【novalite3+購入先】novalite3+は格安SIM7社で買える

nova lite 3+はAmazon・楽天市場・PayPaモールや家電量販店で買えますが、格安SIM(MVNO)でも販売されています。

今回は、nova lite 3+を販売する格安SIM7社をご紹介します。

【関連】【安心のGMS対応】nova lite3+はGoogleが使えるHUAWEI最新スマホ

格安SIM7社を上手に活用する方法

nova lite 3+が販売された格安SIM7社のサービス・通信エリアを見比べながら購入先を決めるのがおすすめです。

格安SIMはそれぞれ独自のサービスを展開していますし、また格安SIMによって通信エリアや通信速度なども変わります。

そのため、「nova lite 3+が最安値の格安SIMを探す」よりも「nova lite 3+が安く買えてサービスも自分にピッタリ合う格安SIMを探す」ほうが結果的に満足度が高くなります。

nova lite 3+はECサイトや家電量販店で買わずに格安SIMで買うメリットは「端末を安く買う」よりも「スマホ代・通信費を安くする」ことにあるので、その点を押さえたうえで比較なさってください。

【関連】【格安SIMが分からない人向け】格安SIMの絶対役立つ9つのメリット・デメリット

LINEモバイル

LINEモバイル公式サイトスクリーンショット

お得度★★★★★

【公式サイト】https://mobile.line.me/

LINEモバイルは月額1,100円から使える格安SIM史上 最安値級に安いです。

LINEモバイルはどのプランを選んでも、LINE通話・ビデオ通話・LINEトーク内の画像・動画送受信の通信量がカウントされないため、「LINEをメインで使っている」人の利用価値が高くなっています。

nova lite 3+

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio公式サイトスクリーンショット

お得度★★★★★

【公式サイト】https://www.iijmio.jp/

IIJmioは月額1,600円から使える格安SIMで、ドコモ・auの通信エリアで利用できます。

月額830円の「誰とでも10分&かぞくと30分」のオプションサービスを申し込めば「長めの電話を使いたい」と考えている人の要望にも応えてくれます。

nova lite 3+

エキサイトモバイル

エキサイトモバイル公式サイトスクリーンショット

お得度★★★★★

【公式サイト】https://bb.excite.co.jp/exmb/sim/

エキサイトモバイルは、従量プランで”使った分”しか料金が請求されない格安SIMです。

「月によってインターネットの利用時間がかなり変わる」人は、めんどうなプラン変更をしなくても使いたい時に使えるので楽です。

 

QTモバイル

QTモバイル公式サイトスクリーンショット

お得度★★★★★

【公式サイト】https://www.qtmobile.jp/

QTモバイルは月額2,500円の通話オプション「無制限かけ放題」がある格安SIMです。

「無制限かけ放題」を使うと毎月の料金は4,000円ほどになるものの「ビジネスで使いたい」「LINE電話より普通の電話で話したい」という人には嬉しいと思いました。

nova lite 3+

NifMo

NifMo公式サイトスクリーンショット

お得度★★★★★

【公式サイト】https://nifmo.nifty.com/

NifMoは月額1,600円から使える格安SIMです。

「NifMo 半額ダイヤル」を使えばだれでもで通話量が半額になり、さらに月額830円の通話オプション「NifMo 10分かけ放題」を使うと「ちょっとした電話をちょこちょこかける」人にお得です。

nova lite 3+

Fiimo

Fiimo公式サイトスクリーンショット

お得度★★★★★

【公式サイト】https://www.fiimo.jp/

Fiimoは20GB・30GBの”大容量プラン”もある格安SIMです。

「自宅に光回線・ADSLがないから、スマホでインターネットをたくさん使いたい」という人にぴったりです。

nova lite 3+

イオンモバイル

イオンモバイル公式サイトスクリーンショット

お得度★★★★★

【公式サイト】https://aeonmobile.jp/

イオンモバイルは年を重ねた世代にやさしい格安SIMです。

60歳以上限定の「やさしいプランmini.」は月額980円から使えるので、「祖父母にスマホを使ってほしい」と思う人におすすめです。

nova lite 3+は分割払いで月々1,136円、一括払いで24,800円(税抜)で販売されています。