WordPressおすすめレンタルサーバー3選!失敗しない選び方5つはコレ!

2021年11月26日

運営者情報

webライターの「ひー」です。2017年にWordPressを始め、1年2ヶ月でブログ月収5万円達成。これまで14社のサーバーを使いました。

WordPress運営にかかせないレンタルサーバー。WordPressを始め、成功させたいなら勝負はブログの土台となるサーバー選びから始まります。とはいえ、国内サーバーは何十社とあるうえ、スペックや機能の違いもいろいろ。

  • 価格で選ぶべき?それともスペック優先?
  • 公式サイトを見ても違いがわからない!
  • 結局、未経験者がWordPressを始めるならどれがおすすめ?

それで、この記事ではWordPressにおすすめなレンタルサーバー3社を徹底比較しました。これまで14社のサーバーを実際に利用した経験をベースに、おすすめサーバーを厳選しています。結論、WordPressに初挑戦したいなら、アフィリエイター・ブロガー満足度No.1*を獲得したmixhostがおすすめです。
*日本マーケティングリサーチ機構 2019年7月 サイトのイメージ調査

イチオシ!WordPress運営のレンタルサーバーに迷ったらmixhost

未経験者が、どのサーバーにするか迷ったならmixhostを選んでください。未経験者にとっての1番の壁となるのはWordPressブログの立ち上げです。この壁を乗り換えないとブログ運営はできません。「クイックスタート機能」で簡単に始められるmixhost を選びましょう。

wordpress-quick-strat

WordPressクイックスタートは、サーバー契約時にブログ設定の以下5つが終わる簡単機能。

  • 独自ドメイン取得
  • ドメインとサーバーの紐づけ作業
  • データベース作成
  • WordPress設置
  • SSL化

ブログ未経験者も10分でスムーズにブログを始められる。

そのうえ、mixhostは速さや機能性に優れています。スペック重視のブロガーやアフィリエイターがたくさん利用してきました。現在の利用者数は20万サイト以上。

おすすめなプレミアムプランの実質月額料金は979円と安くありませんが、集客・収益化を目指しているなら妥協せずにmixhost を選んでください。

mixhostでWordPressを始める手順はコチラ

  • 特典①:初回支払額 最大50%OFF(プレミアムプラン以上)
  • 特典②:独自ドメイン1個永久無料(契約期間12ヶ月以上)
  • さらに:常に初期費用無料
  • しかも:30日間全額返金保証(返金手数料2,000円)

\ 終了日未掲載で急に終わるかも?今すぐチェック! /

失敗しないレンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーは5つのポイントで選ぶことが重要です。14社のサーバーを借りた経験を活かし、最適なサーバーを見つけるヒントを解説しました。専門用語解説付きです。

実質月額料金(サイトの種類や目的に適合させる)

cridt_card

レンタルサーバーは、サイトの種類や目的にあった実質月額料金で選びましょう。料金によって速さや使いやすさが変わるからです。例えば、集客・収益目的ならサイトを利用する人が快適に使える表示スピードにこだわらねばなりません。

「何のためにサーバーを借りるのか?」をきちんと明確にしましょう。

ブログやサイトを始めるなら、必要経費はサーバー代だけではありません。

blog-real-price

実質月額料金とは、ブログ運営費総額の以下3つから計算した実質の月額料金。

  • サーバー月額料金
  • サーバー契約初期費用
  • 独自ドメイン代

サーバー月額料金だけ安いサーバーを選んでも実質月額料金は安くならない場合があり、3つすべてを考慮することが運営費の正しい見直しと言える。

3つの目的にあわせ、月額料金の目安を算出しました。

もちろん、高額なサーバーを使えばより安定し速くなるものの、コストも考えればこれが現実的です。

今すぐおすすめサーバーを見る

収益目的のブログ・アフィリエイトサイト:月額料金500~1,200円

収益目的のブログやアフィリエイトサイトを作りたいなら、月額料金500~1,200円のサーバーがおすすめです。この価格帯は速さや使いやすさを追求しています。

affiliate-about2

アフィリエイトとは、ブログやサイトで宣伝商品が購入・契約されると得られる広告報酬の仕組み。個人・企業を問わず利用されている。

収益目的のブログ・アフィリエイトサイトでは、ある程度の速さが必要です。Amazonや楽天市場の表示が遅いとイライラしませんか?早く商品を見せてほしいですし、あまり遅いようなら使いたくありません。表示が遅いと顧客がいなくなります。収益化したいなら高性能なサーバーを使いましょう。

ただしサーバーの月額料金を上げるほど表示速度が無制限に早くなるわけではありません。月額料金1,200円を超えると速度の変化はほとんないため、これ以上のサーバーは必要ないでしょう。

表示速度はGTmetrixなどのツールでページ読み込み時間を計測しましょう。

今すぐおすすめサーバーを見る

ホームページ・ポートフォリオ:月額料金250~500円

ホームページやポートフォリオなら月額料金250~500円のサーバーがおすすめです。この価格帯は、使いやすさは劣るもののディスク容量や転送量は充実しています。

server-capacity

ディスク容量とは、サーバーのデータ保存容量のこと。容量が多いほど画像やテキストなどのブログデータ、メールデータをたくさん保管できる。パソコンのHDDやSSD、スマホの内部ストレージと同じ意味。

server-transfer-amount2

転送量とは、ブログを表示するための通信量のこと。スマホのギガ(データ通信量)に似ている。例えば、1日100GBの転送量のサーバーは100GBを超えると転送できず、アクセス制限される場合がある。

サイト運営者がサーバーにアップロードするときも転送量を消費する。

3分で理解できる!レンタルサーバーの転送量とは?

画像をたくさん載せるポートフォリオの場合、容量は多めのサーバーを選びましょう。特にデザイナーやフォトグラファーは容量がたくさん必要です。ディスク容量100GB前後のサーバーを選ぶと安心できます。

会社のホームページを作るなら転送量に注目しましょう。転送量が少なくアクセス制限されるとホームページが表示されません。表示されず会社のイメージが下がらないよう転送量は1日50GB以上を選びます。

ポートフォリオなどで動画を載せる場合、ディスク容量・転送量を気にする必要はありません。

たいていはYouTube等にアップロードした動画を埋め込むため、自分のサーバーのディスク容量や転送量を消費しないからです。この場合、消費されるのはYouTube側のディスク容量や転送量です。

今すぐおすすめサーバーを見る

WordPressを使わないHTMLによるサイト:月額料金100~250円

WordPressを使わないHTMLによるサイトは月額料金100~250円のサーバーがおすすめです。WordPressを使わずHTMLとCSSだけで作るサイトは非常に軽く、ハイスペックなサーバーが必要ないからです。

html-css

HTMLとCSSとは、それぞれウェブサイトを作る言語の1つ。これらの言語を使いウェブサイトの文章や大きさやフォントを決めていく。WordPressブログの作成にHTMLやCSSの知識はあると便利なものの必要不可欠ではない。

ただし、HTMLやCSSを使ってwebサイトを作るのはむずかしくおすすめできません。これからブログやホームページを作りたいなら、この価格帯のサーバーを選ばずWordPressの快適なサーバーを選びましょう。

今すぐおすすめサーバーを見る

使いやすさ(WordPressインストール・バックアップ機能)

wordpress_new_post

レンタルサーバーは、WordPressインストールやバックアップ機能などの使いやすさで選んでください。使いにくいサーバーを選ぶとブログをはじめるにも管理するにも時間がかかります。サーバーの設定や運用そのものは1円の収益にもなりませんし、1人の顧客を呼ぶわけでもありません。

はじめから使いやすさにこだわったレンタルサーバーを選ぶなら、本来やるべきホームページ更新やブログ記事投稿に時間をかけられます。

今すぐおすすめサーバーを見る

WordPress簡単インストール&データベース自動生成は必須

WordPress簡単インストールとデータベース自動生成は必須機能です。

wordpress-easy-install

WordPress簡単インストール機能とは、WordPressに必要はデータベース作成やWordPressシステムの設置がワンクリックで終わる機能。ほとんどの国内サーバーで利用できる。
しかし、ドメイン関連の設定など基本的で欠かせない設定の多くは、自分でしなければならない。

ただ、WordPressのインストールやデータベースの生成を自力でするのは非常に大変です。未経験者ならほぼ間違いなく操作につまづきます。経験者でもムダな時間を使うだけです。

ですから、WordPress自動インストールとデータベース自動生成のできるサーバーを選ぶのがおすすめです。

7日間以上のバックアップ機能と復元が簡単

7日以上のバックアップ機能と復元が簡単なサーバーを選びましょう。バックアップがないサーバーはデータが壊れた場合、復旧できません。復元方法がむずかしいサーバーも復旧に手こずります。バックアップと復元どちらも簡単にできるサーバーがおすすめです。

バックアップ期間は7日以上と多いほうがいいです。もしブログのトラブルに気付かないままバックアップ期間を過ぎると元に戻せなくなります。とはいえ、毎日ブログを見れる人も少ないでしょう。バックアップ期間の長いサーバーが楽です。

バックアップは無料でも復元は有料サポートのサーバーがあります。とくに安いレンタルサーバーの場合、この傾向が顕著です。今回、紹介しているサーバーではロリポップ!がそうです。復元をお願いすると実質月額料金が跳ね上がるので注意してください。

出来る対策としては、バックアップ用のWordPressプラグインを活用することです。

表示速度(ページ読み込み時間)

表示速度の速いレンタルサーバーを選びましょう。表示に時間がかかるブログは読んでもらえません。ページが読み込まれる前に他サイトに移ってしまうからです。

今すぐおすすめサーバーを見る

サーバー無料お試し期間で同条件のサイトを速度計測するのが理想

サーバー無料お試し期間で同条件のサイトを速度計測するのが理想と言えます。こうすれば速度の違いがわかり、早いほうを選びやすくなるからです。

とはいえ、たいていの人はそこまでできません。時間や労力がかかりすぎます。

実際に14社のサーバーのページ読み込み時間を計測しました。

server-comparison-gtmetrix-lcp-graph

LCP(最大コンテンツのページ読み込み時間)はGTmetrixで計測しています。ページ読み込み時間が1.5秒までのサーバーは速いほうだと考えて大丈夫です。収益目的なら1.5秒以内のサーバーを選んでください。

ブラウザキャッシュ機能付きサーバーは表示速度を速くできる

ブラウザキャッシュ機能付きサーバーは表示速度を速くできます。キャッシュ機能付きサーバーなら2回目以降のアクセスは1回目より速いです。

browser-cache

ブラウザキャッシュ機能とは、一度表示したwebページの情報をブラウザに保存し、次の表示はサーバーにアクセスせず表示させる機能。読み込み量を減らすことで表示速度が速くなる。同機能はサーバーで設定したり、テーマやプラグインで設定したりできる。

稼働率(サーバーの安定性)

稼働率の高いレンタルサーバーを選びましょう。

server-occupancy

稼働率とは、サーバー稼働時間のうちトラブルなく正常稼働した時間の比率。稼働率99.99%は、1年間(8,760時間)のうち1時間ほどしか停止せず、残りは正常稼働したことを示す。

99.9%じゃ低い?レンタルサーバーの稼働率とは?

稼働率が低いサーバーはトラブルやメンテナンスが多く、安定しません。ブログが表示されなかったり記事更新ができなかったりします。

「安定している」と謳うサーバーでも、稼働率を公開していない場合が多いので注意しましょう。

今すぐおすすめサーバーを見る

稼働率公開または品質保証サーバーが安心

稼働率公開または品質保証したサーバーが安心です。

稼働率の高さはサーバー会社の管理体制やセキュリティ性能など、会社としての総合力や品質が問われます。当然、低い稼働率は公開できません。逆に言えば、稼働率を公開または品質保証できるサーバーなら十分な品質や総合力があるので、安心してブログ運営できます。

品質保証より実績99.99%が優れています。品質保証は99.99%を下回ったときの保証なのに対し、実績99.99%はそれを下回るとそう呼べなくなるからです。

サポート(電話・チャット・メール)

サポートの充実したレンタルサーバーがおすすめです。トラブルやエラーが生じたとき、サポートが必要になります。サポートは3種類です。

support-kinds
  • 電話サポート:ブログ未経験者必須。即時対応で適切な指示がもらえる。
  • メールサポート:リンクを受け取れる。メールが来るまで待機する。
  • チャットサポート:即時対応で適切なサポートを受けられる。

全種類のサポートがあれば安心できるものの、そうなると月額料金が高くなります。自分にあったサポートの種類を選びましょう。

今すぐおすすめサーバーを見る

ブログ未経験者は電話サポートやチャットサポートを選ぶべき

ブログ未経験者は電話サポートやチャットサポートを選ぶべきです。電話やチャットはリアルタイムで対応してくれるからです。メールの場合、返信に時間がかかるかもしれません。

意外に有効なのがチャットサポートです。疑問を入力すると最適なヘルプページへ案内してくれます。よくある質問やFAQから探しだせなくても、チャットが見つけてくれるからです。

WordPressにおすすめなレンタルサーバー比較表

WordPressにおすすめなレンタルサーバー3社を徹底比較しました。

※2021/11/12時点のキャンペーン価格を反映

比較内容mixhost
(プレミアムプラン)
エックスサーバー
(スタンダードプラン)
ロリポップ!
(ハイスピードプラン)
ポイント速くて簡単速いお手頃
実質月額料金979円834円550円
36ヶ月総額35,244円30,012円19,800円
ドメイン代1個永久無料1個永久無料1個永久無料
初期費用無料無料無料
月額料金979円
(37ヶ月以後1,958円)
742円550円
ページ読込時間未計測0.954秒1.2秒
10分スタートありありなし
簡単設置機能ありありあり
稼働率99.99%品質保証実績99.99% 実績99.99%
ディスク容量350GB300GB320GB
転送量24TB/月900GB/日900GB/日
無料独自SSLありありあり
サポートメール 電話・メール 電話・メール・チャット
自動バックアップ14日間14日間非公開
復元料金無料無料11,000円
マルチドメイン数無制限無制限無制限
データベース数無制限無制限無制限
※税込総額表示

WordPressおすすめレンタルサーバー3社徹底解説

mixhost

未経験者が迷ったらコレ!
おすすめNo.1サーバーです。1番簡単にWordPressブログを始められ、かかる時間は10分。しかも表示速度が速い!
スペック重視のブロガーが多い人気サーバーです。
mixhostの評判・メリットデメリットはコチラ

mixhost おすすめプレミアムプランの実質月額料金は979円とやや高めとはいえ、速度や機能性を考えれば納得の価格です。

未経験者におすすめの理由は速さと使いやすさ。契約時に「WordPressクイックスタート」で申し込めば、WordPressブログが完成します。

wordpress-quick-strat

WordPressクイックスタートは、サーバー契約時にブログ設定の以下5つが終わる簡単機能。

  • 独自ドメイン取得
  • ドメインとサーバーの紐づけ作業
  • データベース作成
  • WordPress設置
  • SSL化

ブログ未経験者も10分でスムーズにブログを始められる。

mixhost 表示速度は速く、ページ読み込み時間は1.6秒でした。

ただし、こちらはmixhostの高速化プラグインLiteSpeed Cacheライトスピード キャッシュを導入していなかったため、もっと速くなったかもしれません。

「高速サーバーと言われるのに遅い、どうすればいいの?」と困っているブログ運営者がたどり着くのがmixhost です。

mixhost は稼働率99.99%の品質保証付き。稼働率が99.99%に満たない場合、月額料金が10~30%返金されます。それだけ安定性に強い自信とこだわりを持っています。

セキュリティ対策も余念がなく、WAFにも対応。安心してブログ運営できます。

mixhostでWordPressを始める手順はコチラ

  • 特典①:初回支払額 最大50%OFF(プレミアムプラン以上)
  • 特典②:独自ドメイン1個永久無料(契約期間12ヶ月以上)
  • さらに:常に初期費用無料
  • しかも:30日間全額返金保証(返金手数料2,000円)

\ 終了日未掲載で急に終わるかも?今すぐチェック! /

3社比較表に戻る

エックスサーバー

これまでに使った14社のうち1番速かったサーバーです。速度・安定感・サポート・運用歴すべてに優れ、隙がありません。
長年ブロガーやアフィリエイターが利用し続ける超高速サーバーです。
エックスサーバーの評判・メリットデメリットはコチラ

エックスサーバー の実質月額料金は834円と最高値。ただし1番速かったことや18年以上の運用歴を考えれば決して料金は高くありません。速度は集客・収益に強く影響するため、この価格で最速が手に入るのはむしろ安いくらいです。

使いやすさに長けており、「WordPressクイックスタート」で申し込めば、契約完了時にWordPressブログが完成しています。残るは、デザインを決めるテーマをインストールすれば準備万端。正味10分ですぐにブログを始められます。

エックスサーバーはmixhostやロリポップ!他、高速サーバーで1番速い表示速度を計測しました。

速さにこだわるならエックスサーバー でしょう。サーバーを計測順位や収益のマイナス要因としたくないなら、ここを選んでください。

  • NVMe RAID構成のストレージ
  • NGINXのWebサーバー
  • XアクセラレータVer.2のキャッシュ機能

のおかげで、あなたのWordPressも確実に速くなります。

エックスサーバー は稼働率実績99.99%で非常に安定。WAFなどセキュリティ対策も充実しています。2003年からサービス提供され、長年ブロガーやアフィリエイターに選ばれてきただけあって、安定感の評判は抜群です。「なんだかんだエックスサーバーが無難」という口コミをよく見かけます。

メールサポートは24時間以内の返信を約束しています。対応が早いため、トラブルが起きても機会損失は少ないですし、「いつ回答してくれるか分からない」不安がなく安心です。さらに、電話サポートも対応しているので、メールが苦手な人も大丈夫。

エックスサーバーでWordPressを始める手順はコチラ

  • 特典①:最大45,000円キャッシュバック
  • 特典②:独自ドメイン1個永久無料

\ 期間限定!2021年12月02日18時まで /

3社比較表に戻る

ロリポップ!

安く始めたいならコレ!
コスパに1番優れたサーバー。月額550円でも、速さや機能はmixhostやエックスサーバーに負けていません。
「上記2社の料金は高い」と感じたら選ぶべきコスパ最強サーバーです。
ロリポップ!の評判・メリットデメリットはコチラ

ロリポップ! のハイスピードプランは、SSDストレージとLitespeedのWebサーバー採用で速いのに実質月額料金550円というお手頃感。速さと安さのバランスに長けるコストNo.1サーバーです。「mixhostやエックスサーバーの良さは分かるけど、もう少し安くしたい」と思った人にピッタリです。

ロリポップ! は、WordPress簡単インストール機能があったり、同じ運営会社のドメイン取得サービス「ムームードメイン」があることで、ドメイン取得や設定がスムーズだったりします。mixhostやエックスサーバーのように申込時にWordPressが完成する「10分スタート」は利用できないものの、比較的始めやすいサーバーです。

速度にこだわったハイスピードプランは、全プランSSD採用のロリポップ!でも別格の速さ。表示速度は1.2秒を記録しています。

ハイスピードプラン以外のプランも速く、最安でWordPressを使えるライトプランも1.5秒の表示速度を計測しました。

ですから、ロリポップ!は全プランの表示速度が速いので安心して下位プランも使えます。

ロリポップ! 稼働率実績99.99%で抜群の安定感があります。セキュリティ対策のWAFも標準装備で安心です。2001年にサービス提供されており、運用歴はエックスサーバー以上で実績も十分。

公式サイトによれば、ロリポップ! のサポート満足度は94%です。電話・メール・チャットサポートが利用できます。メール・チャットサポートは土日も利用できるため、週末ブロガーも安心です。たとえ土日にトラブルが起きてもサポートをお願いできます。

ロリポップ!でWordPressを始める手順はコチラ

  • 特典①:ライト・スタンダード・エンタープライズプラン最大20ヶ月契約期間無料延長
  • 特典②:ライトプラン以上独自ドメイン1個永久無料(12ヶ月以上契約)

\ 2021年12月21日23:59まで! /

3社比較表に戻る

まとめ

WordPress未経験者におすすめなレンタルサーバー3社を比較しました。

どれを選んでもWordPressを始められます。しかし、サーバーによって異なる速度や使いやすさはブログの成功や快適さを左右してしまうもの。最適なサーバーを選ぶことから勝負は始まります。

比較表を見比べながら、あなたにピッタリのサーバーでWordPressでブログを始めましょう!ブログの始め方はこちらの記事をご覧ください。