【明解】ConoHa WINGとmixhostを徹底比較!違いと特徴はコレ!

2022年1月12日

著者情報

Webライターの「ひー」です。2017年にWordPressを始め、1年2ヶ月でブログ月収5万円達成。これまで15社のサーバーを使いました。

ConoHa WINGとmixhostの違いが分かるよう、徹底比較しました。

まずは、ConoHa WINGとmixhostを比較して見えた大きな特徴をご覧ください。

ConoHa WING

ConoHa WINGの特徴

  • ConoHa WINGは、mixhostに比べ料金が安い
  • ConoHa WINGは、mixhostと違いスマホでテーマ導入済みのWordPressサイトが作れる
  • ConoHa WINGは、mixhostにない電話サポートが受けられる
server2

mixhostの特徴

  • mixhostは、ConoHa WINGより表示が速い

当サイトは、実際にConoHa WINGとmixhostを利用しました。正直どちらもおすすめできるサーバーです。ただし、料金・機能性には違いがあります。迷ったら、表示速度で優れる mixhost がおすすめです。ただし、料金と使いやすさを比べるとConoHa WINGが優れているので、初心者は ConoHa WING をおすすめします。

【比較表】ConoHa WINGとmixhostの違い

ConoHa WINGとmixhostの違いを比較一覧表にまとめました。

サーバー
(比較プラン)
ConoHa WING
(ベーシック)
mixhost
(スタンダード)
無料お試し期間なしなし
(30日返金保証期間あり)
3年総費用
月額料金
初期費用
独自ドメイン代
26,640円
740円
無料
2個無料
34,848円
968円
無料
1個無料
表示スピード*0.903秒0.720秒
WordPress申込時完成機能有り(スマホ対応)有り
WordPress簡単移行機能有り有り
WordPress移転代行費用10,978円15,536円
稼働率99.99%品質保証99.99%品質保証
サポート電話/メール・チャットメール
運営会社GMOインターネット株式会社アズポケット株式会社
*当サイト計測(12社レンタルサーバー速度比較はこちら

ConoHa WINGは、mixhostに比べ料金が安いです。月額料金はもちろん、他社サーバーで運営中のWordPress移転の代行手数料も安くなっています。「できるだけ安くブログ運営したい」と考えるなら、ConoHa WINGがおすすめです。

ConoHa WINGはmixhostと違い、申込時にWordPressテーマ導入済のWordPressが完成します。

WordPressテーマとは、WordPressのデザインを変えるファイルのこと。テーマを入れ換えることで、WordPressの雰囲気をガラリと変えられる。
WordPressテーマは、表示スピードやSEOにも影響するため、どのテーマを利用するかはブログ運営への影響は小さくない。有料・無料問わず、テーマ選びは慎重になりたい。

WordPressテーマはzipファイルで扱われており、通常、ファイルを解凍し有効化するにはパソコンが必要です。しかし、ConoHa WINGは申込時に使いたいテーマを選ぶだけで、zipファイルの解凍作業せずテーマを導入できます。そのため、スマホで美しいデザインのWordPressがすぐに完成します。

→ 公式サイト( ConoHa WING

一方、mixhostはConoHa WINGに比べ表示スピードが速いです。当サイトで同条件のもと12社サーバーを計測した結果、1番速かったのがmixhostでした。ちなみに、ConoHa WINGは8番手です。詳細は「【12社計測データ公開】速いレンタルサーバーはコレ!速度を徹底比較!」をご覧ください。

表示スピードが速いサーバーは、ブログがすぐに表示されます。読者がブログを読みやすくなるため、アクセス数や収益が伸びやすくなります。反対に、極端に遅いサーバーは、ブログを読む前に検索ページに戻る直帰率が高くなりがち。mixhostなら、まずそういう心配はありません。

bounce-rate

直帰率とは、ブログ読者が検索ページからブログを訪問後、すぐに検索ページに帰ること。直帰率が高くなる要因は様々だが、サイトの表示速度が遅いために検索ページに戻ることはサーバーやテーマ・プラグインの選定で改善できることが多い。

→ 公式サイト( mixhost

ConoHa WINGとmixhostの料金比較

ConoHa WINGとmixhostの料金を比較しました。

サーバー
(比較プラン)
ConoHa WING
(ベーシック)
mixhost
(スタンダード)
初期費用無料無料
月額料金2.2円/時
3ヶ月契約:1,210円/月
~
36ヶ月契約:740円/月
3ヶ月契約:1,518円/月
~
36ヶ月契約:968円/月
独自ドメイン代2個永久無料
(3ヶ月以上契約)
1個永久無料
(12ヶ月以上契約)
独自SSL証明書無料無料

ConoHa WINGは、mixhostにない時間単位の料金制度が設定されています。1時間2.2円で利用できます。この制度を使えば、「今すぐ申し込みダメだとわかったら即解約」ということが可能です。ConoHa WINGには無料お試し期間がないものの、かりに24時間試しても52.8円しかかかりません。気軽に試せます。

ConoHa WINGもmixhostも、サーバー利用中の独自ドメイン代が永久無料です。

original-domain

独自ドメインとは、世界に1つしか存在しないドメイン。当サイトは「mvno-osusume.com」という独自ドメインを使っている。WordPressブログには独自ドメインを使うのが一般的。

ConoHa WINGでは3ヶ月以上の契約(WINGパックと言う)で、独自ドメインが2つ永久無料です。mixhostは12ヶ月以上の契約で、独自ドメイン1つが永久無料です。少しConoHa WINGがお得と言えます。

→ 公式サイト( ConoHa WING

→ 公式サイト( mixhost

ConoHa WINGとmixhostの表示スピード比較

ConoHa WINGとmixhostの表示スピードを比較しました。計測方法と条件は以下のとおりです。

計測方法

計測内容

  • 各サーバーに同じWordPressテーマ・プラグインのWordPressデモサイトを設置
  • 各デモサイトトップページを2つの計測ツールでテスト
サーバー
(比較プラン)
ConoHa WING
(ベーシック)
mixhost
( プレミアム)
GTmetix LCP0.903秒0.720秒
GTmetrix TTFB0.457秒0.312秒
PageSpeed Insights モバイル100100
※当サイト計測(12社レンタルサーバー速度比較記事はこちら
speedtest-gtmtrix-conohawing
speedtest-pagespeed-insights-conohawing
speedtest-gtmtrix-mixhost
speedtest-pagespeed-insights-mixhost

ConoHa WINGもmixhostも非常に速いサーバーです。どちらのサーバーを使っても、ブログの表示が極端に遅くなることは、まずありません。

しかし、テスト結果は明らかにmixhostが速かったため、表示スピードにこだわるならmixhostがおすすめです。画像を多用するレビュー系のブログやポートフォリオなどを作りたいなら、速度にこだわってください。

→ 公式サイト( ConoHa WING

→ 公式サイト( mixhost

ConoHa WINGとmixhostのWordPressの始め方比較

ConoHa WINGとmixhostのWordPressの始め方を比較しました。WordPressの始め方は、

  • 申込時
  • 2サイト目以降
  • サーバー移転時

で、それぞれ微妙に違います。それぞれの状況でWordPressの始めやすさを比べました。

申込時

申込時のWordPressの始め方は、mixhostに比べConoHa WINGが優秀です。ConoHa WINGの「WordPressかんたんセットアップ」機能は、スマホでもWordPressテーマ導入済サイトが完成します。

wordpress-easy-setup

WordPressかんたんセットアップは、ConoHa WINGが提供するサーバー契約時にブログ設定の以下6つが終わる簡単機能。

  • 独自ドメイン取得
  • ドメインとサーバーの紐づけ作業
  • データベース作成
  • WordPress設置
  • SSL化
  • WordPressテーマインストール

WordPressテーマもインストールできるため、パソコン要らずスマホだけでWordPressを始められる。

一方、mixhostはWordPressテーマの導入は、申込時の設定に含まれていません。WordPressが完成した後に、自分でインストール&有効化する必要があります。mixhostは、申込時に「WordPressクイックスタート」機能を使うと、初心者でも簡単にWordPressを始められます。

wordpress-quick-strat

WordPressクイックスタートは、サーバー契約時にブログ設定の以下5つが終わる簡単機能。

  • 独自ドメイン取得
  • ドメインとサーバーの紐づけ作業
  • データベース作成
  • WordPress設置
  • SSL化

ブログ未経験者も10分でスムーズにブログを始められる。

ConoHa WINGの「WordPressかんたんセットアップ」とmixhostの「WordPressクイックスタート」は似ています。違いは、申込時にテーマを導入できるかどうかです。

2サイト目以降

2サイト目以降のWordPressの始め方は、ConoHa WINGもmixhostも変わりません。どちらも完全に0からWordPressを作れますし、サイトコピー機能で1サイト目を複製して2つ目のWordPressサイトを作ることも可能。複製機能を使えば、

  • WordPressテーマ
  • WordPressプラグイン
  • 画像や記事

などを複製するため、新たにデータをインストール&有効化したり設定したりする手間を省けます。

サーバー移転

サーバー移転時のWordPressの始め方は、ConoHa WINGもmixhostも同じです。どちらも自分で無料で移転できる機能が付いています。これらの機能を使うと、他社サーバーで運営中のWordPresを簡単にConoHa WINGやmixhostに移せます。

しかし、自分でサーバー移転できない場合のサーバー移転代行はConoHa WINGがお得です。

サーバー
(比較プラン)
ConoHa WING
(ベーシック)
mixhost
(スタンダード)
移転代行費用7,678円10,978円
移転対応日数3営業日以降5営業日以内
移転オプションSSL化済サイト:追加3,300円
非SSLサイトのSSL化:追加4,400円
SSL化済サイト:追加4,378円
非SSLサイトのSSL化:追加5,478円

同じ作業をしてもらうにも、mixhostに比べConoHa WINGは4,000円ほど安く済みます。

全体をまとめると、WordPresの始め方はConoHa WINGがやや優秀です。

→ 公式サイト( ConoHa WING

→ 公式サイト( mixhost

ConoHa WINGとmixhostがおすすめな人比較

ConoHa WINGとmixhostがおすすめな人を比較しました。

  • ConoHa WINGがおすすめな人:初心者、電話サポートが欲しい人
  • mixhostがおすすめな人:速度にこだわりたい、サーバー経験者

ConoHa WINGは料金と使いやすさに長けているため、初心者に向いています。

mixhostは表示スピードに長けていました。速度にこだわる必要がある人にピッタリです。また、マニュアルなども専門用語が当たり前に使われているため、ややサーバー経験者向きです。

ConoHa WINGの電話サポートは利用経験がないものの、メールサポートは2度使った経験があります。問い合わせたものの、「そうい事象はこちらで確認できない。マニュアルページを参照ください。」という対応でした。

一方、mixhostはトラブルが発生した原因や対策を解説していただき、より親身になってくれました。担当者による可能性は否定できませんが、私が「助けてもらった」としっかり感じる対応をしてくれたのはmixhostでした。

→ 公式サイト( ConoHa WING

→ 公式サイト( mixhost

ConoHa WINGとmixhostのその他仕様比較

ConoHa WINGとmixhostのその他仕様を比較しました。

サーバー
(比較プラン)
ConoHa WING
(ベーシック)
mixhost
(スタンダード)
ディスク容量300GBSSD250GB
転送量27TB/月18TB/月
データベース数無制限無制限
無料独自SSL有り有り
自動バックアップ日数14日間14日間
バックアップ復元料金無料無料
WAFセキュリティ機能有り有り
支払方法クレジットカード
ConoHaチャージ
ConoHaカード
クレジットカード
銀行振込

ディスク容量・転送量はConoHa WINGが多いです。

server-capacity

ディスク容量とは、サーバーのデータ保存容量のこと。容量が多いほど画像やテキストなどのブログデータ、メールデータをたくさん保管できる。パソコンのHDDやSSD、スマホの内部ストレージと同じ意味。

server-transfer-amount2

転送量とは、ブログを表示するための通信量のこと。スマホのギガ(データ通信量)に似ている。例えば、1日100GBの転送量のサーバーは100GBを超えると転送できず、アクセス制限される場合がある。

サイト運営者がサーバーにアップロードするときも転送量を消費する。

3分で理解できる!レンタルサーバーの転送量とは?

しかし、ディスク容量・転送量はmixhostの提供量でもまったく問題ありません。特に、数個のブログを運営するだけだったり、1日1万ページを超える人気ブログになったりしない限り不足することはありません。

まとめ

ConoHa WINGとmixhostを徹底比較しました。どちらも高速なレンタルサーバーです。間違いなくおすすめできます。それぞれの違いや特徴とキャンペーン情報を見ながら、最適なサーバーを選んでください。迷ったら、mixhost をおすすめします。

キャンペーン情報

  • 特典①:初回支払額最大50%OFF(プレミアムプラン以上)
  • 特典②:独自ドメイン1個永久無料
  • 特典③:初期費用無料
  • 特典④:30日間全額返金保証

\ 今がチャンス /

できるだけ簡単なブログ運営をしたいなら、ConoHa WINGにしましょう。

キャンペーン情報

  • 特典①:最大43%OFF月額料金740円から
  • 特典②:独自ドメイン2個永久無料
  • さらに:初期費用無料

\ 期間限定!2021年02月07日18時まで /