WordPressおすすめレンタルサーバー7選 →

徹底比較!ロリポップとConoHa WINGの強みを比べて選ぶ!

ひーちゃん@ライター

14社のサーバー利用経験があるブロガー・ライター。WordPress開設1年2ヶ月で月50,000円達成。

ひーちゃん@ライターをフォローする

WordPressワードプレスブログ作成におすすめなロリポップ!とConoHa WINGコノハウィングどちらも優秀なサーバーとして人気上昇中です。どちらも安心して使え、この2社に絞った時点で失敗はありません。でも、こんな情報を探していませんか。

  • WordPress未経験者はどちらがおすすめ?
  • 両サーバーの独自機能や相手にない強みは?
  • ブログを長く続けたときに後悔しないのはどっち?
ひーちゃん
ひーちゃん

初めてのWordPressなら選ぶのが難しいのは当然!でもこの記事を読めば、わかります。

この記事では、ロリポップ!とConoHa WINGを徹底比較し、相手サーバーにない強みを解説しました。わたしはどちらのサーバーも1年以上使い、両サーバーでアフィリエイトブログを運営しています。比較した結果、おすすめは断然ConoHa WINGです。

  • 特典①:月額料金最大37%OFF
  • 特典②:独自ドメイン2つ永久無料
\ 2021年08月04日18:00まで /

ConoHa WINGでWordPressを始める手順はコチラ

ロリポップ!とConoHa WINGの比較一覧表

ロリポップ!とConoHa WINGの料金・サーバースペック・機能を比較一覧表にしました。特に大事なポイントは太字アンダーラインを引いています。

ロリポップ!は「ハイスピードプラン」、ConoHa WINGは「ベーシックプラン」で比較しました。

ロリポップ!比較内容ConoHa WING
ConoHaWINGより
安い!
ownCloud機能でディ
スク容量を有効活用。
特徴ロリポップ!より簡単に
WordPressを始められる。

サーバー移行しやすい。
バックアップデータの
復元が無料でできる。
550円~実質月額料金828円~
550円~月額料金828円~
1個永久無料独自ドメイン代2個永久無料
無料初期費用無料
10日間無料お試しなし
1.2秒ページ読込時間1.1秒
LiteSpeedWebサーバーNGINX
ありキャッシュ機能あり
あり簡単インストールあり
ありDB自動接続あり
なし簡単セットアップあり
即時反映
※ 残期間1ヶ月なら次契約時反映
プランアップ即時反映
できないプランダウン即時反映
ありワンクリック移行あり
33,000円サーバー移行代行7,678円
実績99.99%稼働率99.99%品質保証
320GB
ownCloud設置機能あり
ディスク容量300GB
900GB/日転送量27TB/月
あり無料独自SSLあり
電話/メール/チャットサポート電話/メール/チャット
期間未掲載自動バックアップ14日間
11,000円復元料金無料
無制限マルチドメイン無制限
無制限データベース数無制限
ありメルマガ機能なし
※税込総額表示
ひーちゃん
ひーちゃん

記事後半の「それぞれのサーバーの特徴」解説しない専門用語は、以下に解説をまとめました。

解説を読まず、ロリポップ!の特徴を見る

ConoHa WINGの特徴を見る

Webサーバーとは、ブラウザからのリクエストに応じデータを送るサーバー。スマホやパソコンでクリック(これがリクエスト)するとブログデータを集めそのブラウザへ即座に送る。Webサーバーは、ApacheアパッチNGINXエンジンエックスLiteSpeedライトスピードが有名。

ブラウザキャッシュ機能とは、一度表示したwebページの情報を保存し、次の表示で読み込むデータ量を減らす機能。読み込む量を減らすことで表示が速くなる。

データベースとは、WordPressブログに必要なデータをまとめたもの。電話帳のように必要な情報が整理されている。WordPressはデータベースがないと作れない。よく使われるデーターベースはMySQLマイエスキューエルである。

稼働率とはサーバーが停止せず正常稼働している時間を示した指標。稼働率99.99%サーバーは1年(8,760時間)で1時間ほどしか停止しない。

99.9%じゃ低い?レンタルサーバーの稼働率とは?

比較表に戻る

ロリポップ!の特徴

ロリポップ!は、GMOペパボ株式会社が運営する格安高速レンタルサーバー。2003年にサービス提供され、これまで170万人以上が使った国内トップクラスの実績を誇ります。安さと速さのバランスNo.1レンタルサーバーです。

さまざまな教育機関やアーティストに選ばれてきました。その特徴は以下3つです。

ひーちゃん
ひーちゃん

私は人生初WordPressをロリポップ!で始めました。

ロリポップ!はConoHa WINGより料金が安い!

ロリポップ!ConoHa WINGより料金が安いです。初期費用や独自ドメイン代はどちらも同じ価格。しかし月額料金の差が大きいため、実質月額料金はロリポップ!が大幅に安くなります。

実質月額料金とはブログ運営費総額から計算した実質の月額料金。サーバー月額料金、サーバー契約初期費用、ドメイン代(年間1,200円ほど)の総額を利用月数で割りだした月額料金。

ロリポップ!比較内容ConoHa WING
550円~実質月額料金828円~
19,800円~36ヶ月総費用29,808円~
550円~月額料金828円~
無料初期費用無料
1個永久無料ドメイン代2個永久無料
※税込総額表示

3年使うと約10,000円もロリポップ!が安くなります。さらに、ロリポップ!はハイスピードプランにこだわらず最安でWordPressが使えるライトプランを選べば、もっと安くなります。

  • 実質月額料金:265円
  • 36ヶ月総費用:9,570円
  • 月額料金:220円
  • 初期費用:1,650円
  • ドメイン代:1個永久無料

※ロリポップ!ライトプラン36ヶ月契約の場合

ひーちゃん
ひーちゃん

もちろん、機能や速度を考えればハイスピードプランが1番おすすめなものの、ライトプランで始める選択もアリだと思います。

ロリポップ!もConoHa WINGも、それぞれのサーバーを長期契約中は独自ドメイン代が無料です。ConoHa WINGは2個永久無料なので、複数ブログを運営する人はお得になります。

独自ドメインは世界に1つしか存在しないドメイン。例えば、このブログは[ mvno-osusume.com ]という独自ドメインが使われている。WordPressブログ運営で1つ必要になる。

サーバーは料金だけで選ぶべきではありませんが、ロリポップ!なら安心して使えます。「できるだけ安くWordPressを始めたい」を考えている人は、ロリポップ!を選びましょう。

比較表に戻る

\ 未経験者も安心な画像つき解説! /

ロリポップ!はディスク容量を有効活用できる!

ロリポップ!ディスク容量を有効活用できます。これはConoHa WINGにない強みです。

ディスク容量とは、保存容量のこと。容量が多いほど画像やテキストなどのブログデータ、メールをたくさん保管できる。パソコンのHDDやSSD、スマホの内部ストレージと同じ意味。

ディスク容量を活用するために使うのが無料ストレージサービスのownCloudオウンクラウドこれを使えば、だれでも簡単にオンラインストレージを作れます。

ひーちゃん
ひーちゃん

大容量のストレージが手に入ることで、これまで使っていたクラウドストレージ代を削減できるかもしれません。

WordPressブログで使うディスク容量は、それほど多くありません。120記事ほどのブログでもわずか1240.4MBほどしか使用しませんでした。(もちろん画像が多いサイトは、もう少し消費します。)

ですから、ロリポップ!にしろConoHa WINGにしろ大容量のディスク容量は基本余ります。ロリポップ!であればムダにすることなく活用できるので、ConoHa WINGよりお得ではないでしょうか。

ロリポップ!でownCloudを始める手順はコチラ

ロリポップ!はメルマガを発行できる!

ロリポップ!メルマガを発行できます。これはConoHa WINGにない機能です。

メルマガは、サイト運営者や企業が複数読者に発行する一斉メール。たいてい1つのジャンルやテーマの専門的な情報をメルマガ登録者に送ります。ですから、メルマガを利用するのは特定分野のプロか同等レベルの詳しい人です。

メルマガを使えばWordPressブログのフォローなどを期待できます。しかし、これからWordPressブログを始める人が、同時にメルマガを始める可能性は低いでしょう。

ひーちゃん
ひーちゃん

現時点で使いたい要望がなければ、ロリポップ!の強みとして考える必要はありません。

比較表に戻る

  • 特典①:全プラン10日間無料お試し
  • 特典②:独自ドメイン1つ永久無料
    ※ライトプラン以上12ヶ月以上契約&申込6日以内に自動更新の支払設定
  • 特典③:ハイスピードプラン限定初期費用無料
\ 期間未掲載!突然終了する前にチェック! /

ConoHa WINGの特徴

ConoHa WINGは、GMOインターネット株式会社が運営する高速レンタルサーバー。2018年に始まったサービスなのに、すでに30万アカウントを突破。人気急上昇中です。2021年02月にブロガーやアフィリエイターが使いたいレンタルサーバーNo.1に選ばれました。

ロリポップ!より優れたポイントがたくさんあります。その強みは次の5つです。

ひーちゃん
ひーちゃん

ロリポップ!より料金が高いけど、速さ・使いやすさで払うだけの価値があるサーバーです。

ConoHa WINGはWordPressブログを簡単に始められる

ConoHa WINGWordPressブログを簡単に始められます。ConoHa WINGのWordPressブログを始める機能「WordPressかんたんセットアップ」がロリポップ!の「WordPress簡単インストール」より簡単だからです。

ひーちゃん
ひーちゃん

ConoHa WINGなら未経験者でも10分でWordPressを始められます。

WordPressかんたんセットアップは、サーバー契約時にブログ設定7つがすべて終わる機能。

  1. サーバー契約
  2. 独自ドメイン取得
  3. ドメインとサーバーの紐づけ
  4. データベース作成
  5. WordPress設置
  6. SSL化
  7. WordPressテーマテンプレートインストール

これらすべてがサーバー契約時に終わるため、ブログ未経験者も10分でブログをはじめられる。

WordPress簡単インストール機能は、WordPress設置がワンクリックでできる。独自ドメインの取得やサーバーとの紐づけ作業は別途必要なものの、この機能があればブログ未経験者も数時間でブログをはじめられる。

ConoHa WINGでWordPressを始めるほうが比較にならないほど簡単です。国内サーバーで1番簡単にWordPressを始められます。

ひーちゃん
ひーちゃん

「サーバー知識がない」「WordPressの仕組みがわからない」と感じている人が、ロリポップ!に挑戦するとWordPressを始めるまでに大幅に時間ロスするかもしれません。

WordPressブログ未経験者の最初のハードルは、WordPressを始めること。これを乗り越えなければ、ブログはできません。ですから、未経験者はハードルの低い ConoHa WING で始めるのがおすすめです。

比較表に戻る

\ 2021年08月04日18時まで /

ConoHa WINGはロリポップ!より表示速度が速い!

ConoHa WINGロリポップ!より表示速度が速かったです。ページ読込時間を計るツール GTmetrix で表示速度を計測しました。

GTmetrixの使い方はコチラ

ロリポップ!比較内容ConoHa WING
1.2秒ページ読込時間1.1秒
ConoHa WINGの測定結果
ロリポップ!の測定結果

ページ読込時間の差はわずか0.1秒。どちらの公式サイトも表示速度の速さをアピールしていますが、当サイトの測定結果によればConoHa WINGが速い結果となりました。

とはいえ一般的に、ページ読込時間は2秒以内であれば問題ない、と言われます。ですから、どちらのサーバーも十分に速いです。すでに合格ラインをクリアしているため、重要な比較ポイントと考えなくてもいいでしょう。

ひーちゃん
ひーちゃん

速度は変わらないため、他の要素で比較するほうが満足度は高くなるはずです。

比較表に戻る

ConoHa WINGはサーバー移行しやすい

ConoHa WINGサーバー移行のしやすさでロリポップ!に勝っています。他社サーバーで運営しているWordPressを移転させるなら、ConoHa WINGの方が安心です。

ロリポップ!比較内容ConoHa WING
ありワンクリック移行あり
33,000円サーバー移行代行7,678円
※税込総額表示


ConoHa WINGもロリポップ!もワンクリックでサーバー移行するツールがあります。うまくいけば、無料でわずか数分の時間でサーバー移行でき便利です。しかしながら、サーバー移行ツールは特定条件を満たさないと利用できなかったり、失敗したりします。そんな時に使いたいのがプロによる移行代行。ConoHa WINGは移行代行費用がロリポップ!より圧倒的に安いため、気軽に移行代行を頼めます。

ConoHa WINGの移行代行は、次の作業をしてくれます。

  • サイトデータ移行:記事や画像など全データを移行させる
  • SSL再設定作業:SSL化したり、SSLサイトを移行したりできる
  • ネームサーバー切替作業:ネームサーバー情報をConoHa WINGのDNSに設定する

SSLは暗号化によるサイトセキュリティの1つ。SSL化されたサイトのURLは「http://~」から「https://」に変わる。SSL化はSEOにも影響する重要な要素で、ブログ運営に書かせない。

DNS設定とは独自ドメインとサーバーを紐づける作業。DNS設定をしないとブログが表示されない。

SSLは次の追加費用が発生します。

  • SSL設置済サイトの移行:3,300円/サイト
  • 非SSLサイトのSSL設定:4,400円/サイト
ひーちゃん
ひーちゃん

SSLに別途費用が発生しても、ロリポップ!の3分の1ほどの料金で移行代行してもらえます。

比較表に戻る

\ 2021年08月04日18時まで /

ConoHa WINGは柔軟にプラン変更できる

ConoHa WINGロリポップ!と違い十分にプラン変更できます。ロリポップ!はプランダウンができません。

ロリポップ!比較内容ConoHa WING
即時反映
※残期間1ヶ月なら次契約時反映
プランアップ即時反映
できないプランダウン即時反映

ConoHa WINGはすぐにプランアップが反映されるうえ、プランダウンできるの特徴。一方、ロリポップ!はプランダウンできないため、サーバースペックや転送量が余るようになったとしても下位プランに変更できません。料金を下げられないのです。

転送量とはブログを表示するときの通信量のこと。スマホのギガ(データ通信量)に似ている。1日100GBの転送量のサーバーなら、100GBを超えるとアクセスが制限される場合がある。

【3分で理解できる!】レンタルサーバーの転送量とは?

もちろん、ConoHa WINGもプランダウンしたとき、すでに支払っている差額は返金されないので注意しましょう。

WordPressブログのアクセスは常に成長するわけではありませんから、フレキシブルに現状対応できるConoHa WINGのほうが使いやすいと言えます。

ConoHa WINGでWordPressを始める手順はコチラ

ConoHa WINGはバックアップと復元が無料で簡単!

ConoHa WINGバックアップと復元無料で簡単です。ロリポップ!より充実しています。

ロリポップ!比較内容ConoHa WING
期間未掲載バックアップ期間14日間
11,000円復元料金無料
※税込総額表示

ConoHa WINGはバックアップ期間が14日間と記載されているのに対し、ロリポップ!は期間がはっきりしていません。いつまでバックアップデータが残っているかが不明だと正直不安です。バックアップ期間のわかるConoHa WINGのほうが安心できます。

さらに、ConoHa WINGは復元料金無料なので、気軽に復元させられます。一方、ロリポップ!は11,000円も復元料金がかかるため、そうそう気軽に復元しようという気になれません。

ひーちゃん
ひーちゃん

ロリポップ!で1度でも復元すれば、総額や実質月額料金は跳ね上がり、安いロリポップ!なのに安くない、なんてことも!

比較表に戻る

バックアップデータの復元は、サーバートラブルだけでなく、こちらの作業ミスで誤って記事を消したりPHPコードを書き間違えたりしたときも必要です。つまり、未経験者ほどバックアップが必要になりやすいのが事実。そう考えると、WordPress未経験者ほど、気軽に復元しやすいConoHa WINGが結果的に安くなる可能性が高いとも言えるでしょう。

ConoHa WINGでWordPressを始める手順はコチラ

まとめ

ロリポップ!とConoHa WINGを比較した結果、WordPress未経験者はConoHa WINGがおすすめです。ConoHa WINGには5つの特徴がありました。

ひーちゃん
ひーちゃん

ロリポップ!に比べ料金が高いものの、機能性や使いやすさを考えればConoHa WINGを選ぶ価値は十分にあります。

ConoHa WINGは定期的にキャンペーンを開催しています。キャンペーンを利用すれば、少しでもお得なので期間内に公式サイトで確認しましょう。

  • 特典①:月額料金最大37%OFF
  • 特典②:独自ドメイン2つ永久無料
\ 2021年08月04日18:00まで /

「ConoHa WINGの料金は払えない」と感じているなら、ロリポップ!を選んでください。

  • 特典①:全プラン10日間無料お試し
  • 特典②:独自ドメイン1つ永久無料
    ※ライトプラン以上12ヶ月以上契約&申込6日以内に自動更新の支払設定
  • 特典③:ハイスピードプラン限定初期費用無料
\ 期間未掲載!突然終了する前にチェック! /

コメント

タイトルとURLをコピーしました