WordPress用レンタルサーバーランキング11選 →

【レビュー】速度85点・読み込み1.1秒のConoHa WINGの評判

ひーちゃん@ライター

サーバー12社契約中の「ブロガー&専業webライター」。ブログ開設1年2ヶ月で月50,000円達成。

ひーちゃん@ライターをフォローする

画像出典:https://www.conoha.jp/wing

ConoHa WING(コノハウィング)を選ぶべきか迷っていませんか?

みんながどう思っているのか?は気になりますし、その感覚で選ぶのは間違っていません。

Amazonや楽天でも★★★の数が多い商品は、たいてい評判どおりいいモノですよね。

ConoHa WINGは速度とコスパの評判がトップクラスに高いです。

ConoHa WING キャンペーン

  • 特典①:ベーシックプラン全契約期間20%OFF
  • 特典②:ドメイン1つ永久無料(通常:取得・年更新1,200円ほど)
\ 2021年1月29日18:00まで /

ConoHa WINGの始め方【WordPressかんたんセットアップなら10分】はこちら。

server-comparison
11社のサーバーの料金とスペックで比較したポジショニングマップ。料金は「月額料金・初期費用」、スペックは「読み込み時間・機能・稼働率」などを加味し判定。

ConoHa WING(コノハウィング)の評判

ConoHa WINGの評判をまとめました。

  • 悪い:そんなに速くない
  • 良い:体感も数値も速くなった、安定している、初期費用とドメイン代0円

悪い評判・口コミ

悪い評判・口コミはとても少ないです。

とはいえ、速いと評判なものの期待しすぎるとがっかりするかもしれません。

速さはXserverと変わりません。XserverもConoHa WINGもトップクラスの速さです。車に例えればフェラーリとポルシェみたいなもの。

【レビュー】速度84点のXserver(エックスサーバー)の評判はこちら。

良い評判・口コミ

とはいえ、速さが大きく改善されたという口コミもありました。

ほかにも、安定性の評価が高いです。

安定して速いのは大事。時折でも遅いことがあれば、一部の人に「あのブログは遅い」と思われるわけですので。

コスパの評判は特にいいですね。

ConoHa WINGの速さや安定性の評判はとても良かったです。

ConoHa WING(コノハウィング)の料金・キャンペーン:月額640円~

ConoHa WINGは、長期契約のWINGパックが月額640円~と安いです。月額料金をまとめました。

契約期間ベーシックプランスタンダードプランプレミアムプラン
毎月更新1,200円/月2,400円/月4,800円/月
36ヶ月640円/月
最安
1,750円/月3,500円/月
24ヵ月680円/月1,850円/月3,700円/月
12ヶ月720円/月1,950円/月3,900円/月
6ヵ月800円/月2,150円/月4,300円/月
3ヶ月880円/月2,300円/月4,600円/月

ただし、この料金はキャンペーンなので期間が終われば値上がりします。いつか申し込むつもりなら、今がベストなタイミングです。

通常料金よりWINGパックがお得【比較表】

ConoHa WINGは通常、毎時更新のレンタルサーバー。

しかし、ConoHa WINGを最大限お得に使いたいなら絶対にWINGパックを利用するべきです。

通常料金とWINGパックを比べた表を見てください。

36ヶ月契約の場合、WINGパックはおよそ半額でブログを続けられます。

WINGパックなら、

  • サーバー代が安い
  • 独自ドメインが永久無料

だからです。

ConoHa WING キャンペーン

  • 特典①:ベーシックプラン全契約期間20%OFF
  • 特典②:ドメイン1つ永久無料(通常:取得・年更新1,200円ほど)
\ 2021年1月29日18:00まで /

ConoHa WINGの始め方【WordPressかんたんセットアップなら10分】はこちら。

【基礎知識】サーバーは速さで選ぶべき

サーバーは速さで選ばねばなりません。

2018年3月27日、速さが検索順位に影響することをGoogleは公表しました。

2018 年 7 月初めより、表示に時間のかかるコンテンツは、デスクトップとモバイルの両方の検索結果に悪影響が出ることが、最近発表されました

モバイル ファースト インデックスを開始します

サーバーのせいで検索順位が下がってはいけませんね。

じゃあ、ConoHa WINGはどうなのでしょうか。

実際にConoHa WINGを契約しました。

クレジットカード払いでConoHa WINGを契約している。支払完了メールが届く

ConoHa WING(コノハウイング)のレビュー

ConoHa WINGは、すごく良かったです。

  • スマホもパソコンも表示が速い
  • 初心者に使いやすい機能がいっぱい
  • 高いセキュリティと安定したサポート

「はじめてのWordPressは不安」という人も安心して利用できるサーバーです。

では、ここからメリット・デメリットやその根拠を解説していきます!

表示が非常に速い!

ConoHa WINGに作ったデモサイトを計測したところ、非常に速い結果が出ました。

表示速度は、GTmtrix LCP(読みこみ時間)で1.1秒です。

GTmetrixConoHa WINGデモサイトを計測したときの、LCP(ページの読み込み時間)は1.1秒。

そもそも、理想の読み込み時間は何秒でしょうか?

47% of consumers expect a web page to load in 2 seconds or less.(消費者の47%は、Webページが2秒以内に読み込まれることを期待しています。)

How Loading Time Affects Your Bottom Line

1.1秒であれば、ほとんどの人の期待に応えられるはず。

評価写真
1回目
1回目2回目3回目
PageSpeed Insights
(モバイル表示)
859286
PageSpeed Insights
(パソコン表示)
959698
GTmtrix
(Googleサイト計測ツール)
979797
GTmtrix
(Yahooサイト計測ツール)
888888
PageSpeed InsightsGTmetrixで計測

「計測スコアはどれくらい良いのだろう?数字だけ見てもわからない」と思いませんか。

PageSpeed Insightsの数値は80以上あれば改善の余地がないほど。

Good: ページには、パフォーマンスに関するおすすめの方法が最大限適用されており、最適化の余地がほとんどありません。ページのスコアは 80 以上になります。

PageSpeed Insights について

それで、ConoHa WINGなら…

  • 高速化プラグインを使ったり
  • 画像の最適化に時間をかけたり

…しなくても、ブログ開設の初期状態から最高の速度が手に入ります。

初期状態から最高の状態ってのはすごくありがたいですよね。

とくにIT・機械系が苦手な人なら、表示を速くする改善方法なんてわかりません。

それに、改善に時間をかけていると執筆の時間が足りませんよね。

ConoHa WINGなら執筆に集中できます。

高速化の3つの工夫

もちろん、この速度は偶然の結果ではありません。

ConoHa WINGは高速化の3つの工夫をしています。

  • オールSSD RAID10構成 最新高性能サーバー
  • 独自にチューニングしたキャッシュ機能と通信高速化HTTP/2完全対応
  • PHP5から2倍以上速いPHP7

管理パネルから、キャッシュ機能を使ったりPHPのバージョンを変更したりできました。

conohawing_speeding_up
キャッシュ機能やPHPバージョンの選択など高速化の応用設定も、管理パネルから変更可能。

このあたり「むずかしい」と思ったら理解する必要はありません。記事を書くのにまったく影響しないですから。

重要なのは高速化を追求したので速くなったということ。

つまり、仕組みで速くなっているので、あなたのブログもきちんと速くなるはずです。わたしのデモサイトだけではありません。

もちろん、いくら速くてもサーバー障害やトラブルが多ければだめですよね。

稼働率99.99%の品質保証付きで安定性が高い

ConoHa WINGは稼働率99.99%以上の品質保証が設定されています。

SLA(品質保証制度)とは・・・

稼働率が基準値を下回ったときに返金してくれる保証制度。ConoHa WING、mixhost、CPIなどで導入されている。たいていは99%を下回ると月額料金に対し定められた割合が返金される仕組み。

99.9%じゃ低い?レンタルサーバーの稼働率とは?はこちら。

サーバーにアクセスできない時間が増えると、月額料金の返金額も増えます。

稼働率月額料金に対するサービス利用権付与率
99.99%未満99.9%以上10%
99.9%未満30%

稼働率が低く、たびたびサーバー停止することは検索順位に少なからず影響します。

Googleは次のように言っています。

今や「年中無休」が当たり前となっている世の中ですが、オンラインサービスでは、サイトを一時的に停止しなければならない場合もあります。今回は、検索結果の掲載順位に影響を及ぼすことなく、サイト(またはその一部機能)を一時停止する方法をご紹介します。

サイトを一時停止する場合の対応方法

暗に「サイト停止は検索順位に影響する可能性がある」と認めていますね。

ですから稼働率をきちんと保証してくれるのは大事なこと。

SLA適用申請書(PDF)に必要事項を記入し、お客様センターまでメールを送れば受け付けてもらえます。申請はサーバー障害が起きた翌月末日までです。

補足:同じ99.99%以上なら稼働率保証より稼働率実績が優秀

ちょっとこまかいですが、SLAはあくまでも品質保証であって品質実績ではありません。

つまり、稼働率99.99%保証と稼働率99.99%実績を比べれば、後者がより優秀です。

稼働率実績でなく稼働率保証であることを含めれば、稼働率99.99%以上の実績を持つさくらのレンタルサーバーが優れています。

【レビュー】速度89点のさくらのレンタルサーバの評判はこちら

高い稼働率を保証できるのは3つのセキュリティ対策による

安定したサーバー稼働をするには、とにかくセキュリティを強化しなければなりません。

サーバーは常にDos攻撃などにさらされているからです。

ConoHa WINGは3つのセキュリティ対策が導入されています。

  • 1クリックで発行できる無料独自SSL
  • 常に最新の攻撃パターンに対応できるシグネチャ型WAF「SiteGuard」導入
  • ウイルスブロックと迷惑メール排除による迷惑メール対策

サーバー管理パネルを見るとWAFのおかげ防御できていました。

conohawing_waf
最新の攻撃パターンに対応できるシグネチャ型WAF「SiteGuard」のおかげで守られていた。攻撃ターゲットURL、攻撃元、攻撃内容まで詳細に特定可能。

セキュリティ対策を3つも導入することはとても重要です。

シートベルト、エアバッグ、ABSなどいくつもの安全対策が導入されているからこそ高い安全性を持つ車が誕生します。

同じように、いくつものセキュリティ対策を実践してはじめてサーバーの高い稼働率を記録できるわけです。

もちろん、いくらConoHa WINGが安定して速いサーバーだとしても、使えなければ意味がありませんん。

WordPressかんたんセットアップでワードプレス設置が完了

ConoHa WINGのWordPresseかんたんセットアップを使えば、サーバー契約時にワードプレス設置が終わります。

そもそもワードプレス設置は初心者にハードルが高いです。

わたしも設置でつまづき、サーバーレンタル後2週間ほど放置しました。

「サーバー借りたらWordPressが使えるんじゃないの。設置ってどこに?」という感じでした。

必死にググって解決できましたけど、時間をかなり使いました。

でも、ConoHa WINGならそんなムダな苦労や遠回りをする必要はありません。

ワードプレス設置はサーバー契約時に終わりますよ。

サイトのサーバー移行(引っ越し)もワンクリック

ConoHa WINGはサーバー移行(引っ越し)もワンクリックできます。

他社サーバーから乗り換えるのが超簡単。

200記事くらいのサイトも10分ほどで引っ越せましたよ。楽すぎます。

移行代行でプロにサイト引っ越しを任せられる

ConoHa WINGはWordPressブログの移行をプロに任せられます。

サイト移行がワンクリックでできる、と言われても不安な人はいますよね?

「失敗したらどうしよう」
「ミスったときに戻せなくなりそう」

ConoHa WINGなら、6,980円で1サイトを移行してくれます。

格安料金です。サーバー移行の相場はだいたい数万円はしますからね。

補足ですが、jetboyならプロによるサイト引越しが3サイトまで無料です。

【レビュー】速度87点のJETBOYの評判・メリット・デメリットはこちら

ConoHa WING(コノハウィング)の競合サーバー

ConoHa WINGの競合サーバーは、

  • Xserver
  • ロリポップ

です。

XserverはConoHa WINGに勝る安定感が人気の理由。

【3分でわかる!】XserverとConoHa WINGの比較はこちら。

ロリポップはConoHa WINGより料金プランが安いのが最大のアドバンテージです。

【14の違い】ConoHa WINGとロリポップの比較はこちら。

ConoHa WING(コノハウィング)に関するよくある質問

ConoHa WINGのよくある質問に答えました。

  • 契約事務手数料はいくら?
  • 一緒に独自ドメインは取得できる?
  • ConoHa WINGは自動でバックアップしてくれる?
  • サポートは充実しているの?
  • ConoHa WINGの障害情報はどこ?
  • 転送量は十分なの?
  • 自由にプラン変更できる?
  • ConoHa WINGの解約方法は?

契約事務手数料はいくら?

0円です。

契約事務手数料は発生しません。

一緒に独自ドメインは取得できる?

はい、WINGパックで永久無料の独自ドメインが取得できます。

「.com」「.net」など20種類の独自ドメインが取得可能です。

ConoHa WINGを使い続けるかぎり、取得だけでなく1年更新の費用も永久にかかりません。

ConoHa WINGは自動でバックアップしてくれる?

過去14日分を自動バックアップしてくれます。

さらにバックアップデータをダウンロードすることなく、サーバー管理パネルからすぐにリストア可能です。

管理パネル→サーバー管理→自動バックアップと進み、バックアップしたいデータを選んで[リストア]をクリックすれば復旧完了

サポートは充実しているの?

電話・メール・チャットで問い合わせられます。

  • 電話:平日10:00-18:00
  • メール:平日10:00-18:00(受付は24時間)
  • チャット:平日10:00-18:00

対応はすべて平日に限られるので注意しましょう。

ConoHa WINGの障害情報はどこ?

コントロールパネル内の掲載と登録メール送信で障害情報を受けとれます。

conohawing_disability
ConoHa WINGの障害情報はログイン後のお知らせから閲覧可能

契約していないかぎりConoHa WINGの障害情報は見ることができません。

転送量は十分なの?

最安値のベーシックプランで月9.0TBもあるので十分です。

Twitterと連携させたバズ狙いのブログ運営でも、転送できなくなる503エラーの表示なく利用できるはずです。

【3分で理解できる!】レンタルサーバーの転送量とは?

自由にプラン変更できる?

上位プラン下位プランにいつでも変更できます。

下位プランへ変更する場合、差額は返金されません。

上位プランに変更する場合は、差額の支払いが請求されます。

ConoHa WINGの解約方法は?

ConoHaアカウント契約情報の退会から「ConoHaアカウントを削除する」で解約できます。

アカウント設定→ConoHaアカウント契約情報→ConoHaの退会から[ConoHaアカウントを削除する]をクリックすれば解約できる

アカウント削除後はデータの復旧ができなくなるので注意しましょう。

解約手数料はかかりません。

ConoHa WING(コノハウィング)がおすすめな人

はじめてWordPressに挑戦する人におすすめです。

WordPresかんたんセットアップを使えば、初心者でも失敗せずWordPressを設置できます。さらに、サポート体制も十分です。

そのうえ、サーバーとしての速度や稼働率でもトップクラス。

しかもWINGパックを使えば月額640円~です。

ConoHa WING キャンペーン

  • 特典①:ベーシックプラン全契約期間20%OFF
  • 特典②:ドメイン1つ永久無料(通常:取得・年更新1,200円ほど)
\ 2021年1月29日18:00まで /

ConoHa WINGの始め方【WordPressかんたんセットアップなら10分】はこちら。

ConoHa WING(コノハウィング) まとめ

ConoHa WINGは安いのに超高速で利用できる評判のレンタルサーバーです。

わたしもずっと使ってきました。

キャンペーンを狙って利用しないと損です。

ConoHa WINGでWordPressブログを今すぐはじめましょう!

ConoHa WING キャンペーン

  • 特典①:ベーシックプラン全契約期間20%OFF
  • 特典②:ドメイン1つ永久無料(通常:取得・年更新1,200円ほど)
\ 2021年1月29日18:00まで /

ConoHa WINGの始め方【WordPressかんたんセットアップなら10分】はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました