【口コミ11件】Little Server(リトルサーバー)の評判

レンタルサーバー
ひーちゃん@ライター

12社のサーバーを契約中です(2020年11月7日時点)。WordPressブログは2017年11月からはじめました。1年2ヶ月で月50,000円のブログ収入達成。このブログはXserverで運営しています。

ひーちゃん@ライターをフォローする

画像出典:リトルサーバー

「リトルサーバーって評判良いの?」と口コミを探していませんか?

  • 高速SSD
  • 自動でバックアップ

……と聞くと良さそうですが、実際どうなのか気になりますよね。

 

WordPress歴3年目のわたしは、ブログ開設のためこれまで何社もサーバーを借りてきました。

借りるときは必ず評判をチェックしています。

評判を読むと、公式サイトでは分からない情報や使わないと気付けない情報も見つかるからです。

 

この記事はリトルサーバーの口コミを11件集めています。

結論から言えば、サポートとコスパで高く評価されていました。

リトルサーバー契約の判断材料にしてください。

Little Sever(リトルサーバー)とは

項目月額料金(1年契約)表示速度簡単インストールサポートプラン変更
評価★★★★★★★☆☆☆★★★★☆★★☆☆☆★★★☆☆
内容ミニ:150円
ワード:195円
リトル:250円
ビッグ:430円
SSDあり
マニュアル付き
メールのみ上位プラン変更可
下位プラン変更不可

【公式サイト】https://lsv.jp/

リトルサーバーは、月額150円から使えます。

安くても2020年7月6日にサーバーが更新されスペックアップされていました。

さらに、7日前まで自動でバックアップしてくれます。

料金プランとサーバー構成

リトルサーバーは4つのプランがあり、それぞれサーバー構成が異なります。

プラン月額料金(12ヶ月契約)初期費用ディスク容量MySQLSSL独自ドメイン数提供ドメイン数転送量高速化設定自動バックアップ
ミニプラン150円920円20GB3個無制限アカウント+2個30GB/日7日
ワードプラン195円920円30GB5個無制限アカウント+2個45GB/日7日
リトルプラン250円920円60GB10個無制限アカウント+3個90GB/日7日
ビッグプラン430円920円120GB50個無制限アカウント+5個180GB/日7日

「サーバー構成を比較しても違いが分からない」と思ったら、ディスク容量と転送量の意味をつかめば大丈夫です。

ディスク容量と転送量が不足してしまうと、ブログ運営がむずかしくなります。

  • ディスク容量が少ないと、画像や記事数を増やせなくなる
  • 転送量が足りないと、アクセスが増えるとブログが表示されなくなる

ディスク容量が少ないと、画像や記事数を増やせなくなる

リトルサーバーのディスク容量は、個人のブログ運営に必要十分な量があるため問題ありません。

ディスク容量とは、サーバーに保存できるデータ量のことです。
パソコンのHDDやSSDのデータ量、スマホのストレージ(ROM)と同じ意味と考えて問題ありません。

文字や画像などのデータをたくさん保存したいならデータ量の多いサーバープランを選びましょう。

 

個人でブログをはじめるならデータ量は10GBもあれば正直十分です。

わたしが運営しているおよそ90記事のブログも、ディスク使用量は1.1GBしかありません。

引用:【実測値公開】個人におすすめなレンタルサーバー【5社徹底比較】

転送量が足りないと、アクセスが増えるとブログが表示されなくなる

データ転送量とは、サーバーにあるデータを引っ張り出して表示してあげる量のことです。
もっと、簡単に言えば仕事量とも言えます。
1日8時間労働と決まっていれば8時間を超えたら仕事は終わりになりますが、データ転送量も1日30GBと決まっていれば30GBを超えたら仕事が終わりです。

 

データ転送量が少ないとブログを見に来た人が多くても、「ごめんね、今日は仕事終わったんだ(転送量を超えたんだ)」と言ってサーバーは応答してくれません。

たくさんの人がアクセスする人気ブログに成長したり瞬間的にバズったりすると、データ転送量を確保しないとブログが見れなくなるんです。

 

webページはだいたい1ページが1.0~3.0MBので、1日30GBのデータ転送量のサーバーを借りると1日1~3万PV表示できるわけですね。

引用:【実測値公開】個人におすすめなレンタルサーバー【5社徹底比較】

リトルサーバーのミニプランでも30GB/日の転送量があるため、ブログを始めたばかりなら何も問題ありません。

1,2年経過してからアクセスがどんどん増えてきたら、上位プランに変更しましょう。

キャンペーン

リトルサーバーはキャンペーンが実施されていません

ただし、無料お試し期間が設けられています。

【前提】リトルサーバーの評判を読んだらお試しすべき

リトルサーバーの評判をチェックしたらお試し利用しましょう。

ほかの人が使った感想は参考になりますが、自分とはサーバー知識も違えばブログ目標も違います。

そのため、評判をチェックしたら最終的には自分で使って確かめることが大切です。

リトルサーバーなら20日間の無料お試し期間があります。

お試し期間中にWordPressを設置したり速度を体感したりしましょう。

お試し利用できるサーバは、ほかにもあります。

リトルサーバーの評判

評判は、公式サイトにない情報や使って分かる体験談を知るように努めましょう。

リトルサーバーの評判を知るため、4つのポイントにしぼり口コミを集めました。

【速度】参考にできるほどの口コミは見つからない

速度の評判

  • なかなか速い

速度の評判はほとんどなかったです。

ただし、PageSpeed Insightsで速度を計測した口コミがあり、実際にいい結果を出しています。

【コスパ】安いのでブログを黒字化しやすい

コスパの評判

  • コスパ面で言えばかなりいい
  • ブログを黒字化しやすい

コスパの評判はとても良かったです。

月額200円前後の価格帯では、自動バックアップなどの機能が省かれていることも多いです。

しかし、リトルサーバーは7日前まで自動バックアップ。

高機能でありながら安くブログをはじめられますね。

【サポート】15分で回答があり、良心的な対応

サポートの評判

  • 丁寧にサポートしてもらったうえで、代行作業してくれた
  • 15分で回答
  • SSL化できなかった件、すぐに回答してくれた

リトルサーバーのサポートはとても評判が良かったです。

サポートが悪いという口コミは見つけられませんでした。

比較的マイナーなサーバーですが、サポートは丁寧なので安心して使えますね。

【機能】自動インストールは注意が必要

機能の評判

  • 自動インストール(超簡単)は注意
  • バックアップもある

機能の口コミが少なかったです。

リトルサーバーには「WordPress自動インストール」機能が2種類あります。

超初心者向けの「超かんたん・ワンクリックインストール」を使うと、ドメイン末尾に”/wp”と追記されます。

たとえば、https://sample.com/wpとなり、ちょっとダサいです。

まとめ

リトルサーバーは、サポート対応の良さとコスパの評判が良かったです。

格安サーバーを使うとき、きちんとサポートしてくれるか不安になりますがリトルサーバーなら安心です。

 

わたしは、月額200円前後で探している人にはリトルサーバーはおすすめできると感じました。

20日間も無料でお試しできるため、一度使ってみてください。

ただし、ブログを収益化したいならリトルサーバー以外を探すのもアリです。

レンタルサーバーの選び方やおすすめは関連記事に分かりやすくまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました