【明解】エックスサーバーとロリポップを徹底比較!違いと特徴はコレ!

著者情報

Webライターの「ひー」です。2017年にWordPressを始め、1年2ヶ月でブログ月収5万円達成。これまで16社のサーバーを使いました。

エックスサーバーとロリポップの違いが分かるよう、徹底比較しました。まずは、エックスサーバーとロリポップを比べた大きな特徴の違いをご覧ください。

xserver-top-new

エックスサーバーの特徴

  • WordPress未経験者でも、10分で簡単にWordPressを始められる
  • WordPress初心者に1番選ばれた信頼感(当社独自アンケート)
ロリポップ!

ロリポップ!の特徴

  • エックスサーバーより料金が安い
  • エックスサーバーと違いバックアップまたは復元が有料

当サイトは、実際にエックスサーバーとロリポップを利用しました。正直どちらもおすすめなサーバーです。ただし、使いやすさを考えると、エックスサーバー をおすすめします。エックスサーバーは初心者に1番選ばれてきました。

料金は僅差でロリポップ! が安いです。

【比較表】エックスサーバーとロリポップの違い

エックスサーバーとロリポップそれぞれの違いを比較表にまとめました。

サーバー
(比較プラン)
エックスサーバー
(スタンダード)
ロリポップ!
(ハイスピード)
無料お試し期間10日間10日間
3年総費用
月額料金(36ヶ月/最短)
初期費用
独自ドメイン代
21,120円
495円/1,320円
3,300円
1個無料
19,800円
550円/1,320円
無料
1個無料
表示スピード*0.783秒
(当サイト1位)
0.870秒
(当サイト10位タイ)
WordPress申込時完成機能有りなし
WordPress簡単移行機能有り有り
WordPress移転代行費用無料33,000円
稼働率実績99.99%実績99.99%
サポート電話/メール・チャット電話/メール・チャット
運営会社エックスサーバー株式会社GMOペパボ株式会社

エックスサーバーは申込時にWordPressが完成する「WordPressクイックスタート」機能があります。この機能を使うと、サーバー利用経験がなくても設定不要で簡単にWordPressが完成します。ロリポップにはこの機能がありません。

エックスサーバーは安定した稼働率や長年の実績が評価され、初心者が1番選んできたレンタルサーバーです。

一方、ロリポップは、エックスサーバーに比べ料金が安いため、費用負担が小さく始めやすいと言えます。そのうえ、表示スピードも十分な速度でした。安かろう悪かろうではなく安くて良いサーバーです。(エックスサーバーキャンペーン中の現在は、エックスサーバーも非常に安い!)

両社とも表示スピードは抜群の速さを誇っており、速度が問題になることはありません。

エックスサーバーとロリポップ!の料金比較

料金はエックスサーバーよりロリポップが安いです。ロリポップの下位ライトプランを選ぶとエックスサーバーより大幅に安く使えます。

サーバー
(比較プラン)
エックスサーバー
(スタンダード)
ロリポップ!
(ライト)
ロリポップ!
(ハイスピード)
初期費用3,300円1,650円無料
月額料金36ヶ月:495円
~
3ヶ月:1,320円
36ヶ月:220円
~
1ヶ月:440円
36ヶ月:550円
~
1ヶ月:1,320円
独自ドメイン代1個永久無料
(12ヶ月以上契約)
1個永久無料
(12ヶ月以上契約)
1個永久無料
(12ヶ月以上契約)
独自SSL証明書無料無料無料

費用を抑えたいなら、ライトプラン12ヶ月契約がおすすめです。ライトプランは、ハイスピードプランに比べスペックが劣ります。以下の点に注意しましょう。

  • WordPressは1個しか作れない
  • 高速なWebサーバー「LiteSpeed」は使えない
  • 電話サポートがない
  • ディスク容量・転送量が少ない(ただしブログ開設1年程は全く問題ない)
web-server

Webサーバーとは、ブラウザからのリクエストに応じデータを送るサーバーのこと。スマホやパソコンでクリック(これがリクエスト)すると、ブログデータを集めそのブラウザへ即座に返す。Webサーバーの速度は「ApacheアパッチよりNGINXエンジンエックス、NGINXよりLitespeedライトスピード」と大まかに言える。

server-capacity

ディスク容量とは、サーバーのデータ保存容量のこと。容量が多いほど画像やテキストなどのブログデータ、メールデータをたくさん保管できる。パソコンのHDDやSSD、スマホの内部ストレージと同じ意味。

server-transfer-amount2

転送量とは、ブログを表示するための通信量のこと。スマホのギガ(データ通信量)に似ている。例えば、1日100GBの転送量のサーバーは100GBを超えると転送できず、アクセス制限される場合がある。

サイト運営者がサーバーにアップロードするときも転送量を消費する。

3分で理解できる!レンタルサーバーの転送量とは?

ライトプラン12ヶ月契約なら、総費用5,610円でWordPressブログを始められます。ブログを1年頑張って続きそうなら、ハイスピードプラン36ヶ月契約にしましょう。

→ 公式サイト( エックスサーバー

→ 公式サイト( ロリポップ!

エックスサーバーとロリポップ!の表示スピード比較

エックスサーバーとロリポップの表示スピードを比較しました。僅差でロリポップが速かったです。

計測方法と条件は以下のとおりです。

計測方法

計測内容

  • 各サーバーに同じWordPressテーマ・プラグインのWordPressデモサイトを設置
  • 各デモサイトトップページを2つの計測ツールでテスト

エックスサーバー

ロリポップ!

サーバー
(比較プラン)
エックスサーバー
(スタンダード)
ロリポップ!
(ハイスピード)
GTmetix LCP0.783秒1.000秒
※当サイト計測(12社レンタルサーバー速度比較記事はこちら

表示スピードが速いサーバーは、ブログがサクサクと快適に動きます。ブログ読者は読みやすくなるので、たくさんのページを読んでもらいやすくなります。表示スピードが遅いと、ブログを読まずに検索結果に帰ること(直帰率)が増えてしまうので、速いサーバーを選ぶべきです。

bounce-rate

直帰率とは、ブログ読者が検索ページからブログを訪問後、すぐに検索ページに帰ること。直帰率が高くなる要因は様々だが、サイトの表示速度が遅いために検索ページに戻ることはサーバーやテーマ・プラグインの選定で改善できることが多い。

特に、アフィリエイトやブログ収益化を考えているなら、速度が遅い格安サーバーよりエックスサーバーとロリポップのような速いサーバーがおすすめです。遅いと記事を読まれにくく、結果的に商品の購入やサービスの契約に至りにくいからです。

エックスサーバーとロリポップは、どちらも十分に速いので僅差はさほど気にしなくても大丈夫です。

エックスサーバーとロリポップのWordPressの始め方比較

エックスサーバーはロリポップよりWordPresを始めやすいです。WordPressを始めると言っても、

  • 申込時
  • 2サイト目以降
  • サーバー移転時

の3つのシチュエーションで、始め方が異なります。それぞれの始め方を比較しました。

申込時

申込時つまり、1サイト目の始め方は断然エックスサーバーが簡単です。エックスサーバーは、ロリポップにない「WordPressクイックスタート」機能があります。

wordpress-quick-strat

WordPressクイックスタートは、サーバー契約時にブログ設定の以下5つが終わる簡単機能。

  • 独自ドメイン取得
  • ドメインとサーバーの紐づけ作業
  • データベース作成
  • WordPress設置
  • SSL化

ブログ未経験者も10分でスムーズにブログを始められる。

これを使えば、WordPressの利用経験ゼロでも自分で細かな設定をする必要がないため、確実にWordPressを始められます。

一方、ロリポップの1サイト目は「WordPress簡単インストール」機能を使います。

wordpress-easy-install

WordPress簡単インストール機能とは、WordPressに必要はデータベース作成やWordPressシステムの設置がワンクリックで終わる機能。ほとんどの国内サーバーで利用できる。
しかし、ドメイン関連の設定など基本的で欠かせない設定の多くは、自分でしなければならない。

WordPressをサーバーにセッティングする以外の細かな設定は自分でしなければなりません。ブログやサーバーの利用経験がない場合、サーバーとドメインの関係性やネームサーバーの仕組みがイメージできず、設定につまづくかもしれません。

2サイト目以降

2サイト目以降の設定は両社の手間は変わりません。2サイト目以降は、どちらも「WordPress簡単インストール」機能を使います。

サーバー移転

他社サーバーにあるWordPressを移転させて始める場合は、移行ツールがあるので同じです。自分でツールで移行できない場合、プロに移行代行をお願いできます。料金や対応時間もほぼ変わりません。

サーバー
(比較プラン)
エックスサーバー
(スタンダード)
ロリポップ!
(ハイスピード)
移転代行費用無料33,000円
移転対応日数5営業日2~6営業日
移転オプションなしなし

WordPressの初め方をまとめると、申込時に大きな差がありました。エックスサーバーなら迷うことなくWordPressを始められ、おすすめです。

2022年05月12日まで、エックスサーバーは移転代行無料キャンペーンを実施しています。通常料金33,000円が0円です。

→ 公式サイト( エックスサーバー

エックスサーバーとロリポップがおすすめな人比較

エックスサーバーとロリポップがおすすめな人を比較しました。

  • エックスサーバーがおすすめな人:使いやすさにこだわる人、初心者
  • ロリポップがおすすめな人:料金を安くしたい人

エックスサーバーは初心者が1番選んだサーバーでした。詳細は、「50人アンケートで判明!WordPress初心者におすすめのレンタルサーバー」をご覧ください。これだけ選ばれた理由は、2003年からサービス提供されている運営実績と使いやすさです。

安心して使える、という点においては抜群です。そのうえ、表示スピードや安定感にも優れているため、長く使い続けても不満の出てこないサーバーです。

ロリポップは安さにこだわる人におすすめなサーバーです。しかも、料金が安いだけでなく表示スピードや安定感にも優れているため、安心して使えます。「安さを求めるあまり、変なサーバーを契約してしまった」なんていう後悔はありません。

財布に余裕がなかった私が、1番初めに契約したサーバーがロリポップでした。

エックスサーバーとロリポップのその他仕様比較

エックスサーバーとロリポップのその他仕様を比較しました。ここまで読んで迷っている場合、以下の使用を比べ決めましょう。

サーバー
(比較プラン)
エックスサーバー
(スタンダード)
ロリポップ!
(ハイスピード)
ディスク容量SSD300GBSSD350GB
転送量無制限無制限
データベース数無制限無制限
無料独自SSL有り有り
自動バックアップ日数14日間非公開 
バックアップ復元料金無料11,000円
WAFセキュリティ機能有り有り
支払方法クレジットカード
銀行振込
ペイジー
Paydy翌月後払い
コンビニ払い
クレジット決済
コンビニ払い
おさいぽ!決済
銀行振込
ゆうちょ振替
自動更新

大きな違いは、バックアップと復元です。エックスサーバーは14日間のデータがバックアップされるのに対し、ロリポップは期間が非公開。問い合わせるまでは分かりません。月額330円のバックアップオプションを使うと、過去7回分のデータを無料復元できます。

明確なバックアップ日数が明示され、無料で復元できるエックスサーバーのほうが安心です。

ディスク容量は、エックスサーバーに比べロリポップが多いです。しかし、WordPress運営に必要とされるディスク容量は非常に少ないです。ディスク容量は、100記事で1GB程度しか使いません。

とはいえ、ロリポップはエックスサーバーと違いownCloudというオンラインストレージを構築できストレージを有効活用できる点が優れています。詳細は「1GBも無駄にしない!ロリポップのowncloud3つのメリット」をご覧ください。

まとめ

エックスサーバーとロリポップを徹底比較しました。

結論、WordPress未経験者は簡単に始められるエックスサーバーがおすすめです。キャンペーン対象期間に36ヶ月契約すると、料金も安くなります。エックスサーバーは多くのアフィリエイターやブロガーに速度や安定性への信頼で長く愛用されてきました。間違いなく満足できるサーバーです。

キャンペーン情報

  • 特典①:半額キャッシュバックで利用料金実質495円~
  • 特典②:独自ドメイン1個永久無料
  • 特典③:Amazonギフト券最大10,000円分が当たるチャンス

\ 期間限定!2021年06月16日18時まで /

エックスサーバーに比べロリポップは料金が安いので、「エックスサーバーの料金は高く踏ん切りがつかない」と思うなら、ロリポップでWordPresを始めましょう。安くても速度と安定性は抜群のサーバーです。

ロリポップは、エックスサーバーより始める手順が難しいので、「ロリポップの始め方【WordPressブログ開設の簡単7ステップ】」を読みながらすすめましょう。

キャンペーン情報

  • 特典①:ハイスピードプラン6ヶ月契約無料延長(12ヶ月以上契約)
  • 特典②:独自ドメイン1個永久無料(12ヶ月以上契約)

\ 期間限定!2022年05月08日23時59分まで /

Posted by ひーちゃん@ライター