FC2レンタルサーバーLiteの評判・3個のメリットと6つのデメリット

2021年8月19日

運営者情報

webライターの「ひー」です。2017年にWordPressを始め、1年2ヶ月でブログ月収5万円達成。これまで14社のサーバーを使いました。

FC2レンタルサーバーLiteは、公式サポートを受けられない古いPHPバージョンがセキュリティリスクを伴うため、おすすめできないレンタルサーバーです。そのうえ、ディスク容量不足や自動バックアップ機能がないことなどデメリットがたくさんあります。

PHP

PHPとは、webページを作るために使われる言語の1つ。MySQLなどのデータベースと連携しやすく、WordPressの開発によく使われる。リリース後2年間はバグやセキュリティの公式サポートが続く。

とりわけ次の人はFC2レンタルサーバーをおすすめしません。

FC2レンタルサーバーLiteがおすすめでない人!
  • 集客・収益狙いのブログやアフィリエイトサイトを作りたい!
  • ポートフォリオや会社のホームページを安く作りたい!

メリットはないため WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ! から選びなおすのがおすすめです。

おトクなキャンペーン!

FC2レンタルサーバーLite キャンペーン

  • 期間:定めなし
  • 特典:14日間無料お試し

FC2レンタルサーバーLite はこちら。

この記事はFC2レンタルサーバーLiteの評判や口コミ、さらにメリットとデメリットを解説しました。

FC2レンタルサーバーLiteとは|こんな人におすすめのレンタルサーバー!

fc2-rentalserver-lite_eyecatch

FC2レンタルサーバーLiteは月額料金250円~で利用できる格安レンタルサーバーです。機能性やスペックが低いため、だれにもおすすめできません。

月額料金250円~
初期費用2,000円
ページ読み込み時間未計測
MySQL数1個
WordPress簡単インストールあり
自動バックアップなし
SSL無料
ディスク容量5GB
転送量無制限
※独占的な使用でサーバー負荷が上昇した場合、制限の可能性あり
※税込総額表示

FC2レンタルサーバーLiteの評判

FC2レンタルサーバーLiteは利用者が少ないため、評判や口コミがほとんどありません。

FC2レンタルサーバーLiteの評判・口コミ

FC2レンタルサーバーLiteのいい評判・口コミ

FC2レンタルサーバーLiteのいい評判・口コミはありません。

FC2レンタルサーバーLiteの悪い評判・口コミ

FC2レンタルサーバーLiteはPHPが古いと不評でした。

WordPressのテーマテンプレートは新しいPHPバージョンを使うよう推奨していることが多く、古いバージョンのFC2レンタルサーバーLiteでは誤作動を起こす場合があります。

FC2レンタルサーバーLiteの料金・キャンペーン

fc2-rentalserver-lite_plan

FC2レンタルサーバーLiteは月額料金250円~ではじめられます。契約期間で料金が変動します。

12ヶ月契約250円/月
6ヶ月契約250円/月
3ヶ月契約300円/月
1ヶ月契約300円/月
初期費用2,000円
※税込総額表示

契約月は月額料金が日割り計算されます。

おトクなキャンペーン!

FC2レンタルサーバーLite キャンペーン

  • 期間:定めなし
  • 特典:14日間無料お試し

FC2レンタルサーバーLite はこちら。

FC2レンタルサーバーLiteの3つのメリットをレビュー

FC2レンタルサーバーLiteの3つのメリットをレビューします。

月額料金が安い

fc2-rentalserver-lite_plan

FC2レンタルサーバーLiteは月額料金が安いのがメリットです。他社と比べましょう。

レンタルサーバー料金プラン月額料金
FC2レンタルサーバーLite250円~
ConoHa WINGベーシック836円~
XserverX10792円~
ロリポップハイスピード550円~
mixhostスタンダード968円~
さくらのレンタルサーバスタンダード436円~
※税込総額表示

月額料金が安いと、ブログ運営の黒字化を達成しやすくなります。サーバー代が安いおかげで、WordPressの有料テーマやブログを学べる本を買う資金も残りやすいです。

無料SSL対応

fc2-rentalserver-lite_ssl

FC2レンタルサーバーLiteは無料独自SSLに対応しているのがメリットです。

SSLとは、暗号化によるサイトセキュリティの1つ。SSL化されたサイトのURLは「http://」から「https://」に変わる。SSL化はSEOにも影響する重要な要素で、ブログ運営に欠かせない。

FC2レンタルサーバーLiteは無料独自証明書の Let’s Encryptレッツ エンクリプト を利用できます。これは他社サーバーもよく使う無料SSLです。無料サーバーを含めほとんどのサーバーが無料SSLが利用できるため、FC2レンタルサーバーLiteで無料SSLが使えるとしても大きなメリットではありません。

FC2レンタルサーバーLiteでSSL化する方法はワンクリック操作です。FC2レンタルサーバーLite管理画面の[ HTTPS配信管理 ]から[ 無料SSL/TLS証明書を発行する ]をクリックします。

WordPress簡単インストール機能がある

fc2-rentalserver-lite_instarll

FC2レンタルサーバーLiteはWordPress簡単インストール機能があるのがメリットです。

wordpress-easy-install

WordPress簡単インストール機能とは、WordPressに必要はデータベース作成やWordPressシステムの設置がワンクリックで終わる機能。ほとんどの国内サーバーで利用できる。
しかし、ドメイン関連の設定など基本的で欠かせない設定の多くは、自分でしなければならない。

WordPressに欠かせないデータベースは自動生成されます。事前準備は必要ありません。

データベースとは、WordPressブログに必要なデータをまとめたもの。電話帳のように必要な情報が整理されている。WordPressはデータベースがないと作られない。代表的なデータベースMySQLマイエスキューエルである。

WordPress簡単インストール機能は、無料サーバーでも利用できます。ただし、無料サーバーや他の格安サーバーではデータベースを事前準備しておかないとWordPress簡単インストール機能を使えません。例えば、XREAやバリューサーバーがこのような仕様です。

ですから、他社サーバーに比べFC2レンタルサーバーLiteは同じ機能も使いやすくなっています。

FC2レンタルサーバーLiteの6つのデメリットをレビュー

FC2レンタルサーバーLiteの6つのデメリットをレビューします。

PHPバージョンが古い

fc2-rentalserver-lite_php

FC2レンタルサーバーLite最大のデメリットはPHPバージョンが古いことです。公式サポートが終了したPHPバージョンしか利用できません。そのため、バグやセキュリティリスクが改修されないまま利用することになります。

ブログは世界とインターネットでつながるツールで常にセキュリティリスクにさらされているので、古いPHPバージョンは使うべきではありません。大手サーバーはPHP公式サポートの受けられるバージョンを導入しています。

レンタルサーバー料金プランPHPバージョン
FC2レンタルサーバーLite7.0
ConoHa WINGベーシック7.4
XserverX107.4
ロリポップハイスピード7.4
mixhostスタンダード7.4
さくらのレンタルサーバスタンダード7.4

また、別の問題としてPHPバージョンが古いと一部のWordPressテーマを利用できない場合があります。というのも、そもそもWordPressが公式に推奨するPHPバージョンは7.4以上です。PHPを動かせるサーバーなら動作はするものの推奨されるのは7.4以上なのでFC2レンタルサーバーLiteでは不具合の発生する可能性は高くなります。

注意: 古いバージョンの PHP や MySQL しか使えない古い環境にいる場合でも、WordPress は PHP 5.6.20以上及び MySQL 5.0以上で動きます。しかしこれらの古いバージョンは既に公式でサポートが終了しており、サイトを脆弱性にさらす危険性があります

要件|WORDPRESS.ORG

独自ドメインがもらえない

fc2-rentalserver-lite_domain

FC2レンタルサーバーLiteは独自ドメインがもらえないのがデメリットです。

original-domain

独自ドメインとは、世界に1つしか存在しないドメイン。当サイトは「mvno-osusume.com」という独自ドメインを使っている。WordPressブログには独自ドメインを使うのが一般的。

レンタルサーバー料金プラン独自ドメイン
FC2レンタルサーバーLiteもらえない
ConoHa WINGベーシック2個永久無料*
XserverX101個永久無料*
ロリポップハイスピード1個永久無料*
mixhostスタンダード1個永久無料*
さくらのレンタルサーバスタンダードもらえない
*キャンペーンに限る

大手レンタルサーバーであれば、独自ドメインをもらえることがほとんどです。また格安サーバーでも1年無料などのキャンペーンがたまに実施されます。独自ドメインは年間1,200円の更新料がかかります。FC2レンタルサーバーLiteで独自ドメインを使いたいなら自分でドメイン代を負担せねばなりません。

ディスク容量が非常に少ない

fc2-rentalserver-lite_spec

FC2レンタルサーバーLiteはディスク容量が非常に少ないのがデメリットです。

server-capacity

ディスク容量とは、サーバーのデータ保存容量のこと。容量が多いほど画像やテキストなどのブログデータ、メールデータをたくさん保管できる。パソコンのHDDやSSD、スマホの内部ストレージと同じ意味。

大手サーバーとディスク容量を比べましょう。

レンタルサーバー料金プランディスク容量
FC2レンタルサーバーLite5GB
ConoHa WINGベーシック300GB
XserverX10300GB
ロリポップハイスピード320GB
mixhostスタンダード250GB
さくらのレンタルサーバスタンダード100GB

FC2レンタルサーバーLiteほどディスク容量が少ないと、画像の多いサイトやポートフォリオには向きません。テキストメインのサイトなら問題ないでしょう。

2つのブログ合わせ120記事ほどのサーバーのディスク容量は1240.4MBでした。つまり1記事10MBです。5GBなら単純計算600記事ほど書けることになります。

自動バックアップ機能がない

FC2レンタルサーバーLiteは自動バックアップ機能がないのがデメリットです。バックアップはFTPソフトなどを使った専門的な方法しかありません。手動で行う作業のため手間がかかるうえ、ブログ未経験者はむずかしいでしょう。かと言ってバックアップしないままブログ運営を続けると、もしものトラブル時に復元できません。

きちんと自動バックアップ機能のあるサーバーを選びましょう。

稼働率非公開

FC2レンタルサーバーLiteは稼働率非公開なのがデメリットです。

server-occupancy

稼働率とは、サーバー稼働時間のうちトラブルなく正常稼働した時間の比率。稼働率99.99%は、1年間(8,760時間)のうち1時間ほどしか停止せず、残りは正常稼働したことを示す。

99.9%じゃ低い?レンタルサーバーの稼働率とは?

稼働率が非公開なため、どこまで安定したサーバーなのか知れません。ただ、稼働率は大手サーバー以外は公開していないことがほとんどです。ですからサーバー業界の中ではめずらしくないものの、やはり数値で確認できず不安です。

初期費用がかかる

fc2-rentalserver-lite_plan

FC2レンタルサーバーLiteは初期費用がかかるのがデメリットです。契約初期に1度だけかかる費用ですが、最近は初期費用無料サーバーも増えています。

レンタルサーバー料金プラン初期費用
FC2レンタルサーバーLite2,000円
ConoHa WINGベーシック無料
XserverX103,300円
ロリポップハイスピード無料
mixhostスタンダード無料
さくらのレンタルサーバスタンダード1,048円
※税込総額表示

FC2レンタルサーバーLiteに関するよくある質問

FC2レンタルサーバーLiteに関するよくある質問に答えました。

FC2レンタルサーバーLiteはWordPressを使える?

はい、FC2レンタルサーバーLiteはWordPressを使えます。

自動インストール機能を使って簡単にインストールできるため、ブログ未経験者もインストールは苦労せずできるはずです。ただし、独自ドメインを使ったブログ運営をしたいなら、独自ドメインの取得やDNS設定などを自力でしなければなりません。未経験者にはハードルが高いので、もっと簡単にできるサーバーを WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ! から探すのがおすすめです。

FC2レンタルサーバーLiteは独自SSLを使える?

はい、FC2レンタルサーバーLiteは無料独自SSLを使えます。

無料独自SSL証明書のLet’s Encryptをワンクリック操作で導入できます。しかし企業認証やEV認証などは使えません。そのため企業向けのホームページ作りには向いていません。

FC2レンタルサーバーLiteは料金は安い?

FC2レンタルサーバーLiteは料金が安いもののコスパは悪いです。

月額料金250円から利用できますが、ディスク容量が少なかったり独自ドメインがもらえなかったりします。そのためブログ運営にかかる費用が結局高かったり、余計な手間がかかったりします。同価格帯で優秀なサーバーはほかにあるため WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ! から探しましょう。

まとめ

FC2レンタルサーバーLiteはPHPバージョンが古くおすすめできないレンタルサーバーでした。メリットよりもデメリットが多いサーバーです。口コミや評判もほとんど見当たりません。

マイナーなサーバーより人気でハイスペックなサーバーやコスパに優れたサーバーを使うほうが、ブログ運営はスムーズにすすみ後悔しません。関連記事から最適なサーバーを探しましょう。