【デモサイト有】サーバーランキング11選 →

プロが徹底比較!ロリポップとXserverの15の違い

ひーちゃん@ライター

サーバー12社契約中の「ブロガー&専業webライター」。ブログ開設1年2ヶ月で月50,000円達成。

ひーちゃん@ライターをフォローする

ロリポップとXserverを比べて迷っていませんか。

  • 安いロリポップはダメなの?
  • 未経験者も高いXserverを選ぶべき?

ロリポップとXserverを含め12社のサーバーを借りた経験と調査から言えるのは、ブログ未経験者こそ間違いなくXserverがおすすめです。

ロリポップとXserverの15の違いを比較するとXserverがより優れていたからです。

おトクなキャンペーン!

Xserver キャンペーン

  • 特典①:12ヶ月以上の契約でドメイン永久無料(通常:1,200円/年ほど)
  • 特典②:12ヶ月以上の契約で初期費用無料(通常:3,000円)
\ 2021年04月01日18:00まで /

Xserverの始め方【WordPressクイックスタートなら10分】はこちら。

さっそく15の違いをチェックしましょう。

【比較】ロリポップとXserverの特徴

ロリポップとXserverの特徴を紹介します。

  • ロリポップ!稼働率99.99%サーバーのうち最安でWordPressブログがはじめられるサーバー。
  • Xserverメルマガ配信もこなす高機能高速サーバー

ひーちゃん
ひーちゃん

価格、機能性を比べると違いが分かりやすい!

【比較表】ロリポップとXserverの15の違い

ロリポップとXserverの違いを比較表にまとめました。
※優れたほうは太字で表記
※初心者の注目ポイントは表記
青リンクから詳細な比較内容を確認可能

比較内容ロリポップXserver
GTmetrix読込時間1.5秒1.0秒
PageSpeed Insightsスコアモバイル:83点
パソコン:97点
モバイル:84点
パソコン:96点
webサーバースタンダード以下:Apache
ハイスピード以上:LiteSpeed
NGINX
月額料金250円~900円~
初期費用1,500円3,000円
自動バックアップスタンダード以下:月額300円
ハイスピード以上:無料
無料
リストア(復元)10,000円無料
プラン変更プランアップ:可能
プランダウン:不可
プランアップ:可能
プランダウン:可能
MySQLライト:1
スタンダード:50
ハイスピード以上:無制限
無制限
転送量100GB/日~150GB/日~
ディスク容量100GB~200GB~
余剰ストレージ活用ownCloudなし
電話サポートライト:なし
スタンダード以上:あり
あり
独自ドメイン取得他社自社
DNS設定手動自動
※WordPressクイックスタート

【GTmetrix読込時間】Xserverが1.0秒で速い

Xserver(X10プラン)で作ったデモサイトはGTmetrixによるページの読み込み時間が1.0秒でした。

一方、ロリポップ(ライトプラン)のデモサイトは1.5秒

ロリポップよりXserverが0.5秒も速い結果となりました。

ページの読み込み速度はそれほど重要なのでしょうか。
いったい何秒であればよいのでしょうか。

Amazonの収益改善に貢献したマーケターのNeil Patel(ニール・パテル)はこう言いました。

47% of consumers expect a web page to load in 2 seconds or less.(47%の消費者は、Webページが2秒以内に読み込まれることを期待しています。)

How Loading Time Affects Your Bottom Line

彼によれば、2秒以内にページが読み込まれるべきです。

ロリポップもXserverも理想的な速度ではあるものの、ロリポップに比べ25%も速いXserverが優秀なのは言うまでもありませんね。

【PageSpeed Insightsスコア】ロリポップもXserverも変わらない

別の速度テストツールであるPageSpeed Insightsを使ったところ、ロリポップもXserverもスコアは変わりませんでした。

表を見てください。

サーバー写真
(1回目)
1回目2回目3回目
ロリポップ
モバイル表示
838383
エックスサーバー
モバイル表示
848081
ロリポップ
パソコン表示
979797
エックスサーバー
パソコン表示
969396

GTmetrixで0.5秒の差が出たのに、PageSpeed Insightsで違いがないのはなぜでしょうか。

作ったデモサイトはどちらも

  • 同じページ数
  • 同じ文字数
  • 同じ画像
  • 同じテーマテンプレート

を使っているからです。

そのためスコアの違いは出ませんでした。
しかし、ページの読み込み時間はXserverが速かった。
これは何を意味しているでしょうか。

Xserverのサーバーが優秀ということですね。

【Webサーバー】ロリポップは最新のLiteSpeed採用

最新のwebサーバー「LiteSpeed」を使っているのはロリポップです。

ハイスピードプラン・エンタープライズプランで利用できます。

しかし、スタンダードプラン・ライトプランのwebサーバーはApacheのみ。

一方、XserverのWebサーバーはすべてNGINXです。

むずかしいことは抜きにして、Webサーバーの性能はどれくらい違うでしょうか。

LiteSpeed beat nginx by up to 12X, and blew Apache out of the water by a whopping 84X! (LiteSpeedはnginxの最大12倍、Apacheの最大84倍も優れています)

LiteSpeed WordPress is up to 12X Faster!

どのWebサーバーを使えるかで性能は大きく違います。

しかしながら、結局のところWebサーバーの違いはそれほど重要ではありません。

ブログ読者にとっては何の関係もないからです。
読者はただ速ければいいのです。

ですから、注目すべきはWebサーバーの違いではなく「ページの読み込み時間」と言えます。

【月額料金】最安250円のロリポップが安い

月額料金は圧倒的にロリポップが安いです。

契約期間ごとの全プランをロリポップとXserverで比較しましょう。

契約期間ロリポップXserver
36ヶ月最安ライト:250円
スタンダード:500円
ハイスピード:500円
エンタープライズ:2,000円
最安X10:900円
X20:1,800円
X30:3,600円
24ヶ月ライト:250円
スタンダード:500円
ハイスピード:630円
エンタープライズ:2,000円
X10:950円
X20:1,900円
X30:3,800円
12ヶ月ライト:250円
スタンダード:500円
ハイスピード:750円
エンタープライズ:2,000円
X10:1,000円
X20:2,000円
X30:4,000円
6ヶ月ライト:250円
スタンダード:500円
ハイスピード:750円
エンタープライズ:2,000円
X10:1,100円
X20:2,200円
X30:4,400円
3ヶ月ライト:300円
スタンダード:600円
ハイスピード:1,000円
エンタープライズ:2,300円
X10:1,200円
X20:2,400円
X30:4,800円
毎月更新ライト:300円
スタンダード:600円
ハイスピード:1,000円
エンタープライズ:2,300円
X10:1,000円
X20:2,000円
X30:4,000円
※クレカ自動更新のみ

3年間の月額料金は最安プランを使えば、

  • ロリポップ:9,000円(250円×36ヶ月)
  • Xserver:32,400円(900円×36ヶ月)

となり、3年間で23,400円の差があります。

しかし、後から解説しますが、ロリポップのライトプランはブログ運営に必須の「自動バックアップ」がありません。
バックアップオプションの料金を考えると差額は12,600円まで小さくなります。

おトクなキャンペーン!

Xserver キャンペーン

  • 特典①:12ヶ月以上の契約でドメイン永久無料(通常:1,200円/年ほど)
  • 特典②:12ヶ月以上の契約で初期費用無料(通常:3,000円)
\ 2021年04月01日18:00まで /

Xserverの始め方【WordPressクイックスタートなら10分】はこちら。

【初期費用】ロリポップが安い

初期費用はロリポップが1,500円なので、Xserverの3,000円に比べ安いです。

しかし、初期費用はサーバー契約時に1度だけ支払う料金。

ブログ運営に大きな影響はないため、比較する必要はありません。

【自動バックアップ】Xserverは全プラン無料

Xserverなら自動バックアップは全プラン無料です。

一方、ロリポップはスタンダードプラン以下は自動バックアップがなく、ハイスピードプラン以上で無料で使えます。
スタンダードプラン以下の場合、月額300円の「バックアップオプション」を使わねばなりません。

でも、稼働率99.99%以上のロリポップとXserverにバックアップは要るでしょうか。

バックアップは絶対に必要です。

サーバートラブルや操作ミスによってデータが消える可能性があるかぎり、絶対必要です。

もし、バックアップしていない状態でデータが消えたら

  • 使った時間
  • 使ったエネルギー
  • かけた費用

がムダになります。

さらに大事なこととして、バックアップはデータを保存するだけでは不十分。もしもの時にはリストア(復元)が必要です。

【リストア】Xserverは無料だが、ロリポップは10,000円かかる

Xserverはバックアップデータを無料で復元できます。

一方、ロリポップはリストア(復元)に10,000円の手数料が発生。

もちろん、バックアップデータのリストアをすることはまれなので気にする必要はありません。

【プラン変更】Xserverならプランダウンも可能

Xserverはプランダウンも可能です。

一方、ロリポップはプランダウンができません。
最上位のエンタープライズプランを選ぶと変更できません。

どちらのサーバーもプランアップは可能です。

プランダウンすることなんて考える必要ある?

ブログはアクセスが増えるだけでなく、大きく減少することがあります。

わたしは月50,000円を達成した2ヶ月後にアクセスがガクンッと減りました。
GoogleコアアップデートでブログPVが95.8%減少し収益が0円になった恐怖の体験談はこちら。収益やPVのデータを載せています。

結局その後、ブログは9ヶ月ほど続けましたがアクセスは回復しませんでした。

収益を失ったとしてもサーバーを借りているかぎり、固定費は発生します。

プランダウンできない場合、アクセスに見合わないプランを使い続けねばなりません。

プラン変更が自由にできればムダを減らせますし、この点で優れているのはXserverなんです。

【MySQL】Xserverは無制限に作れる

Xserverは、MySQLを無制限に使えるためWordPressブログを何個でも作れます。

一方、ロリポップはプランによってMySQL数が制限されます。

WordPressブログを1つしか作らないならロリポップのライトプランで問題ありません。しかし2個以上作りたいならスタンダードプラン以上から選びます。

1つしかWordPressブログを作る予定がないなら何も問題ありません。

【転送量】ロリポップもXserverも十分

ロリポップもXserverも転送量は十分なので気にする必要はありません。

転送量が少ないサーバーだと、バズったときにブログが表示されなくなることがあります。
【3分で理解できる!】レンタルサーバーの転送量とは?はこちら。

ロリポップ最安のライトプランでも100GB/日なので、33,000PV/日くらいは問題なく表示されます。

転送量を比較する記事は多いですが、現実的には問題になることが少ないので比較しなくてもO.K.です。

【ディスク容量】ロリポップもXserverも十分

ロリポップもXserverもディスク容量は十分な量が確保されています。

ロリポップ最安のライトプランで100GB、Xserver最安のX10プランで200GBです。

ブログで使うディスク容量はどれくらいだと思いますか。

2つのブログ合わせて約150記事で、わずか1240.4MBしか使っていません。

1%くらいしか使っていません。

ブログで使う容量は非常に少ないのでディスク容量は比較しないで大丈夫です。

【余剰ストレージ活用】ロリポップはオンラインストレージ「ownCloud」が使える

ロリポップはownCloudを使って、余ったストレージをオンラインストレージとして活用できます。

【ディスク容量】ロリポップもXserverも十分」で解説したとおり、ブログで使う容量は少ないので、たいてい余ります。

ロリポップなら、オンラインストレージを構築できるownCloudを使うことで、動画や画像などを保管でき便利です。
1GBも無駄にしない!ロリポップのowncloud3つのメリットはこちら。

Xserverは、こういう便利な有効活用の方法はありません。

【電話サポート】Xserverは全プラン利用可能

Xserverは全プランで電話サポートを受けられます。

一方、ロリポップ最安のライトプランは電話サポートがありません。電話サポートがほしいならスタンダードプラン以上を選びます。

ブログ初心者の場合、電話サポートがないと困るかもしれせん。
というのも、初心者は自分がどこでつまづいているか分からず、メールで上手に伝えられない場合があるからです。

自分の周りにブログ経験者やサーバーにくわしい人がいれば、助けてくれるかもしれません。
でも、そんな人ってなかなかいませんよね。

初心者ほど電話サポートがあるサーバーやプランを選びましょう。

【独自ドメイン取得】Xserverはクイックスタートでそのまま取得できる

Xserverは、WordPressクイックスタートでドメイン取得もそのまま行えます。

独自ドメインはブログに欠かせません。このサイトでいう「mvno-osusume.com」に当たります。

XserverのWordPressクイックスタートなら、

  • Xserverのサーバー契約
  • 独自ドメイン取得
  • WordPressインストール
  • DNS設定
  • SSL設定

まで終わるため、すぐにブログをはじめられます。

一方、ロリポップにはクイックスタートのような機能がありません。

そのため、独自ドメイン取得はムームードメインなど他社で取得する必要があります。

サーバー契約とは別にアカウント登録しなければいけませんし、ドメインの管理もサーバーとは別に必要です。

もし、「サーバー契約とドメイン取得などの話がよくわからない」と感じたら、ロリポップではつまづく可能性があります。

Xserverのクイックスタートなら、つまづくことはありません。
かりにつまづいたら、そもそもサーバー申込が完了しません。

安心して確実にはじめたいならクイックスタートできるXserverです。

【DNS設定】Xserverならクイックスタートで自動設定

Xserverならクイックスタートを使えば、DNS設定もサーバー申込時に完了します。

わざわざ後からDNS設定を自分でする必要はありません。

そもそも、DNS設定とはドメインとサーバーを関連させる設定のこと。DNS設定ができていないと、ブログが表示されません。

ロリポップは他社でドメインを取得するので、自らドメイン会社でDNS設定をしなければなりません。

「DNS設定がよくわからない」と感じたら、Xserverを選びましょう。

Xserverのクイックスタート機能を使えばDNS設定も自動で終わりますよ。

ロリポップとXserver まとめ

ロリポップとXserverの15の違いを比較した結果、おすすめは断然Xserverです。

とくにXserverがロリポップと決定的に違うのは、初心者にとってのはじめやすさ。

WordPressクイックスタートは、初心者のつまづきポイントもすべてXserver契約時に完了します。

つまづいて諦めたり時間を無駄にしたりしたくないなら、Xserverを選びましょう。

ひーちゃん
ひーちゃん

このブログもXserverです。

おトクなキャンペーン!

Xserver キャンペーン

  • 特典①:12ヶ月以上の契約でドメイン永久無料(通常:1,200円/年ほど)
  • 特典②:12ヶ月以上の契約で初期費用無料(通常:3,000円)
\ 2021年04月01日18:00まで /

Xserverの始め方【WordPressクイックスタートなら10分】はこちら。

「どうしても料金は安くしたい、ちょっと時間がかかってもいいから安く!」と考えているならロリポップにしてもいいと思いますよ。

おトクなキャンペーン!

ロリポップ キャンペーン

  • 特典:全プラン無料10日間お試し
\ 公式サイトをチェック /

→ はこちら。ロリポップの始め方【WordPressブログ開設の簡単7ステップ】

ロリポップとXserver以外のサーバーランキングは関連記事をお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました