プロが解説!hetemlの評判・5メリット5デメリット

2021年8月19日

運営者情報

webライターの「ひー」です。2017年にWordPressを始め、1年2ヶ月でブログ月収5万円達成。これまで14社のサーバーを使いました。

12社を超えるサーバーを使った経験上、hetemlヘテムルは際立つ特徴のないレンタルサーバーでおすすめできません。他社サーバーに勝るhetemlを選ぶメリットがありません。そのため口コミや評判も少ないのが現状です。

hetemlがおすすめでない人!
  • 集客・収益狙いのブログ・アフィリエイトサイトを作りたい!
  • ポートフォリオやホームページを作りたい!
  • ブログ未経験者だけど今すぐWordPressワードプレスブログをはじめたい!
hetemlがおすすめでない理由!
  • 同価格帯サーバーに比べ転送量が少ないから。
  • ポートフォリオやホームページにしては月額料金が割高だから。
  • ブログ未経験者でも簡単に10分ではじめるられるConoHa WINGコノハウィングが優秀だから。

hetemlはGMOペパボ株式会社が運営する超高速レンタルサーバーです。同社は格安レンタルサーバーの ロリポップ やドメイン取得サービスの ムームードメイン を運営しています。

hetemlはSSDを採用しブログの表示速度に定評はあるものの、昨今のレンタルサーバー業界はSSD採用が当たり前になってきました。そのうえ採用されるCPUやメモリは他社の高速サーバーに負けています。速さでhetemlを選べません。

稼働率99.99%を実現しており安定したブログ運営ができます。ただし稼働率99.99%の実績や品質保証をしてくれるレンタルサーバーも多いです。稼働率でも選べません。

稼働率

稼働率とはサーバーが停止せずに正常稼働している時間を示した指標。稼働率99.99%サーバーは1年間(8,760時間)でわずか1時間しか停止しない。サーバー停止するとブログにアクセスできず集客・収益効率が下がるため、サーバー選びの重要な要素である。

ただし、hetemlは次の人におすすめします。

hetemlはこんな人におすすめ!

hetemlで借りたサーバーの余った容量にパソコンのデータを預けたい!

hetemlがおすすめな理由!

WebDAVウェブダブ機能のおかげでパソコン上でファイル共有や編集ができるから。

余ったサーバーの容量をDropboxドロップボックスやGoogleドライブの代わりに使えるのはありがたいです。WebDAV機能付きのサーバーは少ないため、hetemlを選ぶ価値があります。とはいえブログ運営そのものと関係ない機能なので、WebDAV機能だけで選ぶのはやめましょう。

失敗しないサーバーの選び方とおすすめサーバーは WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ! で解説しました。

おトクなキャンペーン!

heteml キャンペーン

  • 期間:定めなし
  • 特典:15日間無料お試し

この記事でhetemlの評判や口コミ、メリットデメリットを他社比較しながら徹底解説します。

hetemlとは|こんな人におすすめのレンタルサーバー!

hetemlは月額料金880円で利用できる超高速サーバー。データベース数に応じ70個のWordPressブログを開設できます。

月額料金880円(ベーシックプラン)
初期費用2,200円
ページ読み込み時間未計測
データベース数70個
WordPress簡単インストールあり
自動バックアップあり(復元5,500円)
無料SSLあり
ディスク容量200GB(ベーシックプラン)
転送量160GB/日(ベーシックプラン)
※税込総額表示
hetemlはこんな人におすすめ!

hetemlで借りたサーバーの余った容量にパソコンのデータを預けたい!

hetemlの評判

hetemlの評判をまとめました。

hetemlの評判・口コミ

hetemlのいい評判・口コミ

hetemlはメールフォームの自動返信が優秀と評判でした。

自動返信で紹介されるマニュアルで解決できれば電話するより早いです。的確なマニュアルを提示してくれるのは便利です。

サーバー移転が楽と評判でした。

すでに運営しているサイトを別のサーバーに移すのは時間のかかる大変な作業でした。そもそも知識がなければ実行できません。しかし、ワンクリックでサーバー移転ができるなら正直だれでもできますよね。

hetemlの悪い評判・口コミ

hetemlは表示速度が遅いと不評でした。とりわけ競合サーバーのXserverより遅いという口コミが多いです。

hetemlは公式サイトトップページで”超高速”をうたうだけに表示速度の口コミが悪いのは残念です。

hetemlの料金・キャンペーン

hetemlは月額料金880円から利用できます。

契約期間ベーシックプランプラスプラン
36ヶ月880円1,760円
24ヶ月935円1,870円
12ヶ月792円1,980円
6ヶ月1,100円2,200円
3ヶ月1,210円2,420円
初期費用2,200円2,200円
※税込総額表示

hetemlでは以下のキャンペーンが実施されています。

おトクなキャンペーン!

heteml キャンペーン

  • 期間:定めなし
  • 特典:15日間無料お試し

hetemlのメリットをレビュー

hetemlの5つのメリットをレビューします。

14日分の自動バックアップ

hetemlは最大14日分を自動バックアップしてくれるのがメリットです。自動バックアップなので自分でバックアップ設定する必要はありません。ブログ未経験者でも安心です。

自動バックアップを大手レンタルサーバーと比較しました。

レンタルサーバー料金プラン自動バックアップ
hetemlベーシック14日分
ConoHa WINGベーシック14日分
XserverX10Web・メールデータ:7日分
MySQLデータベース:14日分
ロリポップハイスピード7世代
mixhostスタンダード14日分
さくらのレンタルサーバスタンダード8世代

バックアップ期間は大手レンタルサーバーに負けていません。

無料SSL対応

hetemlは無料SSLが使えるのがメリットです。料金プランに関わらずLet’s Encryptレッツ エンクリプトの無料SSLが利用できます。

SSL

SSLは暗号化によるサイトセキュリティ。SSL化されたサイトのURLは「http://~」から「https://~」に変わる。SSL化はSEOにも影響する重要な要素でブログ運営に欠かせない。

ただ、無料SSLは無料レンタルサーバーでも使えるため、大きなメリットとは言えません。

WebDAV機能

hetemlはWebDAV機能が使えます。

WebDAV

WebDAVはサーバー上のファイル編集や読み取りを、特別なソフトを使わずパソコン上で操作できる仕組み。レンタルサーバーの余った容量をオンラインストレージとして簡単に活用できる。

実はWebDAVを使えるサーバーは多くありません。大手レンタルサーバーでも少ないです。

hetemlWebDAV利用可能
ConoHa WING利用できない
Xserver利用できない
ロリポップWeBDAV利用可能
mixhostWebDAV利用可能
さくらのレンタルサーバ利用できない

WebDAVは限られたサーバーしか提供されていないため、この機能が使えるhetemlの大きなメリットと言えます。

メルマガ作成可能

hetemlはメルマガ作成できるのがメリットです。メルマガ機能は大手レンタルサーバーより優れています。

レンタルサーバー料金プランメルマガ件数登録数/件
hetemlベーシックメルマガ最大15個1,000件
ConoHa WINGベーシック利用できない利用できない
XserverX10メルマガ最大10個1,000件
ロリポップハイスピードメルマガ最大10個500件
mixhostスタンダード利用できない利用できない
さくらのレンタルサーバスタンダード推奨していない推奨していない

メルマガ作成できるサーバーはそれほど多くありません。それで、メルマガ機能を使いたい場合、hetemlはいい選択肢になります。

WAFで優秀なセキュリティ

hetemlはWAFワフを使えるためセキュリティが優秀です。

WAF

WAFはWebアプリケーションファイアウォール。ウェブサイトを不正攻撃から守る。XserverやConoHa WINGなど大手レンタルサーバーで導入されている。

大手レンタルサーバーであれば対応している場合が多いです。

レンタルサーバー料金プランWAF
hetemlベーシックWAFあり
ConoHa WINGベーシックWAFあり
XserverX10WAFあり
ロリポップハイスピードWAFあり
mixhostスタンダードWAFあり
さくらのレンタルサーバスタンダードWAFあり

しかし、格安レンタルサーバーや無料レンタルサーバーの多くはWAFが導入されていません。

hetemlのデメリットをレビュー

hetemlの5つのデメリットをレビューしました。

月額料金が高い

hetemlは月額料金が高いのがデメリットです。大手レンタルサーバーと料金を比較しましょう。

レンタルサーバー料金プラン月額料金
hetemlベーシック880円~
ConoHa WINGベーシック836円~
XserverX10792円~
ロリポップハイスピード550円~
mixhostスタンダード968円~
さくらのレンタルサーバスタンダード436円~
※税込総額表示

最高値でないものの月額料金は決して安くありません。そのうえ、これら比較した大手レンタルサーバーに比べ機能性で劣る面も多いです。そのため、コスパで考えるとhetemlは月額料金が高くなります。

初期費用がかかる

hetemlは初期費用がかかるのがデメリットです。

レンタルサーバー料金プラン初期費用
hetemlベーシック2,200円
ConoHa WINGベーシック無料
XserverX103,300円
ロリポップハイスピード無料
mixhostスタンダード無料
さくらのレンタルサーバスタンダード1,048円
※税込総額表示

初期費用のかかるサーバーは多いものの、ConoHa WINGやmixhostのように料金プランにかかわらず初期費用無料のサーバーも出てきました。比較すると初期費用がかかるのは損です。

また、ブログ運営はサーバー代のほかにドメイン代やWordPressテーマテンプレートの購入などに費用がかかります。少しでも初期費用を抑えたいので、月額料金以外に負担を強いられるhetemlはデメリットです。

ディスク容量が少ない

hetemlはディスク容量が少ないです。

ディスク容量

ディスク容量とは保存容量のこと。容量が多いほど画像やテキストなどのブログデータ、メールをたくさん保管できる。パソコンのHDDやSSD、スマホの内部ストレージと同じ意味。

大手レンタルサーバーと比べました。

レンタルサーバー料金プランディスク容量
hetemlベーシック200GB
ConoHa WINGベーシック300GB
XserverX10300GB
ロリポップハイスピード320GB
mixhostスタンダード250GB
さくらのレンタルサーバスタンダード100GB

hetemlのベーシックプランより安いロリポップのハイスピードプランのほうがディスク容量が多いですよね。やはりhetemlのコスパはよくありません。

もちろん実際にブログ運営で使うディスク容量は非常に少ないです。2つのブログ合計120記事を収容するサーバーのディスク使用量は1240.4MBでした。

そのため、hetemlのディスク容量200GBでブログ運営に支障はありません。とはいえ、WebDAV機能でオンラインストレージ代わりに使えるように設計された以上、もう少しディスク容量が欲しいと感じました。

転送量が少ない

hetemlは転送量が少ないのがデメリットです。

転送量

転送量とはブログを表示するときの通信量のこと。スマホのギガ(データ通信量)に似ている。1日100GBの転送量のサーバーなら、100GBを超えるとアクセス制限される場合がある。

基礎知識【3分で理解できる!】レンタルサーバーの転送量とは?

レンタルサーバー料金プラン転送量
hetemlベーシック160GB/日
ConoHa WINGベーシック27TB/月
XserverX10300GB/日
ロリポップハイスピード600GB/日
mixhostスタンダード18TB/月
さくらのレンタルサーバスタンダード700GB/日

他社に比べると転送量はかなり少ないです。ブログ開設初期はアクセスが少ないため、転送量は問題になりません。しかしブログアクセスが増えると転送量が不足します。プラン変更できないhetemlのベーシックプランでは転送量が不足するとサーバーの引っ越しが必要です。

引っ越しが必要なら WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ! をお読みください。

バックアップ復元が有料

hetemlはバックアップ復元が有料です。

レンタルサーバー料金プランバックアップ復元
hetemlベーシック5,500円
ConoHa WINGベーシック無料
XserverX10無料
ロリポップハイスピード11,000円
mixhostスタンダード無料
さくらのレンタルサーバスタンダード無料
※税込総額表示

無料で復元できるサーバーに比べると損ですよね。

hetemlに関するよくある質問

hetemlに関するよくある質問に答えました。

hetemlはプラン変更できる?

いいえ、hetemlはプラン変更できません。

契約中にプラン変更したい場合は、もう1つのプランを新規契約しデータ移行します。

hetemlは独自ドメインを取得できる?

いいえ、hetemlでは独自ドメインを取得できません。

独自ドメインを利用したい場合、運営会社の同じムームードメインがおすすめです。ブログ運営に不可欠なドメインとサーバーの紐づけが簡単にできます。

hetemlはWordPress簡単インストール機能はある?

はい、hetemlはWordPress簡単インストール機能があります。

WordPress簡単インストール機能のおかげで、むずかしい作業なくWordPressを設置できます。ただし、ブログ運営に必要な独自ドメインの取得やドメインとサーバーの紐づけ作業は自分で設定しなければなりません。

ブログ未経験者なら簡単にブログをはじめられるサーバーを探しましょう。WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ! をお読みください。

まとめ

hetemlは月額料金が高い割に大きなメリットがなく、おすすめできないレンタルサーバーでした。

WebDAV機能があるためサーバーのディスク容量を無駄なく使えます。ブログ運営と合わせてオンラインストレージ代わりに使えるサーバーを探している人には、価値あるサーバーです。

集客・収益目的のブログやアフィリエイトサイト、名刺代わりになるポートフォリオやホームページを作りたいなら関連記事をお読みください。最適なサーバーを選び方と共に提案しました。