【3分でわかる!】ConoHaWINGとロリポップの比較

レンタルサーバー

ConoHaWINGとロリポップはどちらも安くて速いレンタルサーバーです。

結論から言えば、料金はロリポップ、スペック・仕様はConoHaWINGが優れています。

この記事は、実際に計測した速度を含めConoHaWINGとロリポップの違いを3分でつかめるよう比較しました。

【比較】ConoHaWINGとロリポップの表示速度

デモサイトを作り、表示速度をPagePageSpeed Insights計測しました。

※ConoHaWING(ベーシックプラン)、ロリポップ(ライトプラン)。どちらもWordPressが使える最安プラン。

サーバー写真
(1回目)
1回目2回目3回目
ConoHaWING
モバイル表示
788078
ロリポップ
モバイル表示
838383
ConoHaWING
パソコン表示
969797
ロリポップ
パソコン表示
979797

ConoHaWINGもロリポップも、表示速度はほとんど同じです。

スマホで見る人にもパソコンで見る人にも、ストレスなくブログを楽しんでもらえます。

  • 記事数:20
  • 文字数:1,000文字
  • アイキャッチ画像サイズ:67~570KB
  • テーマテンプレート:Cocoon(スキンなし)

気になる人は、それぞれのデモサイトから表示速度を体感してください。

【ConoHaWING デモサイト】 https://trial-blog.xyz/

【ロリポップ デモサイト】http://mvno-osusume.upper.jp/

【比較】ConoHaWINGとロリポップのスペック・仕様

ConoHaWINGとロリポップのスペック・仕様は各プランで違いがあります。

プランディスク容量転送量MySQL数マルチドメイン数サブドメイン数自動バックアップ無料SSLWordPress
簡単インストール
WordPress
簡単引っ越し
ConoHaWING
ベーシック
250GB6.0TB/月無制限 無制限 無制限無料
14日前まで
ConoHaWING
スタンダード
350GB7.0TB/月 無制限 無制限 無制限無料
14日前まで
ConoHaWING
プレミアム
450GB8.0TB/月 無制限 無制限 無制限無料
14日前まで
ロリポップ
ライト
100GB100GB/日
(月換算3.0TB)
1100300/ドメイン300円
ロリポップ
スタンダード
150GB150GB/日
(月換算4.5TB)
50200500/ドメイン300円
ロリポップ
ハイスピード
250GB200GB/日
(月換算6.0TB)
無制限無制限無制限無料
7世代前まで
ロリポップ
エンタープライズ
1.0TB400GB/日
(月換算12.0TB)
無制限無制限無制限無料
7世代前まで

保存できるデータ容量のこと。パソコンのSSDやHDDと同じ意味。ディスク容量が多いほど画像をたくさん使ったブログや記事数の多いブログを運営しやすい。

はじめてのブログは、どのプランを選んでも転送量は問題ありません。

ブログを表示するときの通信量のこと。スマホのギガ(データ通信量)に近い意味。転送量が1日100GBのプランを借りれば、100GBを超えると日が変わるまでブログが表示されなくなる。

ただし、ブログのPV数(ページの表示回数)が100万PV/月を超えてきたら転送量の制限にかからないかどうか確認しましょう。

WordPressでブログを複数個つくりたいなら、MySQL数に注意してください。

インストールできるWordPressブログの数のこと。MySQL数が10のプランなら、WordPressブログは10個まで作成できる。複数個のブログを作りたい人は制限数に注意。

MySQL数の制限がないプランであれば安心です。

とはいえ、はじめてのブログなら2つ3つと作るより1つに集中するほうがPV数も増えやすいため、MySQL数にこだわりを持つ必要はありません。

【比較】ConoHaWINGとロリポップの料金

ConoHaWINGとロリポップの料金はプランと契約期間で大幅に変わります

プラン毎月更新36ヶ月24ヶ月12ヶ月6ヶ月3ヶ月
ConoHaWING
ベーシック
最大1,200円
(2円/時)
640円680円720円1,000円1,100円
ConoHaWING
スタンダード
最大2,400円
(4円/時)
1,400円1,480円1,560円2,150円2,300円
ConoHaWING
プレミアム
最大4,800円
(8円/時)
2,800円2,960円3,120円4,300円4,600円
ロリポップ
ライト
300円250円250円250円250円300円
ロリポップ
スタンダード
600円500円500円500円500円600円
ロリポップ
ハイスピード
1,000円500円630円750円750円1,000円
ロリポップ
エンタープライズ
2,300円2,000円2,000円2,000円2,000円2,300円

ConoHaWINGは通常、時間制の料金プランですが、長期契約は月額制の「WINGパック」になります。WINGパックで契約すると、同時に独自ドメイン1つが永久無料です。

世界に1つだけしかないドメインのこと。このサイトは「mvno-osusume.com」の独自ドメインを使っている。WordPressでブログをするなら独自ドメインはほぼ必須。

ドメイン取得・更新費用は毎年1,000円ほどかかるため、WINGパックで長期契約するとブログ運営費をさらに抑えられます。

ロリポップも12ヶ月以上の契約にかぎり独自ドメインが永久無料です。

また、ハイスピードプランは契約期間の長さに応じて安くなるうえ、通常3,000円の初期費用が0円になります。

WordPress運営にかかる費用
  • レンタルサーバー代・初期費用
  • 独自ドメイン取得・更新費用
  • テーマテンプレート代
  • プラグイン代

ブログのアクセスにもっとも大きく影響するのはサーバー。テーマテンプレートやプラグインは後から追加したり変更したりできる。独自ドメインは変更できないが、影響は小さめ。

【比較】ConoHaWINGとロリポップの評判

ConoHaWINGとロリポップの口コミを紹介します。

良い口コミ

悪い口コミ

ConoHaWINGもロリポップも利用者が多いため、良し悪しの口コミはたくさんありました。

速度や使いやすさなどの評判をくわしく知りたい人は、関連記事をお読みください。

ConoHaWINGとロリポップ まとめ

ConoHaWINGとロリポップを比較しました。

料金はロリポップのライトプランが安く、スペック・仕様ならConoHaWINGのベーシックプランが優れています。

どちらのサーバーも速度は優秀なので、失敗はありません。料金とスペック・仕様を基準に選べます。

\ 公式サイトはこちら /
\ 公式サイトはこちら /

コメント

タイトルとURLをコピーしました