【口コミ20件】ConoHaWING(コノハウイング)の評判とレビュー

レンタルサーバー

画像出典:https://www.conoha.jp/wing

ConoHaWINGは速度・料金サポートで評判のレンタルサーバーです。

  • 月額640円から使える
  • 国内最速

公式サイトを見ると、すごく良さそうに聞こえます。

とはいえ、「実際に使っている人の声を聞かないと不安」「公式サイトが自社を良く言うのは当然」と思いませんか?

この記事でConoHaWINGの口コミをしっかりチェックしてください。

わたしも2019年12月からConoHaWINGを使っていますが、とても速く快適なので気に入っています。

評判だけでなく、速度の計測データや料金から支払方法まで徹底解説しています。

ConoHaWING(コノハウイング)とは

ConoHaWINGは36ヶ月契約で月額640円から使えるサーバーです。

国内最速のサーバーとして注目されており、わたしもConoHaWINGを使っています。

サポートや機能が充実しているため、ブログ初心者にもおすすめです。

ConoHaWINGの表示速度

ConoHaWINGの表示速度が気になりますよね。

デモサイトと公式サイトを2つの計測ツールでテストしました。

デモサイト

評価1回目2回目3回目平均
PageSpeed Insights
(モバイル表示)
78807879
PageSpeed Insights
(パソコン表示)
96979797
GTmtrix
(Googleサイト計測ツール)
97979797
GTmtrix
(Yahooサイト計測ツール)
88888888

デモサイトの表示速度は非常に速い結果となりました。

【デモサイト】https://trial-blog.xyz/

公式サイト

評価1回目2回目3回目平均
PageSpeed Insights
(モバイル表示)
32423235
PageSpeed Insights
(パソコン表示)
68858278
GTmtrix
(Googleサイト計測ツール)
51505050
GTmtrix
(Yahooサイト計測ツール)
51505050

公式サイトの表示速度は、思ったほど速くありませんでした。

特にPageSpeed Insightsによるモバイル表示はレッドゾーン(遅い)の40点を下回っています。

【公式サイト】https://www.conoha.jp/wing

ConoHaWINGの料金

ConoHaWINGにかかる月額料金と初期費用をまとめました。

月額料金

ConoHaWINGの月額料金は通常WINGパックに分けられます。

プラン名通常プランWINGパック(36ヶ月)WINGパック(24ヶ月)WINGパック(12ヶ月)WINGパック(6ヶ月)WINGパック(3ヶ月)
ベーシック最大1,200円/月
(2円/時)
640円/月
46%OFF
680円/月
43%OFF
720円/月
40%OFF
1,000円/月
16%OFF
1,100円/月
8%OFF
スタンダード最大2,400円/月
(4円/時)
1,400円/月
41%OFF
1,480円/月
38%OFF
1,560円/月
35%OFF
2,150円/月
10%OFF
2,300円/月
4%OFF
プレミアム最大4,800円/月
(8円/時)
2,800円/月
41%OFF
2,960円/月
38%OFF
3,120円/月
35%OFF
4,300円/月
10%OFF
4,600円/月
4%OFF

割引率の高くなるWINGパック12ヶ月契約からがおすすめです。

しかも、WINGパックは独自ドメインが1つ永久無料になるため、ブログ運営にかかる費用をさらに安くできます。

独自ドメインとは、世界に1つだけしか存在しないドメイン。このブログは「mvno-osusume.com」という独自ドメインの取得費・年間更新費を払い運営している。くわしくは「ConoHa7周年記念、ドメイン無料キャンペーン」でまとめました。

契約事務手数料

ConoHaWINGは契約事務手数料が無料です。

キャンペーン期間中のみ契約事務手数料が無料のサーバーなら多いですが、年中ずっと無料なサーバーはほとんどありません。

支払方法

ConoHaWINGは6つの方法で支払えます。

クレジットカード利用翌月決済
銀行振込利用翌月始め請求、月末払い
請求書払い利用翌月始め請求、月末払い
口座振替利用翌月決済
コンビニ払い利用翌月始め請求、月末払い
ConoHaチャージ事前チャージ、利用翌月決済

ペイジーなどの銀行決済、コンビニ払いは振込手数料150円/件がかかるので注意してください。

学生教職員は、ConoHa学割で10%OFFの特別価格で利用可能です。

学生証のコピーなど在学証明書類の送付を求められることがあります。

ConoHaWINGのスペック・仕様

ConoHaWINGの3つのプランそれぞれのスペック・仕様をまとめました。

プランディスク容量転送量MySQLマルチドメインサブドメイン自動バックアップ無料独自SSLWordPressインストールWordPress引越し
ベーシック250GB4.5TB/月無制限無制限無制限14日間
スタンダード350GB5.5TB/月無制限無制限無制限14日間
プレミアム450GB6.0TB/月無制限無制限無制限14日間
ディスク容量とは、サーバーに保存できるデータ量のこと。パソコンのHDDやSSDのデータ量、スマホのストレージ(ROM)と同じ意味。
データ転送量とは、サーバーにあるデータを引っ張り出し表示できる量のこと。もっと、簡単に言えば仕事量とも言える。データ転送量が1日30GBと決まっていれば30GBを超えて表示できない。

「サーバー構成の違いが分からない」と思ったら、ベーシックプランを選べば大丈夫です。

ディスク容量や転送量などは、本来はブログ運営者は知っておくべきサーバー構成ですが、ConoHaWINGはブログ初心者が気にしなくていいほど十分なスペックがあります。

サーバー構成について詳しく知りたい人は関連記事をお読みください。

ConoHaWINGの割引・キャンペーン

2020年9月7日時点で実施されているキャンペーンをまとめました。

ConoHa WING2周年記念キャンペーン

12ヶ月契約以上でWINGパック全プランがさらに20%割引されます。

  • 期間:2020年9月4日~2020年11月6日18:00
  • 対象:12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月契約のWINGパック全プラン
  • 条件:https://www.conoha.jp/wingから申込

2周年キャンペーンを利用すれば、ベーシックプランが最安640円で使えるため非常にお得です。

ConoHa7周年記念、ドメイン無料キャンペーン

永久無料の独自ドメインを1つ選べます。

  • 期間:2020年7月9日~2020年9月30日18:00
  • 対象:.online/.space/.website/.site/.tech/.shop/.tokyo/.work/.top/.cloudの全10種類
  • 条件:https://www.conoha.jp/wingから申込

独自ドメインは、通常取得と1年更新に1,000円前後の料金が発生するため、永久無料は非常にお得です。長く続けるほど、どんどんお得になります。

ConoHaWINGの評判

ConoHaWINGの口コミを集めました。

口コミを見ていくにあたり大切なのは使わないと分からない部分を確認することです。

レンタルサーバーの基本的な選び方は関連記事にまとめています。

【速度】PageSpeed Insightsでモバイル98点の速さ

【コスパ】安いし速い

【サポート】対応は早いが、納得できない人も

【トラブル・サーバー障害】復旧が早い

【機能】サイトコピーがめちゃくちゃ便利

ConoHaWING現役ユーザーのレビュー

ここからは2019年12月からConoHaWINGを使っているわたしが正直にレビューします。

3つのメリット

3つのメリットを紹介します。

WordPress管理画面の表示が速いので執筆がはかどった

ConoHaWINGにするとブログの執筆がはかどります。

WordPress管理画面、とくにメディアの表示がめちゃくちゃ速いんです。

過去の画像を再利用するためメディア画面でさがすとき、画像がパパパパーッと表示されるんです。

遅いサーバーだと画像がなかなか表示されないため探すのにすごい時間がかかりますよね。

ConoHaWINGに乗り換えたら執筆時間が減りました

になりました。

Xserverからのブログ移行が5分ほどで終わった

もともと使っていたXserverからConoHaWINGにブログ移行したんですが5分ほどで終わりました。

WordPressかんたん移行を使うと、”かんたん”というより早いんですよね。

短時間で終わるので、ブログの執筆をすぐに再開できます。

サーバーの乗り換えはブログ運営でも重要なものの本来は時間をかけてはいけません。

記事を書くことが一番大事ですからね。

ConoHaWINGなら、一番大事な執筆の時間を奪われないので乗り換えサーバーとして素晴らしいと思いました。

新規ブログが5分ほどで開設できた

ConoHaWINGで新規ブログが5分ほどで開設できたんです。

住所・氏名や支払情報の入力をしてサーバーを借り、即WordPressをインストールしたら5分で新しいブログがはじめられました。

ドメイン取得の時間も含めると10分くらいだったかもしれません。

いずれにしても「ブログはじめよう!」と思ってすぐにはじめられるサーバーです。

デメリットは、WINGパックを使わないと月額料金は高い

ConoHaWINGはWINGパックを使わないと月額料金は高いですね。

ベーシックプランを使っていますが、いまだに長期契約のWINGパックを利用していません。

わたしは税込1,320円を毎月支払っていますが、WINGパックにすれば最安880円で使えます。

同じプランで440円の差は高い、と思いました。

金額差が大きいので、はじめてのブログで不安でもWINGパックの3・6ヶ月くらいを使ったほうがいいですね。

ConoHaWINGの運営会社

販売事業者GMOインターネット株式会社
運営統括責任者熊谷 正寿
所在地150-8512東京都渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー
電話番号03-6702-0428(平日10:00-18:00)
メールアドレスinfo@conoha.jp

問い合わせ先

ConoHaWINGの問い合わせは3つの方法があります。

  • webフォーム
  • 電話
  • チャット

問い合わせる前に、ConoHaWINGが公式に用意している「よくあるお問い合わせ」や「ガイド」を確認してください。

問い合わせる時間やお互いの手間を考えると、先に答えがないか確認したほうがいいですね。

 

ヘルプページにある問い合わせフォームから質問できます。

メールアドレスの入力と利用しているサービスの指定は必須です。

質問内容はできるだけ詳しく書きましょう。

 

電話での問い合わせはかけ間違いに気を付けてください。

電話番号03-6702-0428
受付時間平日10:00-18:00

 

チャットは公式サイトを開けば、平日10:00-18:00にのみ登場します。

ConoHaWINGの他社サーバー比較

ConoHaWINGの競合となるサーバーは3社です。

各社の料金や速度だけ比較しました。

ConoHaWINGとロリポップの比較

ロリポップはConoHaWINGよりも安い価格で利用できるサーバーです。

ただし、ロリポップの安いプランはサーバーの速度が遅いため、ConoHaWINGと同じ速さを期待するならハイスピードプランやエンタープライズプランを選びましょう。

ConoHaWINGとXserverの比較

XserverはConoHaWINGより長く運営してきた老舗の高速サーバーです。

速度や料金はConoHaWINGとほぼ同じですが、12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月契約ではConoHaWINGが安くなります。

ConoHaWINGとmixhostの比較

mixhostはConoHaWINGにない30日間返金保証があるレンタルサーバーです。

速度や料金はConoHaWINGとほぼ同じですが、返金保証のおかげでお試ししやすくなっています。

ConoHaWING まとめ

ConoHaWINGの口コミをまとめてきましたが、速さや料金に納得しておられる人がほとんどです。

ただし、サポートは評価が分かれていましたね。

サポートや機能は、はじめてWordPressを使う人にはとても大切なので少し心配も残ります。

とはいえ、WordPressかんたんセットアップについては失敗した例を見かけなかったですし、わたしもうまくいきました。

評判どおり、使いはじめに問題を感じなかったですね。

 

ConoHaWINGは間違いなくおすすめできるサーバーです。

安心して使ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました