簡単!WordPressバックアップ&復元プラグインUpdraftPlus

プラグイン
ひーちゃん@ライター

12社のサーバーを契約中です(2020年11月7日時点)。WordPressブログは2017年11月からはじめました。1年2ヶ月で月50,000円のブログ収入達成。このブログはXserverで運営しています。

ひーちゃん@ライターをフォローする

WordPressで簡単にバックアップと復元をしたいならプラグイン「UpdraftPlus」がおすすめです。

ほかのプラグインより操作が分かりやすく、サーバーやWordPressの専門知識がない初心者もバックアップを確実に復元できます。

テーマを変更する前、新規プラグインを有効化する前に使うなら、安心して作業をすすめられます。

この記事でおすすめの設定復元方法を徹底解説しました。

【注意】UpdraftPlusはWordPressにログインできる前提の復元プラグイン

ただし、このプラグインはWordPressの管理パネルにログインできなければ復元できません。

もしWordPressの管理パネルが表示されない”まっしろ”な状態になると、UpdraftPlusは無力です。

UpdraftPlusは、

  • テーマを変更する、
  • プラグインを有効化する、
  • 記事を大幅に修正する前に

バックアップを取る目的で使いましょう。

WordPressにログインできない状態からの復元は、サーバーの自動バックアップ機能やBackWpupが有効です。

簡単すぎるUpdraftPlusの復元5ステップ

インストールされたUpdraftPlusの復元方法は5ステップです。

  1. UpdraftPlus[復元]タブから復元したいバックアプデータを選択
  2. 復元したい項目にチェック(分からなければ全チェック)
  3. チェックしたら[次へ]ボタンをタップ
  4. 復元がはじまるので、完了するまで待つ
  5. 完了すれば、Restore succesuful!と表示されるので[UpdraftPlus 設定に戻る]をタップで完了

GoogleDriveにUpdraftPlusでバックアップする5ステップ

GoogleDriveにバックアップする手順は5ステップです。

  1. UpdraftPlusをインストール&有効化
  2. UpdraftPlusの[設定]で保存先を[GoogleDrive]にし[変更を保存]
  3. アカウントを選択し、アクセスの許可(下線部分をクリック)
  4. 届いたメールで[アクティビティを確認]
  5. UpdraftPlusの[今すぐバックアップ]ボタンをタップ

UpdraftPlus まとめ

WordPressプラグイン「UpdraftPlus」を使えば、だれでも簡単にバックアップデータを復元できました。

ムズカシイ操作がないため、初心者におすすめです。

ただし、WordPressが壊れてしまい、ログインできない状態では復元不可能なため注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました