WordPressおすすめレンタルサーバー7選 →

画像付き!リトルサーバーの始め方【WordPress開設7ステップ】

little-server_start_eyecatch
ひーちゃん@ライター

14社のサーバー利用経験があるブロガー・ライター。WordPress開設1年2ヶ月で月50,000円達成。

ひーちゃん@ライターをフォローする

この記事ではリトルサーバーのWordPress始め方を7ステップで解説しました。ブログ未経験者も確実に始められるよう画像付きで手順を紹介します。

ひーちゃん
ひーちゃん

さっそく リトルサーバー でWordPressを始めましょう。

  • 特典:20日間無料お試し
\ 終了日未定、だから今がチャンス! /

リトルサーバーの始め方【WordPress開設7ステップ】

little-server_start_step

リトルサーバー7ステップでWordPressブログをはじめられます。

もっと簡単に開設できるサーバーを探しているなら WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ! をお読みください。

リトルサーバーの契約・申込

リトルサーバーの契約・申込
  • STEP.1
    リトルサーバー公式サイトにアクセス

    まずはリトルサーバーにアクセスします。

    リトルサーバーはこちら。

    little-server_start1

    「無料お試しお申し込み」をクリックします。

  • STEP.2
    利用規約に同意
    little-server_start2

    利用規約に同意し、無料で試します。

  • STEP.3
    お客さま情報の入力
    little-server_start3

    連絡先メールアドレスに仮登録メールが届きます。いつも使っているメールアドレスを指定するのが便利です。

    リトルサーバーからのメールが迷惑メールに振り分けられないよう注意してください。

  • STEP.4
    料金プランの選択
    little-server_start4

    4つの料金プランから選びます。

    後ほどプラン変更できるため、迷ったらミニプランでもいいでしょう。ただし下位プランへの変更はできません。

  • STEP.5
    サーバー情報の入力
    little-server_start5

    以下3つのサーバー情報を入力します。

    • 希望ユーザーID
    • 希望アカウント
    • パスワード:複雑にしましょう。

    ユーザーIDとパスワードは、リトルサーバーのログイン時に使います。

  • STEP.6
    入力内容の確認
    little-server_start6

    名前やプランなど入力した内容に間違いがないかチェックしてください。正しければ「上記の内容で送信」します。

  • STEP.7
    登録メールに申込受付を受信
    little-server_start7

    STEP.3で指定した連絡先メールアドレスに、リトルサーバーから申込受付を受信しました。この時点では申込は完了していません。

    メール内のURLをクリックしましょう。

    リトルサーバーからメールが届いていなければ、迷惑メールに振り分けられているかもしれません。

  • STEP.8
    リトルサーバー無料お試し申込完了
    little-server_start8

    これで リトルサーバー の無料お試しに申し込めました。

  • STEP.9
    リトルサーバー仮登録完了
    little-server_start9

    リトルサーバーの仮登録完了メールが届きます。

リトルサーバーの仮登録が完了したら、続いてドメイン取得に移りましょう。

ひーちゃん
ひーちゃん

リトルサーバーの画面は消してもかまいません。

後ほどSTEP.9で受け取ったメールアドレスから、コントロールパネルにログインしましょう。

ムームードメインで独自ドメイン取得&DNS設定

リトルサーバー の仮登録が完了したので、ムームードメイン独自ドメインを取得します。同時にDNS設定も実施しましょう。

ムームードメインはこちら。

独自ドメインは世界に1つしか存在しないドメイン。例えば、このブログは[ mvno-osusume.com ]という独自ドメインが使われている。WordPressブログ運営で1つ必要になる。

DNS設定とは独自ドメインとサーバーを紐づける作業。DNS設定をしないとブログが表示されない。

ムームードメインで独自ドメイン取得&DNS設定
  • STEP.1
    欲しいドメインの入力
    mumu-domain_domain_get1

    取得したいドメインを入力します。

    ドメインはブログやあなたに関係するネーミングがおすすめです。たとえば「スポーツ」系ブログなら「sports」を含められます。ただ、違うジャンルのブログにしたいとき、内容とドメインが合わなくなるので注意してください。

    日本語ドメインはおすすめしません。URLが意味のない文字の羅列となり怪しまれるからです。

    思いつく文字を入力してみましょう。

  • STEP.2
    トップレベルドメインの選択
    mumu-domain_domain_get2

    ドメインを入力すると、トップレベルドメインが選択できるようになります。

    トップレベルドメインとは、「.com」「.net」などドメイン最後尾の文字列のこと。トップレベルドメインにより、取得料金や更新料金が変わる。

    選べるものは「カートに追加」と表示されます。「取得できません」と表示されるのは、他の人がすでに使っているからです。

    気に入ったトップレベルドメインがあれば「カートに追加」してください。

  • STEP.3
    追加したドメインの申込
    mumu-domain_domain_get3

    カートに追加したドメインと料金が表示されました。これは取得費用です。国新料金ではありません。

    「お申し込みへ」にすすみます。

  • STEP.4
    ドメイン設定&DNS設定
    mumu-domain_domain_get4

    2つのドメイン設定をします。

    • WHOIS公開情報:名前を一般公開したくないなら、ムームードメインが代行してくれる「弊社の情報を代理公開する」を選びます。
    • ネームサーバー(DNS):GMOペパボ以外のサービス

    GMOペパボ以外のサービスにすると、ネームサーバー1とネームサーバー2が表示されます。ここにリトルサーバーのネームサーバーを入力します。

    • ns1.lsv.jp
    • ns2.lsv.jp

    ネームサーバーは2つとも入力してください。

    有料オプションサービスは選ぶ必要ありません。クーポンコードもなしでO.Kです。

  • STEP.5
    支払情報の入力
    mumu-domain_domain_get6

    即時支払いされるクレジットカード払いがおすすめです。

    入力できたら「次のステップへ」にすすみましょう。

  • STEP.6
    入力内容の確認と利用規約の同意
    mumu-domain_domain_get7

    入力内容に間違いがなく、利用規約に同意できるならチェックを入れます。

    「取得する」をクリックしましょう。次の画面が表示されるので10秒ほど待ってください。

    mumu-domain_domain_get8

    これでドメイン取得が完了しました。

    mumu-domain_domain_get9
ひーちゃん
ひーちゃん

独自ドメイン取得とDNS設定が完了しました!

再びリトルサーバーにアクセスし、残りの作業をすすめましょう。

リトルサーバーでドメイン設定

リトルサーバー取得したドメインを設定します。

リトルサーバーでドメイン設定
  • STEP.1
    仮登録完了メールからコントロールパネルにログイン
    little-server_start9

    リトルサーバー仮登録メールから、コントロールパネルにログインしましょう。ログイン時にユーザーIDとパスワードが必要です。

    コンパネURLをクリックします。

  • STEP.2
    ログイン
    little-server_start10a

    ユーザーIDとパスワードを入力し「ログイン」してください。

    little-server_start11

    パネルホーム(初期画面)が表示されました。

  • STEP.3
    各種設定から「ドメイン設定」を選択
    little-server_start12

    ドメイン設定を選択すると、ドメインが入力できるようになります。取得したドメインを打ち込んでください。スペルを間違わないよう気を付けます。

    入力できたら「ドメインを追加する」をクリックしましょう。

    little-server_start13

    操作の完了に追加したドメインが表示されました。

リトルサーバーでMySQLデータベース作成

リトルサーバーMySQLデータベースを作成します。データベースを作らないとWordPressをインストールできません。

データベースとは、WordPressブログに必要なデータをまとめたもの。電話帳のように必要な情報が整理されている。WordPressはデータベースがないと作れない。よく使われるデーターベースはMySQLマイエスキューエルである。

リトルサーバーでMySQLデータベース作成
  • STEP.1
    各種設定から「データベース」選択
    little-server_start14

    各種設定から「データベース」にすすみます。「データベース作成」をクリックしてください。

  • STEP.2
    データベースユーザーの設定

    データベースユーザー名はすでに決まっています。データベースパスワードを作りましょう。複雑にしてください。

  • STEP.3
    データベース名を設定
    little-server_start16

    データベース名を設定します。何でもかまいません。

    ブログのドメインと似たデータベース名にするのがおすすめです。どのデータベースにどのブログデータが入っているのか分かりやすいからです。

    データベース名を入力したら「データベース作成」をクリックします。

    little-server_start17

    画面が切り替わり、「データベースを作成しました」に表示されるようになりました。

リトルサーバーでWordPress簡単インストール

データベースが作成できたら、いよいよWordPressをインストールします。

リトルサーバーでWordPress簡単インストール
  • STEP.1
    各種設定から「簡単インストール」をクリック
    little-server_start15a

    各種設定から「簡単インストール」をクリックすると、インストールできるシステムが7種類表示されました。

    選ぶのは最上段にあるWordPressです。

    2段目のWordPressインストールは初心者向けです。操作が簡単なものの、URLの末尾に「/wp」が追加されます(現在は選択仕様に変更)。せっかく作った独自ドメインに余計な文字が付くので注意してください。

    WordPressの「インストール」をクリックしましょう。

  • STEP.2
    ドメイン先を指定
    little-server_start18

    どのドメインにインストールするか決めます。登録した独自ドメインを選びましょう。

    選んだら「次ページへ進む」をクリックします。

  • STEP.3
    インストール先ディレクトリを指定
    little-server_start19

    インストール先デレクトリを指定します。

    深く考えず表示されるままにすすめて問題ありません。「次ページへ進む」をクリックします。

  • STEP.4
    データベースを指定
    little-server_start20

    データベースとテーブル接頭辞を指定します。

    リトルサーバーでデータベース作成 で作ったデータベースを選びましょう。テーブル接頭辞は何でもかまいません。ランダムに表示されるので、そのままでO.K.です。

    「次ページへ進む」をクリックします。

  • STEP.5
    内容確認とインストール
    little-server_start21

    インストール内容を確認し、どちらの表示URLにするか選びます。

    URLは短いほうがおすすめです。「/wordpress」を選ぶメリットがありません。短いほうが見やすいです。

    内容確認とURLを選択したら「インストール」をクリックします。

  • STEP.6
    WordPressインストール完了
    little-server_start22

    WordPressをインストトールできました。

    最終設定のためURLをクリックしてください。

  • STEP.7
    WordPressの必要情報の入力
    little-server_start23

    以下5つの必要情報を入力またはチェックしてください。

    • サイトのタイトル
    • ユーザー名
    • パスワード:なるべく複雑にしましょう。
    • メールアドレス:アドレスの間違いに注意します。
    • 検索エンジンでの表示:チェックしないと検索しても表示されません!

    入力内容でよければ、「WordPressをインストール」をクリックします。これでリトルサーバーでのWordPressインストール作業は完了です。

ひーちゃん
ひーちゃん

WordPessブログはすぐにはじめられる状態ですが、セキュリティのためSSL設定もしておきましょう。

無料お試し終了後リトルサーバーでSSL設定

WordPressを設置できたらSSL設定をします。

SSLは暗号化によるサイトセキュリティの1つ。SSL化されたサイトのURLは「http://~」から「https://」に変わる。SSL化はSEOにも影響する重要な要素で、ブログ運営に書かせない。

ただし、リトルサーバーお試し期間中はSSL化できません。20日後にSSL化しましょう。

リトルサーバーでSSL設定
  • STEP.1
    上級者設定のLet’s Encryptから申請
    little-server_start26

    上級者設定の「Let’s Encrypt」をクリックします。

    Let’s Encryptレッツ エンクリプトとは無料のSSLサーバー証明書の1つ。2019年6月時点において世界で1億枚以上のSSL証明書を発行。多くのサーバーで無料SSL化のために証明書として使われている。

    表示された対象ドメインから、独自ドメインを選び「申請」してください。

    なお、初期ドメインはSSL化できません。画像では「.lsv.jp」が初期ドメインです。

  • STEP.2
    処理完了まで数十秒待つ

    Let’s Encryptは申請して数十秒ほど待てば処理が完了します。

    サーバー側のSSL設定が完了しました。

    ひーちゃん
    ひーちゃん

    WordPressのSSL設定も必要です。

  • STEP.3
    WordPressにログイン

    WordPressにログインしましょう。

    リトルサーバーでWordPress簡単インストール のSTEP.7で作ったユーザー名とパスワードを入力しログインします。

  • STEP.4
    設定の「一般」を選択

    ログインできたら設定の「一般」をクリックします。

  • STEP.5
    WordPressアドレスとURLアドレスに「s」を追記

    一般設定にある、WordPressアドレスとサイトアドレス両方に「s」を追記してください。

    追記するのは「http」「://」の間です。ここに追記し「https://~」としましょう。sの追記場所を絶対に間違えないよう気を付けてください。

リトルサーバーからLet’s Encryptの発行申請をしてから、WordPressでsを追記しSSL設定を完了させましょう。

WordPressにテーマインストール

WordPressにテーマをインストールしましょう。

WordPressテーマとは、WordPressブログのデザインを変えるテンプレートツール。1万円を超える有料テーマも、だれでも自由に使える無料テーマもある。

以下の無料テーマがおすすめです。

ひーちゃん
ひーちゃん

このブログはCocoonです。

ここではCocoonテーマのインストール方法を解説します。

Cocoonの評判 はこちら。

Cocoonテーマのインストール
  • STEP.1
    Cocoonテーマのダウンロード

    Cocoon公式サイトの[ダウンロード]からテーマをダウンロードします。

  • STEP.2
    「親テーマ」と「子テーマ」をダウンロード

    [”Cocoonテーマ”をダウンロード]から親テーマを、つぎに[”Cocoon子テーマ”をダウンロード]から子テーマをダウンロードしましょう。

    親テーマと子テーマの2つをセットでWordPressにインストールしなければなりません。必ず2つダウンロードしましょう。

  • STEP.3
    WordPressの外観にある「テーマ」からテーマ変更

    リトルサーバーで作ったWordPressブログにアクセスしてください。

    [ダッシュボード]→[外観]→[テーマ]とすすみ、テーマ変更します。

  • STEP.4
    親テーマの「新規追加」~テーマの「有効化」

    テーマの[新規追加]をクリックしてください。

    画面が切り替わったら[テーマのアップロード]をしましょう。

    [ファイルを選択]からアップロードしたいCocoonテーマを選びましょう。

    「STEP.2」でダウンロードしたCocoonをインストールします。

    まず親テーマをインストールしなければなりません。

    masterのzipファイルを選択。

    Cocoonのzipファイルが選択したら[今すぐインストール]をクリックしインストールしましょう。

    テーマをインストールしたら忘れずに[有効化]してください。

  • STEP.5
    子テーマも親テーマと同じ流れで有効化

    子テーマも同じようにインストールし有効化しましょう。

    無事に有効化できれば、次の画像のように2つのCocoonがインストールされているはずです。

    必ず子テーマ(Cocoon Child)を有効化させましょう。

    親テーマに[新しいバージョンが利用できます。]と表示されていれば[今すぐ更新]すればO.K.です。

  • STEP.6
    サイトを表示しCocoonテーマを確認する

    ブログ名から[サイトを表示]をクリックし、Cocoonが適用されているか確認しましょう。

    Cocoonの初期設定は次のようなスタイルです。

    初期設定から、さらにデザインを変更できます。

  • STEP.7
    外観の「Cocoon設定」→「スキン」を選択

    外観の「Cocoon設定」を選んでください。

    Cocoon設定のタブに「スキン」があります。

    このスキンが50種類以上あるので好きなデザインを選択しましょう。

  • STEP.8
    「スキン」の一例

    「[Child]和(紺)」スキンを適用

    「Velinui Simplog(amber)」スキンを適用

    「Bizarre-food(グリーンソバ)」スキンを適用

    好みのデザインをスキンから選びましょう。

まとめ

リトルサーバーによるWordPressブログの始め方を解説しました。

リトルサーバー のWordPressブログ開設は手間がかかるものの、手順に沿ってすすめれば問題なくインストールできます。

もっと簡単に開設できるサーバーを探しているなら WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ! をお読みください。

  • 特典:20日間無料お試し
\ 終了日未定、だから今がチャンス! /

コメント

タイトルとURLをコピーしました