99.9%じゃ低い?レンタルサーバーの稼働率とは?

サーバー基礎知識
ひーちゃん@ライター

12社のサーバーを契約中です(2020年11月7日時点)。WordPressブログは2017年11月からはじめました。1年2ヶ月で月50,000円のブログ収入達成。このブログはXserverで運営しています。

ひーちゃん@ライターをフォローする

レンタルサーバーの稼働率とは、サーバーが停止せずに正常稼働している時間を示した指標。

稼働率99.99%のサーバーは、1年間(8,760時間)で1時間ほどしか停止しません。稼働率が下がるとブログの収益率も下がります。

レンタルサーバーの稼働率はサーバー選びの重要な基準です。

この記事では稼働率の計算方法と、個人が利用する場合の稼働率の目安を解説します。

レンタルサーバーの稼働率とは

レンタルサーバーの稼働率は、正常稼働している時間の割合です。

サーバーが停止し利用できない時間が増えるほど稼働率は下がります。

高い稼働理をキープするには、24時間365日の有人監視はもちろんトラブル対応のノウハウや技術力も欠かせません。

稼働率の計算方法

稼働率は、次の式で計算できます。

(正常稼働時間-停止時間)÷正常稼働時間×100=稼働率

正常稼働時間を8,760時間(24時間365日)を例に考えましょう。

そのサーバーで8時間の停止時間が発生しました。

稼働率は、
(8,760-8)÷8,760×100=99.908%
となります。

基準となる正常稼働の定義はレンタルサーバーにより異なる

正常稼働の定義はレンタルサーバーにより異なることを覚えておきましょう。

たとえば、あるサーバーでは天災やメンテナンスによるサーバー停止を停止時間に含めないかもしれません。

そうなれば、実際にはサーバーが稼働していない時間があったとしても稼働率は下がりません。

具体的に考えましょう。

ある天災やメンテナンスは停止時間に含めないサーバーを借りていました。

  • 天災により10時間
  • 定期メンテナスにより1時間
  • トラブルにより1時間

合計12時間はサーバー停止していますが、天災やメンテナンスは停止時間とみなさないため、サーバーが停止時間とみなすのはトラブルによる1時間だけです。

この場合の稼働率は、

(8,760-10-1-1)÷(8,760)=99.863%ではなく、
(8,760-10-1-1)÷(8760-10-1)=99.988%

とみなされます。

ですから、稼働率を把握するときは必ず正常稼働の定義をチェックしなければなりません。

稼働率99.9%と稼働率99.9%の違い

稼働率99.9%と稼働率99.99%は大きな違いがあります。

正常稼働時間が8,760時間(24時間365日)であるとき、それぞれの稼働率により停止時間はどれくらい差があるでしょうか?

  • 稼働率99.9%:約8時間46分
  • 稼働率99.99%:約52分

稼働率という数字で見ればわずかな差でも、時間で見れば大きな差がありますね。

レンタルサーバー選びの目安は稼働率99.99%

レンタルサーバーを選ぶ目安は稼働率99.99%がおすすめです。

稼働率99.99%はかなりハイレベルな稼働率ですが、それでもサーバー会社にとって達成不可能な数値ではありません。

何より、稼働率が下がるとブログの集客率や収益も下がります。

サーバーが停止してしまえば、ブログを見ることができないからです。

さらに悪いことに、見られないブログの名前を覚えられると(覚えてもらえるのは本来ありがたいのに)、「このページのタイトルは興味あるけど、もう見られないブログでしょ?」と思われます。

まるでお店の前まで足を運んでくれたのに、電気が付いていないために店を畳んだと勘違いされてしまったかのようです。そのお客さんは次から来てもらえません。

ですから、レンタルサーバーを選ぶ時は、妥協せずに稼働率99.99%の安定したサーバーを選んでください。

稼働率とサービス品質保証制度(SLA)の違い

品質保証制度(SLA)とは、稼働率が基準値を下回ったときに返金してくれる制度です。

品質保証制度があれば、サーバー停止を確認できたときに申請すれば相当額を返金してもらえます。

サーバー停止による売上の保証などはないにしても、サーバーとして機能していなかったことを認めてもらえるので、スッキリします。

品質保証制度そのものが稼働率保証のバッジとなり、安心してブログ運営できます。

稼働率99.99%またはSLAのあるレンタルサーバー一覧

サーバー稼働率SLA
Xserver99.99%
ConoHaWING
ロリポップ99.99%
mixhost
さくらのレンタルサーバ99.99%
ヘテムル99.99%
CPI

レンタルサーバーの稼働率 まとめ

レンタルサーバーの稼働率とは、サーバーが停止せずに正常稼働している時間を示した指標でした

稼働率が低いサーバーを選ぶと集客率や収益にも悪影響です。

稼働率99.99%または品質保証制度(SLA)のあるレンタルサーバーを選ぶことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました