【失敗しない】レンタルサーバーの選び方とおすすめレンタルサーバー3選

レンタルサーバー

「レンタルサーバーを使いたいものの、どれがいいのか分からない」と悩んでいませんか?

 

わたしもWordPressブログをはじめて開設するときに、とても悩みました。

サーバーの知識もブログの知識もありませんでしたし、ブログをしている友だちもいなかったからです。

ネットで検索しても、おすすめするサーバーの違いがよく分かりませんでした。

 

結局、安いレンタルサーバーを使ってWordPressブログをはじめたのですが、ブログ記事数が増えるごとに「もっと良いサーバーを使いたい!」と感じるようになりました。

そのため、時間と手間をかけて2つ3つとサーバーを引っ越したんです。

ただしい選び方を知って最適なレンタルサーバーを使わないと、わたしと同じように余計な費用をかけたりムダな時間を割いたりすることになります。

 

WordPressブログをはじめたいなら、失敗しないレンタルサーバーの選び方を知ることが大切です。

この記事では、WordPressブログ歴3年目のわたしがサーバーの選び方5つのポイントおすすめレンタルサーバー3社を紹介します。

レンタルサーバーとは

そもそもレンタルサーバーとは、WordPressブログ運営に必要な”建物”のようなものです。

カフェを運営するにはテナント(店舗)を借りますが、同じようにWordPressブログを運営するにもレンタルサーバーを借りなければなりません。

 

建物にいろいろな備品を置いて立派なカフェにしていくように、レンタルサーバーに画像やテキストなどのデータを置いてWordPressブログを作り上げていきます。

建物の構造や設備の良さでカフェの快適さや売り上げが左右されるように、レンタルサーバーの性能や使いやすさでWordPressブログの快適さや収益にも影響が出ます。

 

それで、レンタルサーバー選びはWordPressブログ運営で最初に決めるもっとも重要な決定です。

「むずかしいから適当でいいや」とならず、きちんとレンタルサーバーを選びましょう。

【WordPress向き】レンタルサーバーの選び方5つのポイント

「知識がないから選べないよ」と思う人も多いですね。

わたしも過去にたくさん悩んでいたので気持ちは分かります。

むずかしいサーバーの知識はいらないので、次の5つのポイントでレンタルサーバーを選びましょう。

5つのポイント

  • 月額料金
  • 表示速度
  • WordPress簡単インストール機能
  • サポート
  • プラン変更

月額料金

まず、大事なのが月額料金です。

”レンタル”サーバーですから、賃貸物件と同じで使用料を毎月支払わないといけません。

賃貸物件と同じで高いサーバーもあれば安いサーバーもありますし、コスパに優れたサーバーもあればコスパの悪いサーバーもあります。

 

「これからWordPressブログをはじめたい」と考えている人は、ぜひ月額料金250~1,000円の範囲ではじめましょう。

 

100円程度の格安レンタルサーバーは、ものすごくブログの表示速度が遅かったりデータ使用量が少なかったりします。

バックアップをしてくれないこともあり、データが消えれば終わり。

まるで、訳あり物件のようです。

かといって、毎月1,000~5,000円の料金を支払うとブログ運営の負担は大きくなります。

人生初のカフェが上手く経営できるか分からないのに高額な家賃の物件を借りては経営難に陥ります。

 

ですから、レンタルサーバーは月額料金250~1,000円から選びましょう。

高いレンタルサーバーはブログ運営が軌道になってきてから引っ越せばいいので、”まぁまぁな価格”のサーバーでOKです。

表示速度

次に、表示速度で選びましょう。

レンタルサーバーの表示速度は、カフェで言う快適さのようにブログを見る人の”居心地の良さ”に影響します。

 

ブログのページが遅くてイライラしたことはありませんか?

ですから、表示速度の速いレンタルサーバーを使いましょう。

 

「表示速度なんてサーバー知識がないのに、どうやって分かるの?」と思いますよね?

大丈夫です。

「月額料金」でお話しした月額料金250~1,000円のレンタルサーバーを借りれば、表示速度は十分です。

月額料金250~1,000円のレンタルサーバーは、車でたとえるなら時速40km~100㎞くらいの速度が出ます。

「法定速度~高速道路をしっかり走れる」のと同じ快適さで、ちょうどいい速度です。

 

「価格帯だけでなく、もっと具体的な基準で選びたい!」と思う人は、下の2つのキーワードがあるかどうかをレンタルサーバーの仕様からチェックしましょう。

  • サーバースペック:SSD採用
  • Webサーバー:NGINXまたはLiteSpeed

ハードディスクのパソコンよりSSDを載せたパソコンが快適なのと同じで、SSD採用のサーバーなら表示速度は速いです。

Webサーバーは、NGINX(エンジンエックス)またはLiteSpeed(ライトスピード)という名前がついていれば安心です。

もしApache(アパッチ)という名前のWebサーバーが使われているようなら、ちょっと古いタイプのWebサーバーなので遅くなります。

 

まとめると、SSD採用のNGINXまたはLiteSpeedのWebサーバーを使っているため表示速度がしっかり出るレンタルサーバーを選びましょう。

試用期間のあるレンタルサーバーでお試ししてから選んでもいいですね。

【関連】【お試ししないと損】試用期間でテストできるレンタルサーバー13選

WordPress簡単インストール機能

3つ目に、WordPress簡単インストール機能です。

 

そもそもWordPressとは、ブログ運営に必要な無料ソフトウェアのことです。

WordPressはサーバーを借りれば、はじめからインストールされているわけではなく自分でインストールしないといけません。

パソコンを買ったときも基本ソフト以外は、インターネットからダウンロードしますよね?

同じようにWordPressもサーバーにインストールしてあげないといけませんが、実はWordPressインストールが初心者には超むずかしいんです。

「カタカナや英数字がいっぱい出てくると面倒くさい」と思う人は、たぶん無理です。

恥ずかしながら、わたしは今も苦手なので自力でインストールしたことはありません。

 

でも、レンタルサーバーによってはWordPress簡単インストール機能を用意しているので問題ありませんでした。

WordPress簡単インストール機能があれば、サーバーを借りて2,3回クリックすればWordPressがインストールされます。

”簡単”ですよね。

 

ですから、「WordPressもサーバーもよく分からない」という人ならWordPress簡単インストール機能があるレンタルサーバーを選んでくださいね。

サポート

続いて、サポートです。

サーバーのトラブルや困ったことに対応してくれるレンタルサーバーを選びましょう。

賃貸物件でお隣さんとのトラブルや設備の故障があったとき、管理会社や不動産屋に連絡しサポートしてもらいますよね。

トラブルや故障を自分で無理に解決しようとすると余計に状況が悪化したり、時間がかかったりします。

同じようにレンタルサーバーもトラブルが起きた時にはサポートが必要です。

 

サポート体制のしっかりしたレンタルサーバーを選べば安心してブログ運営できます。

「サポート体制の良さはどうすれば分かるの?」と思った人は、「レンタルサーバーの公式サイトを開いてすぐに”サポート”の文字を見つけられるか」で選びましょう。

すぐにサポートページや問い合わせページが見つけられないサーバーは選ばないのが無難です。

連絡先をなかなか教えてくれない管理会社や不動産屋ではサポートは期待できませんよね?

 

サーバートラブルにすぐ対応してもらえるレンタルサーバーを選びましょう。

プラン変更

見落としがちな最後の選び方のポイントは、プラン変更できることです。

ブログの運営状況に合わせてプランをグレードアップさせられるレンタルサーバーを選びましょう。

運営しているカフェが繁盛しテナントのスペースが手狭に感じたら、もっと広いテナントを使いたくなりますよね?

ブログ運営も1年2年と続けるとアクセスが増えていくため、ブログを見に来てくれる人が快適に使えるようサーバー性能を上げないといけません。

 

もしアクセスが増えているのにサーバーの性能が低いと「503エラー」が表示されることがあります。

503エラーとはカフェの入場制限と同じようなもので、ブログに来てくれる人が増え「もうこれ以上は店内に入れません。」となることです。

入場制限が起きると「混雑するカフェには行きたくない」と思う人も出てきますし、売れたはずのコーヒーも売れなくなり商売の機会を失います。

 

プラン変更ができないレンタルサーバーは、せっかくブログに来てくれた人を追い返してしまったり快適な速度が出せなかったりします。

ですから、きちんとプラン変更できるレンタルサーバーを選びましょう。

まとめ:レンタルサーバーの選び方5つのポイント

  • 月額料金:250~1,000円
  • 表示速度:SSD採用、NGINXまたはLiteSpeed採用
  • WordPress簡単インストール機能:あり
  • サポート:サポートページがすぐに見つけられる
  • プラン変更:できる

【WordPress向き】おすすめのレンタルサーバー3選

たくさんのレンタルサーバーから、本当におすすめできる3社だけを厳選しました。

「はじめてブログ運営をする」「ひさしぶりのブログ運営」という人なら、この3つから選べば間違いありません。

LOLIPOP!(ロリポップ)

項目月額料金(1年契約)表示速度簡単インストールサポートプラン変更
評価★★★★☆★★★☆☆★★★★★★★★★☆★★★★☆
内容ライト:250円
スタンダード:500円
ハイスピード:1,000円
エンタープライズ:2,000円
ライト:HDD&Apache
スタンダード:HDD&Apache
ハイスピード:SSD&LiteSpeed
エンタープライズ:SSD&LiteSpeed
あり
マニュアル付
ライト:メール&チャット
スタンダード:電話&メール&チャット
ハイスピード:電話&メール&チャット
エンタープライズ:電話&メール&チャット
上位プラン変更可
下位プラン変更不可
【公式サイト】https://lolipop.jp/
バランス重視の老舗レンタルサーバー

もっともおすすめなのがLOLIPOP!(ロリポップ)です。

ロリポップを1番におすすめしたのは、バランスがいいんですよね。

 

ライトプランは250円からはじめられるため、ブログ運営にかかる固定費がグンと安くなります。

上位プランへの変更ができるため、ブログのアクセスが伸びていけばスタンダードプラン、ハイスピードプランに変更すればOKです。

 

わたしもはじめてのWordPressブログはロリポップのライトプランからはじめ、その後スタンダードプランに変更しました。

当時はハイスピードプランがなかったため、ブログが成長してからは他社サーバーに移したのですが、もしハイスピードプランがあればこのまま続けていたと思います。

 

ブログを開設したばかりの半年はアクセスも1日50PV行くかどうかなので、正直ライトプランでも問題ありません。

でも、1日100~300PVまで行くようになると、そろそろアフィリエイト成果が出始めるころなのでスタンダードプランに変えていったほうがいいです。

 

ロリポップなら、ブログの成長に合わせてサーバースペックを成長できるので、とてもおすすめです。

ConoHaWING(コノハウィング)

項目月額料金表示速度簡単インストールサポートプラン変更
評価★★★☆☆★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
内容ベーシック:1,200円
スタンダード:2,400円
プレミアム:4,800円
SSD&Apache+NGINXあり
マニュアル付
ベーシック:電話&メール&チャット
スタンダード:電話&メール&チャット
プレミアム:電話&メール&チャット
上位プラン変更可
下位プラン変更可
【公式サイト】https://www.conoha.jp/wing/
サバサバサーバーもConoHaWINGを使用中!

ConoHaWING(コノハウィング)国内最速のレンタルサーバーで、表示速度の速さが最大の特徴です。

ページがパパッと表示されるのでブログに来てくれた人が快適に使えるのはもちろん、ブログ運営者の作業もはかどります。

居心地のいいカフェはお客さんだけでなくスタッフも快適に過ごせるのと同じように、読者も運営者も快適なのがConoHaWINGです。

実際、2020年2月にはレンタルサーバー満足度で3冠を達成したほど、ブロガー・アフィリエイターから大人気。

【関連】【お知らせ】[WING]レンタルサーバー満足度調査で3冠達成

 

長期契約の「WINGパック」を選べば月額900円からはじめられリーズナブルです。

 

ちなみに、コノハウィングは月額料金はやや高めなものの契約手数料や解約金などがないので、はじめやすく辞めやすいです。

試しにブログをやってみようと考えている人にちょうどいいレンタルサーバーですね。

Xserver(エックスサーバー)

項目月額料金表示速度簡単インストールサポートプラン変更
評価★★☆☆☆★★★★☆★★★★★★★★★☆★★★★★
内容X10:1,000円
X20:2,000円
X30:4,000円
オールSSD&NGINXあり
マニュアル付
全プラン:電話&メール上位プラン変更可
下位プラン変更可
【公式サイト】https://www.xserver.ne.jp/
バズに強い安定性抜群のレンタルサーバー

Xserverは瞬間アクセスやバズに強い安定感抜群のレンタルサーバーです。

 

NGINXを採用したオールSSDのサーバーなので、ブログへの瞬間アクセスが増えても簡単には落ちません。

最安のX10プランでも、”リアルタイムアクセスが4桁を超えても落ちなかった”という口コミもあるほどです。

TwitterやInstagramなどと連携したブログ運営や、Google砲(Google検索のおすすめ表示のこと)を狙ったブログ運営に向いています。

 

わたしもほかのブログで使った経験があり、Xserver乗り換え後に収益がグンと伸びました。

表示速度はアクセスや滞在時間ひいてはブログ収入にも影響するので、安定したブログ成長を期待するならおすすめです。

【WordPress向き】レンタルサーバーのよくある質問

レンタルサーバーを選ぶときのよくある質問10個にこたえます。

気になるものだけ読んでくださいね。

  1. WordPressとは何ですか?詳しく教えてください。
  2. 共用サーバーと専用サーバーの違いは何ですか?
  3. クラウドサーバーとは何ですか?
  4. Webサーバーとは何ですか?
  5. データ転送量とは何ですか?
  6. ディスク容量とは何ですか?
  7. レンタルサーバーはバックアップは無料でしてくれますか?
  8. マルチドメインとは何ですか?
  9. 無料で使えるレンタルサーバーはありますか?
  10. 個人と法人は同じ基準でレンタルサーバーを選べばよいですか?

WordPressとは何ですか?詳しく教えてください。

WordPress(ワードプレス)とは無料のオープンソフトウェアのことです。

WordPressのおかげで以前よりブログ更新が楽になりました。

ひと昔前までのブログ更新は、HTML(エイチ・ティー・エム・エル)のコードでwebページを作り、ファイル転送ソフトを使ってHTMLファイルをドメイン(URLのこと)にアップロードしていました。

しかし、WordPressのおかげで今は、WordやGoogleドキュメントで文章を書くかのように記事を書いたり装飾したりするだけと、とっても簡単にブログが更新できます。

WordPressがあるからこそ、HTMLやCSSなどのむずかしい知識がない人でもブログを作り上げることができるんです。

共用サーバーと専用サーバーの違いは何ですか?

共用サーバーと専用サーバーは、どちらもブログのデータを保管したり引き出したりする役割を果たします。

 

ただし、共用サーバーはマンションの共用スペースのようにほかの人も一緒に過ごします。

共有スペースが好き勝手に部屋のデザインや機能を変えられないのと同じで、共用サーバーも拡張性がなく自由度が低いです。

また、一緒に過ごす人がたくさんお客さんを連れてくる(アクセスが増える)と自分がせまい思いをするのと同じで、共有サーバーも他の人のサイトのアクセス状況を受けてしまいます。

とはいえ、みんなで使うので料金はすごく安いのが共有サーバーです。

 

一方、専用サーバーはマンションの一部屋を借りるようなもので自分ひとりだけが使います。

当然、共用サーバーより料金がグンと上がりますが、ほかの人の影響を受けません。

サイト運営にしっかり集中できる環境が整っているのが専用サーバーです。

 

この記事で紹介した3社だけでなく、個人でブログを始める人のほとんどが使っているのは共用サーバーです。

クラウドサーバーとは何ですか?

クラウドサーバーは、一流ホテルのようにお客さんが増えたら(アクセスが増えたら)適度にスタッフを増やして快適に過ごせるようにしてくれるサーバーです。

共用サーバーや専用サーバーと違って、アクセスに応じてサーバーの使用量を柔軟に増やせます。

とはいえ、柔軟に対応してくれるからこそ料金も高いのがデメリットです。

Webサーバーとは何ですか?

Webサーバーは、ブログを見る人の依頼に応じてサーバー内のデータを引っ張り出してくる役割を果たしています。
もしWebサーバーがなければ、データを引き出せないのでブログがまったく表示されません。

 

また、Webサーバーはサーバーからデータを探して引っ張り出してくれるわけですが、その仕事が速いほどサイトの表示速度は速くなります。

長年第一線で働いてきたのがApache(アパッチ)というWebサーバーですが、最近はNGINX(エンジンエックス)LiteSpeed(ライトスピード)という新しいWebサーバーの速い仕事ぶりが人気です。

データ転送量とは何ですか?

データ転送量とは、サーバーにあるデータを引っ張り出して表示してあげる量のことです。
もっと、簡単に言えば仕事量とも言えます。
1日8時間労働と決まっていれば8時間を超えたら仕事は終わりになりますが、データ転送量も1日30GBと決まっていれば30GBを超えたら仕事が終わりです。

 

データ転送量が少ないとブログを見に来た人が多くても、「ごめんね、今日は仕事終わったんだ(転送量を超えたんだ)」と言ってサーバーは応答してくれません。

たくさんの人がアクセスする人気ブログに成長したり瞬間的にバズったりすると、データ転送量を確保しないとブログが見れなくなるんです。

 

webページはだいたい1ページが1.0~3.0MBので、1日30GBのデータ転送量のサーバーを借りると1日1~3万PV表示できるわけですね。

ディスク容量とは何ですか?

ディスク容量とは、サーバーに保存できるデータ量のことです。
パソコンのHDDやSSDのデータ量、スマホのストレージ(ROM)と同じ意味と考えて問題ありません。

文字や画像などのデータをたくさん保存したいならデータ量の多いサーバープランを選びましょう。

 

個人でブログをはじめるならデータ量は10GBもあれば正直十分です。

わたしが運営しているおよそ90記事のブログも、ディスク使用量は1.1GBしかありません。

でも、たいていのレンタルサーバーは50GB~200GBくらいのデータ量を用意してくれています。

WordPressブログを始めたばかりの頃はデータ量を気にしなくてOKです。

レンタルサーバーはバックアップは無料でしてくれますか?

たいていのレンタルサーバーは無料でバックアップしてくれます。

しかし、バックアップにあるデータを復元(リストアと言う)する作業は有料のサーバーも多いです。

 

またレンタルサーバーによって、バックアップを何世代前までしてくれるかも違います。

1日前のデータまでしか復元できないのか、それとも2週間前まで復元できるのか。

 

ブログのバックアップがないと、データが消えると「これまでの頑張りがすべて水の泡……」となります。

レンタルサーバーごとに違うバックアップ機能も知っておくのが無難です。

マルチドメインとは何ですか?

マルチドメインとは、1つの契約で複数のドメイン(URLみたいなもの)を持つことです。
マルチドメイン数と同じ数だけブログを作れます。
たとえば、マルチドメイン50個のサーバーを借りるとドメイン50個まで登録できるので、ブログを50個まで作れますね。

ちなみに、ドメインとはURLのことで、サバサバサーバーで言う「mvno-osusume.com」のこと。

はじめてWordPressブログを作る人は、当然マルチドメイン数は1個でいいわけですね。

ほとんどのレンタルサーバーは安いプランでも10~30個くらいはあります。

無料で使えるレンタルサーバーはありますか?

無料で使えるレンタルサーバーはありますが、ブログの収益化を考えているなら選ばないでください。

無料ブログは無料なのでサーバーの質が良くないです。

  • 強制広告が貼りつけられる
  • 遅い
  • バックアップがない
  • サポートがない

無料で使える分デメリットがとても多くなり、収益化の妨げになります。

収益度外視で趣味ブログをはじめるなら無料レンタルサーバーを使ってみてもいいですね。

【関連】【趣味で使える】WordPressが使える無料レンタルサーバー3選

個人と法人は同じ基準でレンタルサーバーを選べばよいですか?

個人で選ぶ場合は、今回紹介した「選び方の5つのポイント」を参考にしてください。

 

法人の場合は、さらに次の3つを意識しましょう。

  • 稼働率99.99%以上
  • メールサーバーの仕様

稼働率とは、1ヶ月にサーバーが停止した時間をパーセンテージで表しています。

稼働率99.99%以上なら1ヶ月で11分より短い時間しか停止していない、という計算です。

安定しているので、お客さんにサイトを安心して見てもらえますし、商売の機会損失も防げます

 

メールサーバーの仕様は、特にWordPressブログを入れるサーバーとメールサーバーが別になったプランを選びましょう。

もし、同じサーバーだとブログが表示されないだけでなく、問い合わせメールが届かないことになります。

問い合わせに答えないとなれば企業の信頼は失われるはずです。

ですから、法人の場合はメールサーバーの仕様も確認しましょう。

まとめ

WordPressブログをはじめるのに最適なレンタルサーバーの選び方おすすめレンタルサーバー3社を紹介しました。

おすすめレンタルサーバー3社から選べば間違いありません。

紹介しなかったレンタルサーバーが気になる人も、はじめに開設した選び方5つのポイントを意識しながら比較していけば、レンタルサーバー選びの失敗を避けられます。

 

今は「サーバーの知識がない」という人でも簡単にブログがはじめられます。

わたしもまったくサーバー知識がない状態からブログをはじめ、3年以上続けています。

一度サーバーを借りてしまえば、あとは好きなブログを書いて楽しむだけです。

 

「善は急げ!」と言うとおり、レンタルサーバーを調べた今日がブログをはじめるチャンスなので、ぜひおすすめ3選を使ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました