが月額836円だから。
ひーちゃん
ひーちゃん

12社以上のサーバーを使った経験上、今ConoHa WINGが1番おすすめです。

こんな人はロリポップ!
  • ConoHa WINGの月額836円より安い月額550円ページ読み込み時間1.2秒の高速サーバーを使いたい!
  • もっと安い月額275円ではじめ、ブログの成長に合わせプランをスペックアップさせたい!
ひーちゃん
ひーちゃん

ただし、ロリポップは未経験者のブログ開設は1日以上かかる場合があるので注意しましょう。

ConoHa WINGもロリポップも、東証1部上場企業のGMOジーエムオーインターネット株式会社および子会社のGMOペパボ株式会社が運営しています。

安心して利用できるレンタルサーバーです。どちらを選んでも失敗はありません。

サーバーの選び方とランキングは 【11社デモサイト有】WordPressおすすめレンタルサーバー【個人】 をお読みください。

比較した結果、違いは14個ありました。

この記事で違いをつかみ、迷うことなくサーバーを選びましょう!

おトクなキャンペーン!

ConoHa WING キャンペーン

  • 期 間:2021年04月05日18:00まで
  • 特典①:ベーシックプラン12ヶ月以上契約36%OFF
  • 特典②:ドメイン1つ永久無料(通常:1,200円/年ほど)
\ 今日からブログをはじめる /

コノハウィングの始め方【WordPressかんたんセットアップなら10分】はこちら。

【比較】ConoHaWINGとロリポップの特徴

ConoHaWINGとロリポップそれぞれのサーバーの独自の特徴を紹介します。

  • ConoHa WINGはロリポップよりブログ開設が簡単
  • ロリポップはConoHa WINGより安い

ConoHa WINGはロリポップよりブログ開設が簡単

ConoHa WINGはブログ開設が簡単です。

WordPessかんたんセットアップを使えば、わずか10分ほどでブログ開設できます。

ロリポップを含む格安サーバーとConoHa WINGでブログ開設の手順がどれだけ違うか、イラストで比べましょう。

ConoHa WINGならサーバー契約時にすべての設定は完了しています。ロリポップであれば、サーバー契約後にドメイン取得など他の設定をしなければなりません。

ブログ未経験者でも時間や手間をかけることなく、何よりミスなく確実にWordPessブログを開設できるのがConoHa WINGです。

おトクなキャンペーン!

コノハウィング キャンペーン

  • 期 間:2021年04月05日18:00まで
  • 特典①:ベーシックプラン12ヶ月以上契約36%OFF
  • 特典②:ドメイン1つ永久無料(通常:1,200円/年ほど)
\ 今日からブログをはじめる! /

コノハウィングの始め方【WordPressかんたんセットアップなら10分】はこちら。

ロリポップはConoHa WINGより安い

ロリポップは月額料金が安いです。

価格重視のライトプランに加え、速度重視のハイスピードプランでもConoHa WINGより安く使えます。次のグラフで比較しましょう。

利用期間が長くなるほど、ますますロリポップがお得ですよね。

サーバー固定費を安くできれば、浮いた資金でアフィリエイトの本や有料テーマを買うことに転用できます。

おトクなキャンペーン!

ロリポップ キャンペーン

  • 期間:定めなし
  • 特典:全プラン無料10日間お試し
\ 無料ではじめる! /

ロリポップの始め方【WordPressブログ開設の簡単7ステップ】はこちら。

【比較表】ConoHaWINGとロリポップの14の違い

ConoHaWINGとロリポップの違いを比較表にまとめました。
※優れたほうは太字で表記
※初心者の注目ポイントは表記
青リンクから詳細な比較内容を確認可能

比較ポイントConoHaWINGロリポップ
GTmetrix 読込時間1.1秒1.2秒
Pagespeed Insightsスコアモバイル:85
パソコン:95
モバイル:95
パソコン:97
Webサーバー全プラン:Apache+nginxスタンダードプラン以下:Apache
ハイスピードプラン以上:LiteSpeed
初期費用0円1,650円
無料お試し期間なし10日間
料金プラン836円~最安275円~
プラン変更プランアップ:可能
プランダウン:可能
プランアップ:可能
プランダウン:不可
ストレージ250GB~100GB~
転送量18.0TB/月100GB/日
自動バックアップ無料スタンダードプラン以下:月額300円
ハイスピードプラン以上:無料
アプリインストールWordPress
EC-CUBE
WordPress
ownCloud
baserCMS
EC-CUBE
Bootstrap
WordPress簡単設置機能かんたんセットアップ簡単インストール
ドメイン取得無料
※WINGパックが条件
ハイスピードプラン以外:有料
ハイスピードプランのみ:無料
※12ヶ月以上の契約が条件
DNS設定自動設定手動設定

【GTmetrix読込時間】ConoHaWINGが短い

GTmetrixで計測したページの読み込み時間はConoHaWINGが1.1秒と短く優秀でした。ロリポップは1.2秒です。

それぞれのデモサイトは実際にチェックできます。

ページの読み込み時間はブログの集客・収益に影響するため、サーバー選びでもっとも大切な指標。

HPやAmazonのマーケターも務めたNeil Patel(ニール・パテル)はこう言っています。

47% of consumers expect a web page to load in 2 seconds or less.(消費者の47%は、Webページが2秒以内に読み込まれることを期待しています。)

How Loading Time Affects Your Bottom Line

ブログの表示は2秒以内に読み込まれなければなりません。

とはいえ、どちらも誤差程度の差しかないので気にする必要ありません。

【PageSpeed Insightsスコア】モバイル表示はConoHaWINGが優秀

PageSpeed Insightsで計測したところ、モバイル表示はConoHaWINGが優秀でした。

一方、パソコン表示の結果はロリポップが上です。

PageSpeed Insightsを使うと、ページが高速に表示できるよう最適化されているのかをチェックできます。

何点以上のスコアが望ましいでしょうか。

Googleはこう解説しています。

Good: ページには、パフォーマンスに関するおすすめの方法が最大限適用されており、最適化の余地がほとんどありません。ページのスコアは 80 以上になります。

PageSpeed Insights について

ConoHaWINGもロリポップも、モバイル表示・パソコン表示ともに80点を超えていました。

どちらも最適化の余地がないほど優秀な速度。

では、モバイル表示・パソコン表示のスコアはどちらが大事でしょうか。

Googleはこう言いました。

Google ではモバイル フレンドリーなコンテンツを引き続き推奨しています。 私たちは、インデックスのすべてのコンテンツ(デスクトップであろうとモバイルであろうと)を評価して、それがモバイルフレンドリーであるかどうかを判断します。

モバイル ファースト インデックスを開始します

モバイル表示に最適化されているかどうかをGoogleがチェックしているのですから、モバイル表示のスコアを重視すべきです。

モバイル表示のスコアはConoHaWINGが優秀でした。

【webサーバー】最新のLiteSpeedはロリポップが採用

最新のwebサーバーであるLiteSpeedを採用しているのはロリポップのハイスピードプランです。

LiteSpeedは、Apacheの84倍の性能を持っています。

webサーバーの違いは、ブログの表示速度と安定性に影響する大切な要素

しかし、「GTmetrixによる読み込み時間」「PageSpeed Insightsのスコア」で解説したようにConoHaWINGとロリポップはどちらも理想を超える速度を出していました。

さらに、ConoHaWINGは稼働率99.99%保証、ロリポップは稼働率99.99%実績を持っているため安定性は抜群です。

つまり、速度と安定性においては、ConoHaWINGとロリポップで採用されているwebサーバーの違いは比較対象として考える必要はありません。

【初期費用】ConoHaWINGはいつでも0円で始められる

初期費用は、いつでも0円ではじめられるConoHaWINGが安いです。

ロリポップはキャンペーンで0円になることがあります。

また、ハイスピードプランに限り初期費用はいつでも0円です。

とはいえ、初期費用はサーバーを借りるときに1度だけ支払う料金。

コストに大きく影響しないので重要視する必要はありません。

【無料お試し期間】ロリポップは全プラン10日間お試しできる

ロリポップは全プランで10日間無料でお試しできます。

いっぽう、ConoHaWINGは無料お試し期間がありません。

無料お試しそのものはサーバー性能に影響しません。使いやすいかどうかをチェックするためのもの。

両方のサーバーを使った経験からすると、どちらも使いやすさに問題ありません。

【料金プラン】ロリポップなら最安250円でWordPressができる

WordPressブログがより安くはじめられるのはロリポップです。

料金表を載せました。
※WordPressが使えないロリポップのエコノミープランは含めていない

契約期間ConoHaWINGロリポップ
36ヶ月最安ベーシック:720円
スタンダード:1,750円
プレミアム:3,500円
最安ライト:250円
スタンダード:500円
ハイスピード:500円
エンタープライズ:2,000円
24ヶ月ベーシック:765円
スタンダード:1,850円
プレミアム:3,700円
ライト:250円
スタンダード:500円
ハイスピード:630円
エンタープライズ:2,000円
12ヶ月ベーシック:810円
スタンダード:1,950円
プレミアム:3,900円
ライト:250円
スタンダード:500円
ハイスピード:750円
エンタープライズ:2,000円
6ヶ月ベーシック:800円
スタンダード:2,150円
プレミアム:4,300円
ライト:250円
スタンダード:500円
ハイスピード:750円
エンタープライズ:2,000円
3ヶ月ベーシック:880円
スタンダード:2,300円
プレミアム:4,600円
ライト:300円
スタンダード:600円
ハイスピード:1,000円
エンタープライズ:2,300円
毎月更新ベーシック:1,200円
スタンダード:2,400円
プレミアム:4,800円
ライト:300円
スタンダード:600円
ハイスピード:1,000円
エンタープライズ:2,300円

ConoHaWINGもロリポップも、高性能なサーバーでありながら料金は安いです。

大切なのはどれくらいの契約期間を選ぶか?

36ヶ月が最安で使えるため一番お得です。
しかし、ブログをはじめる初期費用が高くなります。

わたしは、続けられる自信がなかったのでロリポップライトプランを6ヶ月契約をしました。

でも、6ヶ月で成果は出ず、月50,000円を達成したのは1年2ヶ月後。
プロフィールはこちら。

ブログは成果が出るまで時間がかかるので、12ヶ月契約以上をおすすめします。

  • ロリポップのライトプランなら12ヶ月×275円=3,300円
  • ConoHaWINGのベーシックプランなら12ヶ月×940円=11,280円

【プラン変更】ConoHaWINGは柔軟にプラン変更できる

ConoHaWINGなら柔軟にプランアップ・プランダウンができます。

一方、ロリポップはプランダウンができません。
エンタープライズプランを契約すると下位プランを利用できません。

ブログは集客・収益が見込める成長だけでなく、衰退を経験します。

わたしも2019年のGoogleコアアップデートにより、ブログのアクセスが95.8%減りました。
GoogleコアアップデートでブログPVが95.8%減少し収益が0円になった恐怖の体験談はこちら。

収益が見込めないときに高額なプランの支払いを毎月続けるのは負担です。

いざ!というときにプランダウンできるのは負担軽減に欠かせません。

ConoHaWINGならプランダウンが可能です。

【ストレージ】ConoHaWINGは大容量

ConoHaWINGはサーバーの容量(ストレージ)が多いです。最安のベーシックプランでも250GBの容量を借りられます。

一方、ロリポップのライトプランは100GBと少なめ。

しかしブログは意外なほど容量を使いません。

合わせて150記事ほどの2つのブログを入れているサーバーですが、容量はわずか1240.4MB。

1番おすすめのサーバーXserverの管理パネル。合計150記事ほどの2つのブログのディスク使用量はわずか1240.4MB。

ですから、ConoHaWINGとロリポップのストレージは比較検討する必要がありません。

【転送量】月9.0TBも転送できるConoHaWINGが優秀

転送量が多いのはConoHaWINGです。
【3分で理解できる!】レンタルサーバーの転送量とは?はこちら。

最安プランでも9.0TB/月もあり、ロリポップのライトプラン100GB/日の3倍以上。

転送量の少ないサーバーでバズが起き、同じ日に数千人がアクセスするとブログを表示してもらえないことがあります。

ただ、100GB/日の転送量を超えることはほとんどありません。

おおよその計算で33,000人/日がブログにアクセスすれば100GB/日を超える可能性があります。

とはいえ、ブログ開設初期にそんなアクセスは集まらないので転送量は比べなくても大丈夫です。

【自動バックアップ】ConoHaWINGは全プラン無料で自動バックアップ

ConoHaWINGは全プラン無料で自動バックアップしてもらえます。

ロリポップは、ハイスピードプラン以下は月額300円です。

バックアップってそんな大事なの?

バックアップは重要です。
サーバーが壊れる可能性は否定できません。

万一サーバーが壊れデータ復旧できないとなれば、ブログにかけた時間やエネルギーも消えます。

努力が水の泡になるわけです。

とはいえ、バックアップの作業に時間をかけてはブログを書く時間もなくなります。

ですから、サーバーによる自動バックアップが大事です。

そんな大事な作業も、ConoHaWINGなら無料。

【アプリケーションインストール】ロリポップは5種類も選べる

ロリポップなら5種類のアプリケーションをインストールできます。

2種類のConoHaWINGと比べると多いです。

しかし、ブログをはじめるのに使うアプリケーションはWordPress一択。

いろいろインストールできるとはいえ、どうせ1つしか使わないことがほとんどです。

ですから、インストールできるアプリケーションの数を比較する意味はありません。

【WordPress簡単設置機能】ConoHaWINGがより初心者向き

ConoHaWINGは初心者でも簡単にWordPressを設置できます。

ConoHaWINGの「かんたんセットアップ」は、ロリポップの「簡単インストール」より簡単です。

かんたんセットアップを使えば、

  • ドメインを取得し
  • ネームサーバーと紐づけし
  • WordPressを設置し
  • WordPressのテーマを追加し
  • SSL設定をする

という5つの作業がサーバー契約と同時に完了します。
5つの作業のうち4以外は必須項目で、これらの作業をしないと正常にブログ運営できません。

一方、ロリポップの簡単インストールでは、3が簡単なだけ。

初心者向けなのは、どう考えてもConoHaWINGです。
「5つの作業が何を意味するのか分からない」と感じたら、絶対にConoHaWINGを選ぶべきです。

ここでつまづいたら、いつまでたってもブログをはじめられません。

【ドメイン取得】ConoHaWINGのWINGパックでドメイン同時取得

ConoHaWINGのWINGパックならドメインも同時に取得できます。

ドメインは、ブログのURLのことでブログ運営に必須。このブログは「mvno-osusume.com」というドメインを取得・更新し運営しています。

ConoHaWINGで3ヶ月以上の契約(WINGパックのこと)をすれば、サーバー契約と同時にドメインを受け取れます。

ほかのドメイン取得会社にアカウント登録したり、ドメイン更新したりする手間がかかりません。

おまけにWINGパックで取得したドメインは取得・更新が永久無料。

一方、ロリポップではムームードメインなどのドメイン取得会社を利用しないといけません。手間です。

費用と手間を比べれば断然ConoHaWINGがお得です。

【DNS設定】ConoHaWINGのWINGパックなら自動でDNS設定

ConoHaWINGのWINGパックなら自動でDNS設定してもらえます。

DNS設定とは、借りたサーバーとドメインをくっつける作業です。ブログ運営に絶対に欠かせません。
DNS設定ができないとブログは表示されません。

「よく分からない」と感じたなら、ConoHaWINGを選びましょう。
WINGパックでドメインを取得すれば、DNS設定も同時に終わらせてくれます。

ロリポップの場合、ムームードメインなどのドメイン会社でネームサーバーの追加・変更をしなければなりません。

初心者は絶対に、むずかしいDNS設定を自動でしてくれるConoHaWINGがおすすめです。

ConoHaWINGとロリポップ比較のまとめ

ConoHaWINGとロリポップには14個の違いがありました。

そのうち特に大切な7つの要素で、より優れていたのはConoHaWINGです。

ConoHaWINGとロリポップを比べると、おすすめは断然ConoHaWINGです。

キャンペーンを利用して、お得にConoHaWINGをはじめましょう。

おトクなキャンペーン!

コノハウィング キャンペーン

  • 特典①:ベーシックプラン12ヶ月以上契約36%OFF
  • 特典②:ドメイン1つ永久無料(通常:1,200円/年ほど)
\ 2021年04月05日18:00まで /

コノハウィングの始め方【WordPressかんたんセットアップなら10分】はこちら。

どうしても料金を極限まで抑えたい場合にかぎってロリポップを使うのはありですね。

おトクなキャンペーン!

ロリポップ キャンペーン

  • 期限:定めなし
  • 特典:全プラン無料10日間お試し
\ 公式サイトをチェック /

ロリポップの始め方【WordPressブログ開設の簡単7ステップ】はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました