18社レンタルサーバー徹底比較 →

遅い怖い?実は2019年以降サポートが評判なさくらインターネット

ひーちゃん@ライター

14社のサーバー利用経験があるブロガー・ライター。WordPress開設1年2ヶ月で月50,000円達成。

ひーちゃん@ライターをフォローする

12社を超えるサーバーを使った経験上、さくらインターネットは安く速いレンタルサーバーでおすすめです。表示速度が遅いという評判・口コミは多いものの、実際に使ってみるとイメージよりはるかに高速です。ページ読み込み時間は1.2秒で、他社の高速サーバーに負けていません。充実したバックアップ機能や豊富な転送量や安定した稼働率も大きなメリットです。

プラン変更できないなど細かなデメリットは気になるものの、全体的にすばらしいレンタルサーバーです。2019年に炎上したため「さくらインターネットは怖い」と思う人はいるものの、サポートの評判は非常に良いので安心してください。

さくらインターネットは次の人におすすめできます。

さくらインターネットはこんな人におすすめ!
  • ポートフォリオや会社のホームページを作りたい!
  • 余ったディスク容量を有効活用したい!
さくらインターネットがおすすめな理由!
  • 稼働率実績99.99%の安定性と8世代までバックアップできるから
  • さくらポケットアプリでオンラインストレージ代わりに使えるから

さくらのレンタルサーバはさくらインターネット株式会社が運営するレンタルサーバ-です。同社は1996年にはじまった国内でもっとも歴史ある老舗レンタルサーバーの1つで、利用者数も45万件を超えます。

ひーちゃん
ひーちゃん

ロリポップやXserverよりも古い老舗です。

2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震において、石狩データセンターが想定外のおよそ60時間を非常用電源設備で乗り越えた経験は、レンタルサーバーとしての実力と信頼性の高さを示しています。大事なポートフォリオやホームページなど個人や会社の顔となるページ作りも、さくらのレンタルサーバなら任せられます。

WordPressブログの集客・収益化を目指しているなら、読者を待たせない表示速度の速いレンタルサーバーを選びましょう。サーバーの選び方とランキングをまとめた 22社比較!個人におすすめなWordPressレンタルサーバー3選と失敗しない選び方5つのコツ! をお読みください。

おトクなキャンペーン!

さくらのレンタルサーバ キャンペーン

  • 期間:定めなし
  • 特典:全プラン2週間無料お試し

さくらのレンタルサーバ はこちら。

この記事では、さくらのレンタルサーバの評判と口コミ、さらにメリットデメリットを徹底解説しました。

さくらインターネットとは|こんな人におすすめのレンタルサーバー!

さくらのレンタルサーバは月額料金436円~でWordPressブログを開設できるレンタルサーバーです。相場価格以上のバックアップ機能と豊富な転送量を誇ります。

月額料金436円~(スタンダードプラン)
初期費用1,048円(スタンダードプラン)
ページ読み込み時間1.2秒
MySQL数50個
WordPress簡単インストールあり
自動バックアップ8世代
SSL無料SSL対応
ディスク容量100GB
転送量700GB/日
※税込総額表示
さくらのレンタルサーバはこんな人におすすめ!
  • ポートフォリオや会社のホームページを作りたい!
  • 余ったディスク容量を有効活用したい!
ひーちゃん
ひーちゃん

ロリポップやコアサーバーなど同価格帯サーバーのバックアップ機能より優秀でお得です。

遅い?怖い?さくらインターネットのサーバーの評判

さくらのレンタルサーバーの評判・口コミをまとめました。

さくらのレンタルサーバの評判・口コミ

さくらインターネットのサーバーのいい評判・口コミ

さくらのレンタルサーバはサポート対応が非常にいいと評判です。さくらのレンタルサーバの対応が2019年に炎上したことがあるものの、さくらのレンタルサーバを擁護する見解がほとんどを占めます。

ひーちゃん
ひーちゃん

ここまで好評なサポートセンターはめずらしいです。きっと手厚くサポートしてこられたのだと思います。

さくらインターネットのサーバーの悪い評判・口コミ

さくらのレンタルサーバは表示速度が遅いという口コミが多いです。そのため他社サーバーに乗り換える人もいました。

ひーちゃん
ひーちゃん

表示速度が速い で解説しますが、評判ほど速度は遅くありません。最近は速度が改善されてきたと思います。

さくらインターネットのサーバーの料金・キャンペーン

sakura_plan

さくらのレンタルサーバーは最安月額料金436円~でWordPressブログを運営できます。全プランの料金をまとめました。

契約期間スタンダードプレミアムビジネスビジネスプロ
12ヶ月436円1,309円2,182円3,928円
1ヶ月436円1,571円2,619円4,714円
初期費用1,048円1,048円5,238円5,238円
※税込総額表示
※WordPressが使えないライトプラン、専用サーバーのマネージドサーバーは未掲載
おトクなキャンペーン!

さくらのレンタルサーバ キャンペーン

  • 期間:定めなし
  • 特典:全プラン2週間無料お試し

さくらのレンタルサーバ はこちら。

さくらインターネットのサーバー12のメリットをレビュー

さくらのレンタルサーバの12のメリットをレビューしました。

8世代バックアップ&復元無料

sakura_backup

さくらのレンタルサーバーは8世代バックアップ&復元無料なのがメリットです。ブログデータを8世代分バックアップできるため、誤操作による記事削除やデザイン崩れが起きても復元できます。バックアップも復元も料金はかかりません。

ひーちゃん
ひーちゃん

格安レンタルサーバーだとバックアップも復元も有料の場合があります。

他社と比べてもさくらのレンタルサーバのバックアップと復元は充実しています。

レンタルサーバー料金プランバックアップ復元
さくらのレンタルサーバスタンダード8世代で無料無料
ConoHa WINGベーシック14日間で無料無料
XserverX10Web・メールデータ:7日間無料
MySQLデータベース:14日間無料
無料
ロリポップハイスピード7世代無料11,000円
mixhostスタンダード14日間無料無料
※税込総額表示
バックアップ期間とバックアップ世代

バックアップ期間は定められた日数を超えると復元できない。バックアップ世代は日数の定めなく定められた個数を保管できる。世代バックアップが優秀。

さくらのレンタルサーバは8世代バックアップできます。知らない間にトラブルが生じていたとしても、古いバックアップデータを使って復元できます。

sakura_snapshot

バックアップデータはスナップショット単位で丸ごと1つ保存するため、復元もスナップショットを復元するだけです。サイト情報やデータベースなどを個別でバックアップするわけではないので、どのデータを復元すべきかわからなくなる心配はありません。

ひーちゃん
ひーちゃん

復元したい世代のスナップショットを使えばいいだけです。

テスト機能&リリース機能がある

sakura_snapshot2

さくらのレンタルサーバはテスト機能&リリース機能があるのがメリットです。 8世代バックアップ&復元 で紹介したスナップショットでテスト機能とリリース機能を利用できます。

これらの機能のおかげでWordPressやプラグインのアップデートで不具合が発生しないか事前チェックできます。アップデートは使っているテーマやプラグインと相性が悪いと、画面が真っ白になったりデザインが大きく崩れたりします。通常なら不具合発生後にバックアップデータから復元しますが、テスト機能&リリース機能があれば事前に試せるため不具合の発生を未然に防げます。

ひーちゃん
ひーちゃん

復元にかかる手間や時間がかかりません。

テスト機能&リリース機能は他社ではあまり導入されていません。

レンタルサーバー料金プランテスト機能リリース機能
さくらのレンタルサーバスタンダードありあり
ConoHa WINGベーシックなしなし
XserverX10なしなし
ロリポップハイスピードなしなし
mixhostスタンダードなしなし

大手レンタルサーバーでもさくらのレンタルサーバくらいです。

余ったディスク容量をオンラインストレージ化

sakurapocket

さくらのレンタルサーバは余ったディスク容量をオンラインストレージ化できるのがメリットです。さくらポケットを使って、画像や動画などを保管したり閲覧したりできます。

ひーちゃん
ひーちゃん

無料アプリ さくらぽけっと をダウンロードすれば簡単に操作できます。

さくらぽけっと
さくらぽけっと
開発元:BitStar
無料
posted withアプリーチ

余ったディスク容量をオンラインストレージ化できる国内サーバーは少ないです。

レンタルサーバー料金プランオンラインストレージ化
さくらのレンタルサーバスタンダードさくらぽけっと
ConoHa WINGベーシックなし
XserverX10なし
ロリポップハイスピードownCloud
mixhostスタンダードなし

ロリポップのownCloudも同じようにオンラインストレージ化できますが、こちらのアプリは99円です。さくらのレンタルサーバなら無料アプリなので、費用をかけずに導入できます。

さくらぽけっとは全料金プランでも利用可能です。

さくらぽけっとがあると、DropboxやOneDriveなどのオンラインストレージを使わなくて済むかもしれません。画像や動画の保存はもちろん、ファイル共有目的で使えるでしょう。

表示速度が速い

さくらのレンタルサーバは表示速度が速いのがメリットです。ページ読み込みにかかった時間は1.2秒でした。ページ読み込みに時間がかからず、読者を待たせません。直帰率が下がります。

直帰率

直帰率とは直ぐに検索結果へ帰ること。特定のキーワードで検索しブログ記事をクリックしたものの、同ブログ内の他記事を読まずにGoogleなどブラウザの検索ページに戻ってしまう。ページ読み込みが遅かったり記事内容がつまらなかったりすると直帰率が高くなる。

他社のページ読み込み時間と比べましょう。すべて同じテーマ・画像のデモサイトをそれぞれのサーバーに入れ GTmetrix で計測しました。

レンタルサーバー料金プランページ読み込み時間
さくらのレンタルサーバスタンダード1.2秒
ConoHa WINGベーシック1.1秒
XserverX101.0秒
ロリポップハイスピード1.2秒
mixhostスタンダード1.6秒

さくらのレンタルサーバの悪い評判・口コミ では遅いと言われていましたが、遅くありません。有名なテーマを使い、テーマで利用できる高速化の設定さえしてしまえば簡単に速くなります。

ひーちゃん
ひーちゃん

さくらのレンタルサーバが遅いのは過去の話です。

ディスク容量が多い

sakura_standard

さくらのレンタルサーバはディスク容量が多いのがメリットです。月額436円~で使えるスタンダードプランでも十分なディスク容量が確保されています。他社と比べましょう。

レンタルサーバー料金プランディスク容量
さくらのレンタルサーバスタンダードプラン100GB
ConoHa WINGベーシック300GB
XserverX10300GB
ロリポップハイスピード320GB
mixhostスタンダード250GB

ブログ運営で使うディスク容量は10GBもあれば十分です。2つのブログ合わせて120記事ほどのサーバーで使ったディスク使用量は1240.4MBでした。下の画像を見てください。

つまり、1記事あたり10MBです。そのため、ほとんどのブログ運営者がディスク容量を大幅に余らせることでしょう。

ひーちゃん
ひーちゃん

イメージより使用量は少ないですよね。

さくらのレンタルサーバは、ブログ運営で使わない 余ったディスク容量をオンラインストレージ化できる のでディスク容量のムダがありません。

稼働率実績99.99%で安定

sakura_occupancy

さくらのレンタルサーバは稼働率実績99.99%で安定しているのがメリットです。

稼働率

稼働率とはサーバーが停止せず正常稼働している時間を示した指標。稼働率99.99%サーバーは1年(8,760時間)で1時間ほどしか停止しない。

基礎知識99.9%じゃ低い?レンタルサーバーの稼働率とは?

国内サーバーの稼働率を比較しましょう。

さくらのレンタルサーバ実績99.99%
ConoHa WING99.99%品質保証
Xserver実績99.99%
ロリポップ実績99.99%
mixhost99.99%品質保証
カラフルボックス非公開
ヘテムル実績99.99%
お名前.comレンタルサーバ-実績99.99%
スターサーバー非公開
JETBOY非公開
リトルサーバー非公開
CORESERVER非公開
XREA非公開
ラクサバ非公開
EXTREM非公開
バリューサーバー非公開
Just-Size.Networks過去99.99%
XFREE非公開
Quicca Plus非公開
Z.com WP非公開
ABLENET共用実績99.9%
99円レンタルサーバー非公開

格安サーバーの多くは稼働率実績を公開していません。高い稼働率を維持するのはそれだけむずかしいと言えます。自然災害やサイバー攻撃、機器の損傷などからサーバーを守らないと稼働率99.99%の実績を出せません。北海道胆振東部地震で石狩データセンターが被災してもデータを守り抜いたさくらのレンタルサーバの安心感は折り紙付きです。

ひーちゃん
ひーちゃん

非常電源で60時間データを守りました。長い非常時を耐えた実力は会社やスタッフの実力を物語っています。

転送量が多い

sakura_standard

さくらのレンタルサーバは転送量が多いのがメリットです。

転送量

転送量とはブログを表示するときの通信量のこと。スマホのギガ(データ通信量)に似ている。1日100GBの転送量のサーバーなら、100GBを超えるとアクセスが制限される場合がある。

基礎知識【3分で理解できる!】レンタルサーバーの転送量とは?

他社サーバーと転送量を比べました。

レンタルサーバー料金プラン転送量
さくらのレンタルサーバスタンダード700GB/日
ConoHa WINGベーシック27TB/月
XserverX10900GB/日
ロリポップハイスピード600GB/日
mixhostスタンダード18TB/月

さくらのレンタルサーバはWordPressが使える最安スタンダードプランでも、1日700GBも転送できます。

ひーちゃん
ひーちゃん

1記事あたり1~5MBの転送量におさまることが多いので、700GB/日なら14万~70万PV/日を転送できます。

支払方法が豊富

sakura_payment

さくらのレンタルサーバは支払方法が豊富なのがメリットです。6つの支払方法を選べます。

さくらのレンタルサーバ支払方法
  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • 自動口座振替
  • コンビニ払い
  • payB、LINEpay請求書払い、楽天銀行コンビニ支払サービス
  • 郵便局、ゆうちょ銀行請求書払い

※請求書払いは請求発行手数料330円が発生

クレジットカードを持っていなくても銀行振込などで利用でき便利です。またデビットカードやプリペイドカードはカード会社の規定により利用できない場合があります。

月額料金が安い

sakura_standard

さくらのレンタルサーバは月額料金が安いのがメリットです。おかげでサーバー固定費が下がり、ブログ運営が黒字化しやすくなります。

大手レンタルサーバーではかなり安く使えるサーバーです。比べましょう。

レンタルサーバー料金プラン月額料金
さくらのレンタルサーバスタンダード436円~
ConoHa WINGベーシック828円~
XserverX10990円~
ロリポップハイスピード550円~
mixhostスタンダード968円~
※税込総額表示

月額料金が下がるため、ブログ運営に必要な独自ドメイン代やWordPressテーマテンプレート代などを捻出しやすくなるでしょう。ブログ開設初期はサーバー以外にもお金がかかりやすいため、さくらのレンタルサーバの安い月額料金はありがたいですね。

ひーちゃん
ひーちゃん

ブログの集客・収益に必要なのはサーバーだけでなく、きれいなデザインやわかりやすい文章、画像のセンスも必要です。はじめてのブログ運営では、そういう勉強にもお金をかけられれば理想的と思います。

WordPressクイックインストール機能がある

sakura_quick_instarll

さくらのレンタルサーバはWordPressクイックインストール機能があるのがメリットです。この機能のおかげで、従来は大変だったWordPressの設置が簡単になります。ただし、同様の機能は格安レンタルサーバーでも使えるため、大きなメリットとは言えません。

ブログ運営に必要なのは、WordPress設置だけではありません。ほかに

  • 独自ドメインの取得
  • サーバーとの紐づけ作業
  • SSL化

など欠かせない作業は多いものです。さくらのレンタルサーバでのブログ開設は さくらのレンタルサーバの始め方【WordPressブログ開設5ステップ】 にまとめました。

ひーちゃん
ひーちゃん

時間はかかるけど、記事を読めばブログ未経験者もブログを開設できます。

無料独自SSLに対応

sakura_ssl

さくらのレンタルサーバは無料独自SSLに対応しているのがメリットです。

SSL

SSLとは暗号化によるサイトセキュリティの1つ。SSL化されたサイトのURLは「http://~」から「https://~」に変わる。SSL化はSEOにも影響する重要な要素で、ブログ運営で欠かせない設定。

無料独自SSL証明書の1つ Let’s Encrypt を利用できます。これは無料サーバーや格安サーバーを含め、国内サーバーが無料SSL対応する場合に多く利用されている証明書です。

無料サーバーですら無料独自SSL対応していることが多いため、さくらのレンタルサーバの無料独自SSL対応は大きなメリットではありません。

ひーちゃん
ひーちゃん

でも数クリックの作業でSSL化できる簡単さは、さくらのレンタルサーバのメリットです。

電話とメールのサポートがある

sakura_support

さくらのレンタルサーバのメリットは電話とメールのサポートがあることです。電話ですぐにサポートを、メールで適切なリンクを含む詳細なサポートを受けられます。

レンタルサーバー料金プランサポート
さくらのレンタルサーバスタンダード電話/メール
ConoHa WINGベーシック電話/メール/チャット
XserverX10電話/メール
ロリポップハイスピード電話/メール/チャット
mixhostスタンダードメールのみ
ひーちゃん
ひーちゃん

ただし、さくらのレンタルサーバは感染症対策とテレワーク推奨で2020年3月2日以降は電話サポートを休止中です。

さくらインターネットのサーバー4つのデメリットをレビュー

さくらのレンタルサーバ5つのデメリットをレビューします。

初期費用がかかる

sakura_standard

さくらのレンタルサーバは初期費用がかかるのがデメリットです。ブログ開設時はサーバー代やドメイン代など出費が多くなります。少しでも費用を抑えたいブログ開設時に初期費用がかかるのは大変です。

レンタルサーバー料金プラン初期費用
さくらのレンタルサーバスタンダード1,048円
ConoHa WINGベーシック無料
XserverX103,300円
ロリポップハイスピード無料
mixhostスタンダード無料

最近は初期費用の掛からないサーバーも増えてきたので、比べると損した気分になります。

コンテンツブーストはスタンダードプラン有料

sakura_cdn

さくらのレンタルサーバで使えるキャッシュ機能コンテンツブースト(CDN)はスタンダードプランまで有料なのがデメリットです。

キャッシュ

キャッシュとはブラウザがWebページの一部のデータを保管し、次のアクセスで読み込むデータ量を減らし高速化する仕組み。chromeやsafariなどのブラウザで利用できる。

プレミアムプラン以上は無料なものの、スタンダードプラン以下は月額料金1,100円が発生します。サーバー代より高い料金なので、コンテンツブーストを使いたい人ははじめからプレミアムプランを選ぶほうがいいですよね。

ひーちゃん
ひーちゃん

コンテンツブーストを使わなくても、さくらのレンタルサーバは 表示速度が速い ため問題ありません。

プラン変更できない

sakura_plan

さくらのレンタルサーバはプラン変更できないのがデメリットです。そのためブログのアクセスが増え転送量が足りなくなったり上位プランだけの機能を使いたくなったりしたら、同じ名義でもう1サーバーを借りるしかありません。

大手サーバーの場合、プラン変更は当然のようにできます。プランアップに他社サーバーより手間がかかるため、正直面倒です。

独自ドメインをもらえない

sakura_domain

さくらのレンタルサーバは独自ドメインをもらえないのがデメリットです。大手レンタルサーバーは1年以上の長期契約をすると、たいてい独自ドメインを1つ無料でプレゼントしてくれます。比較すると損ですよね。

レンタルサーバー料金プラン独自ドメイン
さくらのレンタルサーバスタンダードもらえない
ConoHa WINGベーシックサーバー契約中2個永久無料
XserverX10サーバー契約中1個永久無料
ロリポップハイスピードサーバー契約中1個永久無料
mixhostスタンダードサーバー契約中1個永久無料
ひーちゃん
ひーちゃん

格安サーバーでも時折1年無料サービスくらいありますからね。

他社サーバーはサーバー契約期間中は独自ドメインの更新費用がかかりません。年間1,200円ほどの差ですが、それでも比べればさくらのレンタルサーバのデメリットと言えます。

サーバー移転機能がない

sakura_moving

さくらのレンタルサーバはサーバー移転機能がないのがデメリットです。そのため、いま他社サーバーで運営しているブログをさくらのレンタルサーバに移転するのが大変です。専用ソフトを使って操作しなければならず、サーバー知識がないとハードルを高く感じるかもしれません。

他社サーバーは移転機能があります。

さくらのレンタルサーバなし
ConoHa WINGあり
Xserverあり
ロリポップあり
mixhostあり
ひーちゃん
ひーちゃん

自社に移転してもらいやすくなる機能なので、正直さくらのレンタルサーバにないのは不思議です。

さくらインターネットのサーバーに関するよくある質問

さくらのレンタルサーバに関するよくある質問に答えました。

さくらインターネットのサポートがひどいというのは本当?

いいえ、 さくらのレンタルサーバのいい評判・口コミ で紹介したようにさくらインターネットのサポートはひどいと思えません。Twitter上で擁護するコメントが多いうえ、サポートセンターの人たちの専門知識もレベルが高いという声もありました。

さくらインターネットのサポートは決してひどくないので安心して利用できます。

さくらのレンタルサーバのWordPressの高速化はどうするの?

さくらのレンタルサーバのWordPress高速化はコンテンツブースト(CDN)を使います。プレミアムプラン以上なら無料で使えるものの、スタンダードプラン以下は月額料金1,100円がかかります。

さくらのレンタルサーバのWordPress高速化の別の方法は、モジュール版PHPを使うことです。使用するPHPをCGI版ではなくモジュール版にしましょう。これだけで高速化できます。

さくらインターネットの無料SSLのデメリットは?

さくらインターネットで使える無料SSLのデメリットは、自動更新に対応しておらず90日に1回手動更新が必要なことです。しかしさくらインターネットは自動更新できるよう設定されているため、ブログ運営者が無料SSL独特のデメリットを被ることはなく、手間はかかりません。

まとめ

さくらインターネットの提供するさくらのレンタルサーバはおすすめできるレンタルサーバーでした。月額料金が安いうえ、表示速度も速いです。さらに充実したバックアップ機能や安定した稼働率などメリットもたくさんあります。

次のような人におすすめです。

さくらのレンタルサーバはこんな人におすすめ!
  • ポートフォリオや会社のホームページを作りたい!
  • 余ったディスク容量を有効活用したい!
おトクなキャンペーン!

さくらのレンタルサーバ キャンペーン

  • 期間:定めなし
  • 特典:全プラン2週間無料お試し

さくらのレンタルサーバ はこちら。

ぜひさくらのレンタルサーバを使ってみてください。開設方法は さくらのレンタルサーバの始め方【WordPressブログ開設5ステップ】 にまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました