プロが解説!読み込み1.8秒のエクストリムサーバーの評判・メリットデメリット

2021年8月20日

運営者情報

webライターの「ひー」です。2017年にWordPressを始め、1年2ヶ月でブログ月収5万円達成。これまで14社のサーバーを使いました。

月額104円の超格安サーバーのEXTREMエクストリムサーバー。

  • ブログ運営費を下げるために選んでもいいかな?
  • 速度や使い心地はどうなんだろう?
  • 利用者の評判は低くないかな?

と悩んでいませんか?

12社以上のサーバーを使った経験からすると、エクストリムはおすすめできません。

表示速度が速くないうえ、ブログの設定が面倒です。ブログ未経験者は手を出さないほうがいいでしょう。

もっと使いやすいサーバーを「WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ!」から見つけるのがおすすめです。

この記事で、エクストリムの評判とメリットデメリットをレビューしました。

エクストリムの評判

エクストリムの口コミを集め評判を探りました。

エクストリムの口コミ件数が極端に少ないことは、ご了承ください。

いい口コミ・評判

エクストリムは安いと好評でした。

数少ない月額100円以下のサーバーです。

さらに、トラブルが少ないと評判でした。

Xserverと並んでエクストリムが評価されています。

悪い口コミ・評判

しかしながら、サーバー障害が起きているのでは?という口コミもありました。

安いからサーバートラブルが多いとはなりませんが、後述するように「稼働率未記載なので不安」はあります。

エクストリムの料金・キャンペーン

エクストリムの月額料金・キャンペーンをまとめました。

契約期間ライトベーシックビッグ
3年104円209円262円
2年108円230円314円
1年110円251円340円
6ヶ月168円303円403円
3ヶ月188円330円440円
1ヶ月242円330円440円
初期費用1,100円1,100円1,100円

非常に安い料金で使えるうえ、14日間の無料お試しキャンペーンが常時あります。

ただし、料金が安いとはいえ

  • ブログ未経験者
  • サーバー知識がない
  • ブログ収益化を考えている人

には向きません。

サーバー知識のないブログ未経験者が、アフィリエイト目的でブログをはじめるなら「WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ!」から最適なサーバーを探しましょう。

エクストリムのメリットデメリットをレビュー

エクストリムのライトプランを契約しました。

デモサイトを作りながら使って感じたメリットデメリットを正直にレビューします。

表示速度はあまり速くない

エクストリムの表示速度はあまり速くないです。

GTmetrixによるページ読み込み時間は1.8秒でした。

読み込み時間の理想は何秒でしょうか。

Amazonのマーケターも務めたNeil Patel(ニール・パテル)はこう言いました。

47% of consumers expect a web page to load in 2 seconds or less.(消費者の47%は、Webページが2秒以内に読み込まれることを期待しています。)

How Loading Time Affects Your Bottom Line

2秒以内でなければなりません。1.8秒のエクストリムは理想より速かったですね。でも他社と比較するとどうでしょう。

server-comparison-gtmetrix-lcp-graph

他社に比べるとかなり遅いと言えます。表示速度の結果をまとめると速くないものの遅くもない、格安サーバーにしては上出来といえます。

稼働率未記載で不安

エクストリムは稼働率が記載されていません。

稼働率とは、特定期間においてサーバーが正常に稼働した時間の割合。稼働率99.99%なら1年間(8,760時間)に1時間程度しかサーバー停止せず安定感が高いと言える。

基礎知識99.9%じゃ低い?レンタルサーバーの稼働率とは?

ですから、サーバーがどれだけ安定稼働しているか把握できません。ちょっと不安です。

契約したい人は直近のサーバー障害情報などをチェックしたほうがいいでしょう。

稼働率SLA
(品質保証制度)
障害
メンテナンス
記載なし記載なし障害情報
メンテナンス情報
  • 頻繁にサーバー障害が起きている
  • 1時間以上のサーバー停止が数回報告された

とすれば、不安定なサーバーと判断できるでしょう。

ブログ初期設定が面倒

エクストリムはブログ初期設定が面倒です。

WordPressをはじめるために必要な7つの設定をすべて自力でしなければなりません。

  • サーバー契約
  • ドメイン取得
  • SSL設定
  • データベース作成
  • WordPress設置
  • DNS設定
  • テーマテンプレートのインストール
  • 「こんなに多いの?」
  • 「それぞれがどんな設定かよくわからない」

と感じたなら、ブログをはじめるためググりながら設定するしかありません。サーバー知識がなければ1日ではむずかしいはず。

ブログ未経験者ほど、簡単に設定できるサーバーを使うほうがいいですね。むずかしい設定につまづくと、そのうちヤル気がなくなります。

そう考えると、ブログ初期設定が面倒なエクストリムはあまりおすすめできません。

ディスク容量が少ない

エクストリムはディスク容量が少ないのもデメリット。

ディスク容量とは、写真やテキストなどを含むブログデータ、メールの保管容量のこと。パソコンのHDDやSSDと同じ意味。

とくに、月額94円で使えるライトプランは少なめ。

スペックライトベーシックビッグ
ディスク容量2GB10GB20GB

では、実際ブログデータはどれくらいなのでしょうか。

Xserverのサーバーパネルに示されたディスク使用量

私が運営している2つのブログ(計150記事ほど)の場合、1240.4MBのディスク容量を使っていました。メールは一切使っていません。純粋にブログデータだけです。

もちろん、画像や動画がふえればディスク使用量はドンッとふえます。

もしエクストリムのライトプランだったら、そろそろ限界が見えてきた感じです。

エクストリムはディスク容量が少ないので、ときおり容量をチェックしなければなりません。

自動バックアップ機能が週1回または月1回

エクストリムは自動バックアップ機能が週1回または月1回。

しかもファイルマネージャから自分で設定しなければなりません。

あるいはプラグイン(WordPressの追加機能)などでバックアップしなければなりません。でも、これがむずかしい。何より復元がむずかしい。

  • 「むずかしいならバックアップしなければいいのでは?」
  • 「サーバートラブルなんて、めったに起きないでしょ?」

と思うかもしれませんが、データが消えたら元に戻せません。

ですから、ブログ運営にはバックアップは絶対に必要なこと。

とはいえ、自分でバックアップするのはむずかしく面倒なので、サーバー会社にお任せしたいところです。
エクストリムの場合、自動合バックアップはあるものの、自力で設定も必要です。

支払いの自動更新がない

エクストリムは支払いの自動更新が選べません。

自動更新が選べないため、支払いを忘れるとサーバーアカウントが削除されデータを失います。

ただ、3つの支払方法法があるので、希望する支払方法がないため断念することはないでしょう。

銀行振込入金確認後反映
クレジットカード払い即反映
コンビニ決済店頭支払い後反映。手数料220円

契約更新日の10日前・5日前・当日・1日後にお知らせメールが届くので、更新日の7日後までに支払いを済ませましょう。

銀行振込やコンビニ払いはクレジットカード払いに比べ、支払いの反映にタイムラグがあります。

ギリギリまで伸ばすと更新できなくなる可能性があるため注意してください。

エクストリムのスペック・仕様は低い

エクストリムのスペックと仕様は3つのプランで違いました。

プラン転送量容量MySQL数マルチドメイン数サブドメイン数無料SSL自動バックアップWordPress
インストール機能
WordPress
移行機能
ライト非公開2GB
超少ない
3305週1回または月1回
ベーシック非公開10GB5505週1回または月1回
ビッグ非公開20GB101005週1回または月1回

転送量は非公開のため、どれだけ転送できるか未知数です。

転送量とは、ブログを表示するときの通信量のこと。スマホのギガ(データ通信量)に近い意味。転送量が1日100GBのプランを借りれば、100GBを超えると日が変わるまでブログが表示されなくなる。

基礎知識【3分で理解できる!】レンタルサーバーの転送量とは?

たいていのサーバーは転送量非公開でも目安を載せてくれます。

エクストリムの場合は、目安すら分からないため不安です。

エクストリム まとめ

エクストリムは、デメリットが多いためおすすめできません。

次の人は、エクストリムではなく他社を選びましょう。

  • ブログ未経験者
  • ブログ収益化を考えている
  • ホームページを作りたい

最適なサーバーと選び方は関連記事で紹介しているので、チェックしてくださいね。