【明解】ConoHa WINGとロリポップを徹底比較!違いと特徴はコレ!

著者情報

Webライターの「ひー」です。2017年にWordPressを始め、1年2ヶ月でブログ月収5万円達成。これまで16社のサーバーを使いました。

ConoHa WINGコノハウィングロリポップ!は国内の超人気レンタルサーバー。ConoHa WINGは2021年02月に、ロリポップ!は2021年10月に、WordPress利用者満足度No.1*に選ばれています。

そのため、どちらを選んでも十分満足できるはずですが、やはりお金を払ってサーバーを使うので少しでも最適なサーバーを選びたいものです。両社の違いをまとめました。

ConoHa WING

ConoHa WINGの特徴

  • WordPress未経験者でも、スマホから簡単に10分でWordPressを始められる
  • 他社サーバーからの移転費用がロリポップ!より安い
ロリポップ!

ロリポップ!の特徴

  • ConoHa WINGより安い料金で始められる
  • バックアップ期間非公開で復元に11,000円がかかる

結論から言うと、ConoHa WINGがロリポップ!よりおすすめです。WordPress未経験者であってもスマホで簡単に10分でWordPressブログを始められるからです。

ただし、ConoHa WINGは料金がロリポップ!より高いのがデメリット。まずは、ConoHa WING を検討し、どうしても高く思ったら ロリポップ! を選びましょう。

*日本マーケティングリサーチ機構による調査

【比較表】ConoHa WINGとロリポップ!の違い

ConoHa WINGとロリポップ!それぞれの重要ポイントを比較表にまとめました。ざっくり言うと、料金・使いやすさが違います。

サーバー
(比較プラン)
ConoHa WING
(ベーシック)
ロリポップ!
(ハイスピード)
無料お試し期間なし10日間
3年総費用
月額料金(36ヶ月/3ヶ月)
初期費用
独自ドメイン代
24,732円
687円/1,210円
無料
2個無料
19,800円
550円/1,320円
無料
1個無料
表示スピード*0.870秒
(当サイト3位)
1.000秒
(当サイト10位タイ)
WordPress申込時完成機能有り(スマホ対応)なし
WordPress簡単移行機能有り有り
WordPress移転代行費用10,978円33,000円
稼働率99.99%品質保証実績99.99%
サポート電話/メール・チャット電話/メール・チャット
運営会社GMOインターネット株式会社GMOペパボ株式会社
*当サイト計測(速度比較はこちら

*当社独自調査(15社サーバーにWordPressデモサイト設置後、LCP計測)

original-domain

独自ドメインとは、世界に1つしか存在しないドメイン。当サイトは「mvno-osusume.com」という独自ドメインを使っている。WordPressブログには独自ドメインを使うのが一般的。

server-occupancy

稼働率とは、サーバー稼働時間のうちトラブルなく正常稼働した時間の比率。稼働率99.99%は、1年間(8,760時間)のうち1時間ほどしか停止せず、残りは正常稼働したことを示す。

99.9%じゃ低い?レンタルサーバーの稼働率とは?

ConoHa WINGは申込時にWordPressが完成する「WordPressかんたんセットアップ」機能があります。この機能を使うと、スマホからConoHa WINGに申し込む10分程でWordPressが完成します。スマホでWordPressが完成するのは、現状ConoHa WINGだけです。

一方、ロリポップ!はスマホから申し込んでWordPressを完成させられません。WordPressブログを整える初期設定でパソコンが必要になります。両社とも表示スピードにこだわっており、現状国内サーバートップクラスの成績を誇るため、僅差の違いは気にしなくて大丈夫です。

ConoHa WINGとロリポップ!の料金比較

料金はConoHa WINGよりロリポップ!が安いです。特に、ロリポップ!は下位プランのライトプランを選べば非常に安くなります。

サーバー
(比較プラン)
ConoHa WING
(ベーシック)
ロリポップ!
(ハイスピード)
初期費用無料無料
月額料金2.2円/時
3ヶ月契約:1,210円/月
~
36ヶ月契約:687円/月
1ヶ月契約:1,320円/月
~
36ヶ月契約:550円/月
独自ドメイン代2個永久無料
(3ヶ月以上契約)
1個永久無料
(12ヶ月以上契約)
独自SSL証明書無料無料

もちろん、ライトプランはハイスピードプランに比べスペックダウンします。

  • WordPressサイトを1つしか作れない
  • 表示スピードがハイスピードプランほど速くない
  • 転送量やディスク容量が少なくなる
  • 電話サポートを使えない
server-transfer-amount2

転送量とは、ブログを表示するための通信量のこと。スマホのギガ(データ通信量)に似ている。例えば、1日100GBの転送量のサーバーは100GBを超えると転送できず、アクセス制限される場合がある。

サイト運営者がサーバーにアップロードするときも転送量を消費する。

3分で理解できる!レンタルサーバーの転送量とは?

server-capacity

ディスク容量とは、サーバーのデータ保存容量のこと。容量が多いほど画像やテキストなどのブログデータ、メールデータをたくさん保管できる。パソコンのHDDやSSD、スマホの内部ストレージと同じ意味。

ライトプランでもWordPressを始めるうえで問題は起きないものの、いずれスペックアップが必要になります。どうしても初期投資を抑えたい人に限りライトプランを選び、基本はハイスピードプランが良いですよ。

ConoHa WINGとロリポップ!の表示スピード比較

ConoHa WINGとロリポップの表示スピードを比較しました。表示スピードは僅差でConoHa WINGよりロリポップ!が速いです。

計測方法と条件は以下のとおりです。

計測方法

計測内容

  • 各サーバーに同じWordPressテーマ・プラグインのWordPressデモサイトを設置
  • 各デモサイトトップページを2つの計測ツールでテスト

ConoHa WING

ロリポップ!

サーバー
(比較プラン)
ConoHa WING
(ベーシック)
ロリポップ!
(ハイスピード)
GTmetix LCP0.870秒1.000秒
※当サイト計測(12社レンタルサーバー速度比較記事はこちら

表示スピードが速いサーバーは、ブログがサクサクと動くため、ブログ読者は読みやすくなります。一方、表示スピードが遅いと、ブログが表示される前に「このブログは遅いから、他のサイトを見よう」と判断され、ブログが読まれにくくなります。

特にアフィリエイトやブログ収益化を考えているなら、速さは妥協しないほうがいいです。どれだけ快適にブログを読めるかは商品やサービスを読んでもらえるか、ひいては購入・契約してもらえるかにつながるからです。

こだわるならConoHa WINGをおすすめします。

ConoHa WINGやロリポップより速いサーバーを探しているなら「【14社計測】速いレンタルサーバーはコレ!速度を徹底比較!」をご覧ください。

ConoHa WINGとロリポップ!のWordPressの始め方比較

ConoHa WINGはロリポップ!よりWordPressを始めやすいです。WordPressを始めるといっても、

  • 申込時
  • 2サイト目以降
  • サーバー移転時

の3つのシチュエーションで、始め方が異なります。ここでは、それぞれの始め方を比較しました。

申込時

申込時のWordPressの始め方は、圧倒的にConoHa WINGが簡単です。ConoHa WINGはロリポップ!にはない特別な機能「WordPressかんたんセットアップ」が付いています。

wordpress-easy-setup

WordPressかんたんセットアップは、ConoHa WINGが提供するサーバー契約時にブログ設定の以下6つが終わる簡単機能。

  • 独自ドメイン取得
  • ドメインとサーバーの紐づけ作業
  • データベース作成
  • WordPress設置
  • SSL化
  • WordPressテーマインストール

WordPressテーマもインストールできるため、パソコン要らずスマホだけでWordPressを始められる。

ConoHa WINGの「WordPressかんたんセットアップ」を使うと、申込時10分ほどでWordPressを始められます。しかも、スマホでWordPressが完成します。

一方、ロリポップ!は「WordPress簡単インストール」機能を使います。

wordpress-easy-install

WordPress簡単インストール機能とは、WordPressに必要はデータベース作成やWordPressシステムの設置がワンクリックで終わる機能。ほとんどの国内サーバーで利用できる。
しかし、ドメイン関連の設定など基本的で欠かせない設定の多くは、自分でしなければならない。

この機能ではWordPressを始めるのに半日~1日ほどかかる場合が少なくありません。WordPress未経験者は設定につまづいて2,3日かかる場合もあるでしょう。

2サイト目以降

2サイト目以降のWordPressを作るときも、ConoHa WINGが簡単です。

ConoHa WINGはロリポップ!にない「WordPressサイトコピー」機能があります。この機能を使えば、

  • WordPressテーマとその設定
  • WordPressプラグインとその設定
  • 必要なら画像や記事

をコピーできます。1サイト目で作った大枠を活かすことで、わずか数分で2サイト目が完成。圧倒的な時短で、時間や労力をムダにしません。

一方、ロリポップ!は2サイト目以降も申込時同様に「WordPress簡単インストール」機能を使うため、半日~1日の時間がかかると想定しましょう。

サーバー移転

サーバー移転時のWordPressの始め方は、どちらも移行ツールがあるので同じです。ただし、自分でサーバー移転できず、プロに代行してもらう場合はConoHa WINGがお得です。

サーバー
(比較プラン)
ConoHa WING
(ベーシック)
ロリポップ!
(ハイスピード)
移転代行費用7,678円33,000円
移転対応日数3営業日以降2~4営業日以内
*DB5GB以上は6営業日
移転オプションSSL化済サイト:追加3,300円
非SSLサイトのSSL化:追加4,400円
なし

ConoHa WINGはロリポップ!より対応が早く、かつ料金もリーズナブル。同じプロにお願いするにしても、これだけ料金が違えば、安いほうを使いたくなります。

ConoHa WINGとロリポップ!のその他仕様比較

ConoHa WINGとロリポップ!のその他仕様を比較しました。ここまで読んで、なお「どっちにしようか悩む」と感じているなら、以下の点で決めましょう。

サーバー
(比較プラン)
ConoHa WING
(ベーシック)
ロリポップ!
(ハイスピード)
ディスク容量SSD300GBSSD350GB
転送量無制限無制限
データベース数無制限無制限
無料独自SSL有り有り
自動バックアップ日数14日間非公開
バックアップ復元料金無料11,000円
WAFセキュリティ機能有り有り
支払方法クレジットカード
ConoHaチャージ
ConoHaカード
クレジット決済
コンビニ払い
おさいぽ!決済
銀行振込
ゆうちょ振替
自動更新

特に大きなポイントが、バックアップと復元です。ConoHa WINGは14日間のバックアップも復元も無料対応。対してロリポップ!は復元に11,000円の料金がかかります。

バックアップと復元はWordPressプラグインで対応できるため、サーバー利用経験があれば気にする必要ありません。自分で対応できるでしょう。しかしサーバー利用経験がなければ、自分でバックアップデータを復元するのは正直難しいです。

この点、ConoHa WINGの方が料金もかからず頼みやすいでしょう。バックアップを考えると、未経験者はConoHa WINGがおすすめです。

1番お得な申込方法はこちら

まとめ

ConoHa WINGとロリポップ!を詳細に比較しました。

結論、WordPress未経験者は簡単かつ表示スピードの速いConoHa WINGがおすすめです。キャンペーンを利用すれば、料金も安くなります。ベテランアフィリエイターや人気ブロガーも他社サーバーから乗り換えて、ConoHa WINGを使っています。間違いなく満足できるサーバーです。

キャンペーン情報

  • 特典①:ベーシックプラン最大47%OFF月額料金687円から
  • 特典②:独自ドメイン2個永久無料
  • さらに:初期費用無料
  • さらに:初月は月額料金無料
  • さらに:他社サーバーからのサイト移行代行手数料無料

\ 期間限定!2022年06月06日18時まで /

ConoHa WINGに比べロリポップ!は料金が安いので、「ConoHa WINGは高い」と思ったらロリポップ!でWordPressを始めましょう。

キャンペーン情報

  • 特典①:ハイスピードプラン6ヶ月契約無料延長(12ヶ月以上契約)
  • 特典②:独自ドメイン1個永久無料(12ヶ月以上契約)

\ 期間限定!2022年05月08日23時59分まで /

Posted by ひーちゃん@ライター