WordPressおすすめレンタルサーバー7選 →

プロが解説!読み込み2.5秒のバリューサーバーの評判・メリットデメリット

格安サーバーでおすすめされるValue Serverバリューサーバー

  • 利用者の評判はいいのか
  • 表示速度は速いのか
  • 初心者向きのサーバーなのか

と悩んでいませんか?

12社以上のサーバーを借りた経験と評判を見るかぎり、バリューサーバーはおすすめできません。

非常に遅いうえ、ブログ未経験者には使いにくいからです。

バリューサーバーではなく「WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ!」から最適なサーバーを選びなおしましょう。

この記事で、バリューサーバーの評判やメリットデメリットをレビューしました。

バリューサーバーの評判

バリューサーバーの口コミを集め評判をチェックしました。

いい口コミ・評判

バリューサーバーは安いと好評でした。

バリューサーバーは月額183円から使えます。

  • テスト用
  • ポートフォリオ用
  • 学習用

など収益化しないブログやサイトで、速度や安定性にこだわらないならお得です。

悪い口コミ・評判

バリューサーバーは遅いと不評でした。

Xserverなど超高速サーバーに比べれば、どうしても遅くなります。実際、私もデモサイトを作りましたが「表示速度はめちゃくちゃ遅い」と感じました。

さらに、バリューサーバーはサーバー障害が多いようです。

サーバー障害は避けられないものの、

  • 報告がない
  • 報告が遅い
  • サーバー障害情報を載せない

ということがあってはいけません。

稼働率未記載で不安」で後述しました。

バリューサーバーの料金・キャンペーン

バリューサーバーの料金・キャンペーン情報をまとめます。

契約期間まるっとエコスタンダードビジネス
12ヶ月146円183円367円1,883円
6ヶ月なし275円550円2,750円
3ヶ月なし366円733円3,666円
1ヶ月なし440円836円4,400円
初期費用無料1,100円2,200円3,300円
※税込総額表示

4つのプランがありますが、特徴的なのはまるっとプラン

サーバー代+独自ドメイン代で1ヶ月146円と超激安価格。

独自ドメインとは、世界に1つだけしかないドメインのこと。このサイトは「mvno-osusume.com」の独自ドメインを使っている。WordPressでブログをするなら独自ドメインはほぼ必須。

独自ドメインの年間費用は、おおよそ1,200円なので正直かなりお得といえます。

WordPress運営にかかる費用
  • レンタルサーバー代・初期費用
  • 独自ドメイン取得・更新費用
  • テーマテンプレート代
  • プラグイン代

目立つキャンペーンはありません。

バリューサーバーのメリットデメリットをレビュー

バリューサーバーのエコプランを契約しました。

これまで借りた12社のサーバーを思い出しつつ、メリットデメリットを正直にレビューします。

表示速度はめちゃくちゃ遅い

バリューサーバーの表示速度はめちゃくちゃ遅いです。

GTmetrixでページ読み込み時間を計測すると2.5秒でした。

理想の読み込み時間は何秒でしょうか。

Amazonのマーケターも務めた経歴をもつNeil Patel(ニール・パテル)はこう言いました。

47% of consumers expect a web page to load in 2 seconds or less.(消費者の47%は、Webページが2秒以内に読み込まれることを期待しています。)

How Loading Time Affects Your Bottom Line

彼によれば2秒以内に読み込まれるべきです。

バリューサーバーのデモサイトは、2.5秒。理想に届きませんでした。他社と比較しましょう。

server-comparison-gtmetrix-lcp-graph

比較してもやはりかなり遅いので、収益化目的のブログには向きません。

稼働率未記載で不安

バリューサーバーは稼働率が記載されていません。

稼働率とは、特定期間においてサーバーが正常に稼働した時間の割合。稼働率99.99%なら1年間(8,760時間)に1時間程度しかサーバー停止せず安定感が高いと言える。

基礎知識99.9%じゃ低い?レンタルサーバーの稼働率とは?

そのためサーバーの安定性は不安が残ります。どれだけサーバーが安定しているかは障害・メンテナンス情報から確認しましょう。

稼働率を公開しないのは、稼働率が低いからかもしれません。もし高い稼働率ならサーバーの特徴となるので公開するはず。未記載にはそれなりの理由があるのでしょう。

ブログ初期設定が面倒

バリューサーバーはブログ初期設定が面倒です。

ブログをはじめるには、サーバー契約を含め7つの設定が必要になります。

  • サーバー契約
  • ドメイン取得
  • SSL設定
  • データベース生成
  • WordPress設置
  • DNS設定
  • テーマテンプレートのインストール

バリューサーバーはWordPress簡単設置機能はあるものの、それ以外は自分でしなければなりません。

ブログ未経験者にとってはかなりのハードルです。

ひーちゃん
ひーちゃん

私も初サーバーでつまづき2週間放置しました。

ブログ未経験者なら、7つの操作がもっと簡単に終わるサーバーを選んでほしいと思います。ググりながら設定するのは時間がかかりますし、そのうちヤル気がなくなるのが人間。

絶対ブログをはじめると決意しているなら、はじめやすいサーバーを選ぶのが賢明です。「WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ!」ですぐに見つかります。

ビジネスプラン以外自動バックアップされない

バリューサーバーはビジネスプランしか自動バックアップされません。

自動バックアップがなければ自分でするしかありません。プラグイン(WordPressの追加機能のこと)を使ってバックアップを取得できます。でも面倒ですし、操作はむずかしいです。

ブログ未経験者ならつまづく可能性も。

面倒だからとバックアップしなければ、サーバートラブルや操作ミスでブログデータが消えると元に戻せません。

7つの支払方法を選べる

バリューサーバーのメリットは、7つの支払方法が選べること。

支払方法注意事項
クレジットカード自動決済支払い忘れを防げる
クレジットカード手動決済購入の都度、入力が必要
Yahoo!ウォレットYahoo!アカウントを使った
バリュードメイン会員登録が必要
Amazon PayAmazonアカウント必須
WebMoneyコンビニなどで事前に
WebMoneyの購入が必要
コンビニ決済コンビニ決済手数料が発生
銀行振込・郵便振替 振込手数料が発生
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・楽天銀行
・ジャパンネット銀行
・ゆうちょ銀行
・GMOあおぞらネット銀行振込入金口座

バリューサーバーにかぎった話ではありませんが、サーバーの支払いは自動更新がおすすめです。支払い忘れると、サーバー内のデータが削除されブログが消える可能性があります。

バリューサーバーのスペック・仕様

バリューサーバーの4つのプランのスペック・仕様をまとめました。

プラン転送量容量MySQL数マルチドメイン数サブドメイン数無料SSL自動バックアップWordPress
インストール機能有無
WordPress
移行機能有無
まるっと~150GB/月25GB
少ない!
1合わせて5合わせて5なしなし
エコ~150GB/月50GB1合わせて25合わせて25なしなし
スタンダード~300GB/月100GB無制限無制限無制限なしなし
ビジネス~1500GB/月400GB無制限無制限無制限なし

スタンダードプラン、ビジネスプランの提供サブドメインにはメール機能は付いていません。

また、まるっとプランとエコプランのMySQL数は1つと少ないので注意してください。

MySQL数とは、インストールできるWordPressブログの数のこと。MySQL数が10のプランなら、WordPressブログは10個まで作成できる。複数個のブログを作りたい人は制限数に注意。

バリューサーバーはプラン変更ができないため、2つ3つとブログを作る可能性があるならスタンダードプランかビジネスプランを借りましょう。

バリューサーバーに関するよくある質問

バリューサーバーに関するよくある質問に答えました。

バリューサーバーのまるっとプランはどんなプラン?

バリューサーバーのまるっとプランは、ドメインとサーバーが1つになったプランです。

月額133円で運営できます。

ただし、自動バックアップ機能はありませんし、WordPressブログも1つしか作れません。

ブログやアフィリエイトの集客・収益化を考えている人にはおすすめしません。「WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ!」をお読みください。

まるっとプランはSSL化できる?

まるっとプランは無料SSLを使えます。

サイトセキュリティおよびSEOにかかせないSSL化も費用がかかりません。

ただし、ほとんどの有料サーバーがSSL化できるため、もはやメリットとは言えません。まるっとプランは格安料金だけが魅力です。

バリューサーバーはドメイン取得できる?

バリューサーバーは、バリュードメインでドメイン取得できます。

サーバーもドメインも同じ会社で取得できるため、管理が楽です。

バリューサーバーはSSDで速い?

いいえ、バリューサーバーはSSDですが速くありません。

速さはサーバーに使われるSSDだけでなく、ネットワークやCPU・メモリも含めたサーバー関連設備の全体に左右されます。

表示速度はめちゃくちゃ遅い」で紹介したとおり、実際はページ読み込みが遅かったです。

バリューサーバーの現在のPHPバージョンは何?

バリューサーバーは、2021年2月11日時点でPHP 8.0(CGI版)に対応しています。

バリューサーバーでPHP 8.0を使う前に、WordPressを最新バージョン5.6以上にしなければなりません。WordPressのバージョンアップは、WordPressの管理パネルから行えます。

バリューサーバー まとめ

バリューサーバーは評判どおり速度が遅いのでおすすめしません。

そのうえ、ブログ未経験者には使いにくいです。

バリューサーバーではなく、速度・料金でバランスに優れたサーバーを関連記事から探すことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました