WordPressおすすめレンタルサーバー7選 →

WebARENA SuiteSの評判・4個のメリットと7つのデメリット

webarena_suites_eyecatch
ひーちゃん@ライター

14社のサーバー利用経験があるブロガー・ライター。WordPress開設1年2ヶ月で月50,000円達成。

ひーちゃん@ライターをフォローする

12社を超えるサーバーを使った経験上、WebARENA SuiteSウェブアリーナ スイートエスは転送量が少なくおすすめできません。ブログアクセスが増えるとアクセス制限されやすくなります。同時アクセス数が80以下なので、バズったら見れなくなる可能性が非常に高いです。そうなれば集客・収益のチャンスを逃します。

WebARENA SuiteSがおすすめでない人!
  • 集客・収益狙いのブログ・アフィリエイトサイトを作りたい!
  • ポートフォリオや会社のホームページ作成。
  • メールを使いたい

WebARENA SuiteSは株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズが運営する共用サーバーです。NTTコミュニケーションズの子会社で、名前だけで信頼感・安心感を感じます。しかし、実際はマイナーな共用サーバーで利用者の口コミや評判はほとんどありません。

ひーちゃん
ひーちゃん

本当にいいサーバーは口コミや評判がドンドン増えます。

WebARENA SuiteSではなく、転送量の多いハイスペックなサーバーを WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ! から探しましょう。

この記事ではWebARENA SuiteSの口コミや評判、さらに4個のメリットと7つのデメリットを解説しました。

WebARENA SuiteSとは|こんな人におすすめのレンタルサーバー!

webarena_suites_eyecatch

WebARENA SuiteSは月額料金327円~で利用できる共用サーバーです。安く使えるものの機能性やサーバースペックは高くありません。

月額料金327円~
初期費用無料
ページ読み込み時間未計測
MySQL数3個
WordPress簡単インストールあり
自動バックアップあり
SSL無料SSL
ディスク容量100GB
転送量10GB/日
※税込総額表示
ひーちゃん
ひーちゃん

残念ながらだれにもおすすめできません。

WebARENA SuiteSの評判

WebARENA SuiteSは利用者が少ないため口コミや評判が少ないです。

WebARENA SuiteSの評判・口コミ

口コミはそれぞれ1件ずつしかありません。そのためWebARENA SuiteSの実態を口コミや評判から判断するのはむずかしいでしょう。

WebARENA SuiteSのいい評判・口コミ

WebARENA SuiteSはトラブルがないと好評でした。

WebARENA SuiteSの悪い評判・口コミ

WebARENA SuiteSはSSL化は独自ドメインのみと不評でした。

独自ドメインは世界に1つしか存在しないドメイン。例えば、このブログは[ mvno-osusume.com ]という独自ドメインが使われている。WordPressブログ運営で1つ必要になる。

しかし、共用ドメインがSSL化できないのはWebARENA SuiteSに限った話ではなくロリポップなども同様です。また、実際サーバー会社からもらえる共用ドメインより独自ドメインのブログ運営が一般的なため、あまり気にする必要はありません。

WebARENA SuiteSの料金・キャンペーン

webarena_suites_plan

WebARENA SuiteSは月額料金327円~で利用できます。支払方法により初期費用・月額料金が変わります。

料金クレジットカード払い請求書・口座振替
月額料金327円1,207円
初期費用無料1,100円
※税込総額表示

長期契約による割引などはありません。また最低利用期間は3ヶ月です。

WebARENA SuiteSはキャンペーンを実施していません。

WebARENA SuiteSの4つのメリットをレビュー

WebARENA SuiteSの4つのメリットをレビューします。

月額料金が安い

webarena_suites_plan

WebARENA SuiteSは月額料金が安いのがメリットです。月額料金が安ければブログ運営の黒字化を達成しやすくなります。

レンタルサーバー料金プラン月額料金
WebARENASuiteS327円~
ConoHa WINGベーシック836円~
XserverX10792円~
ロリポップハイスピード550円~
mixhostスタンダード968円~
さくらのレンタルサーバスタンダード436円~
※税込総額表示

大手レンタルサーバーと比べると安くなっています。

ひーちゃん
ひーちゃん

ただしサーバースペックや機能性は大きく劣っています。

初期費用無料

webarena_suites_plan2

WebARENA SuiteSは初期費用無料なのがメリットです。初期費用が発生しないため、ブログ開設にかかる費用が他社より少し安くなります。

レンタルサーバー料金プラン月額料金
WebARENASuiteS無料
ConoHa WINGベーシック無料
XserverX103,300円
ロリポップハイスピード無料
mixhostスタンダード無料
さくらのレンタルサーバスタンダード1,048円
※税込総額表示
ひーちゃん
ひーちゃん

格安サーバーは有料のことが多いです。

最近は初期費用無料のサーバーが増えたものの、大手サーバーでも初期費用が発生することがあります。初期費用は申し込んだときに1回支払うだけなので、あまり気にする必要はないものの無料はありがたいです。

WordPress簡単インストール機能がある

webarena_suites_instarll

WebARENA SuiteSはWordPress簡単インストール機能があるのがメリットです。

WordPress簡単インストール機能は、WordPress設置がワンクリックでできる。独自ドメインの取得やサーバーとの紐づけ作業は別途必要なものの、この機能があればブログ未経験者も数時間でブログをはじめられる。

この機能があると従来のWordPressブログ開設より簡単にブログをはじめられます。しかし、同様の機能は大手サーバーだけでなく無料サーバーでも利用できます。そのため大きなメリットは言えません。

無料SSL対応

webarena_suites_ssl

WebARENA SuiteSは無料SSLに対応するのがメリットです。

SSLは暗号化によるサイトセキュリティの1つ。SSL化されたサイトのURLは「http://~」から「https://」に変わる。SSL化はSEOにも影響する重要な要素で、ブログ運営に書かせない。

無料独自SSL証明書の1つであるLet’s Encryptレッツ エンクリプトを使えます。同様の証明書は格安サーバーや無料サーバーでも利用可能です。そのため無料SSLが使えるのは大きなメリットとは言えません。

ひーちゃん
ひーちゃん

もちろん、SSL化はブログ運営に欠かせない設定です。

WebARENA SuiteSのデメリットをレビュー

WebARENA SuiteSの7つのデメリットをレビューします。

請求書・口座振替は月額料金が高くなる

webarena_suites_plan2

WebARENAは請求書・口座振替は月額料金が高くなるのがメリットです。実際に料金を比べましょう。

料金クレジットカード払い請求書・口座振替
月額料金327円1,207円
初期費用無料1,100円
※税込総額表示

請求書払いをしたい会社や、クレジットカードを持っていない人は月額料金や初期費用が高くなります。支払方法の違いだけで4倍ほど月額料金が高くなるのは大きなデメリットでしょう。

ひーちゃん
ひーちゃん

さすがに差額が大きすぎます。

稼働率非公開

webarena_suites_eyecatch

WebARENA SuiteSは稼働率非公開なのがデメリットです。

稼働率とはサーバーが停止せず正常稼働している時間を示した指標。稼働率99.99%サーバーは1年(8,760時間)で1時間ほどしか停止しない。

99.9%じゃ低い?レンタルサーバーの稼働率とは?

稼働率がわからず、実際どこまで安定しているのか不明です。 WebARENA SuiteSのいい評判・口コミではトラブルがないという口コミがあったものの、本当に安定しているなら稼働率を載せるはずです。大手サーバーは稼働率実績を公開したり品質保証をしたりしています。

レンタルサーバー料金プラン稼働率
WebARENASuiteS非公開
ConoHa WINGベーシック99.99%品質保証
XserverX10実績99.99%
ロリポップハイスピード実績99.99%
mixhostスタンダード99.99%品質保証
さくらのレンタルサーバスタンダード実績99.99%

NTTグループのブランドから感じる信頼感や安心感はあるものの、実情は公開されていません。

独自ドメインをもらえない

naduketenet_eyecatch

WebARENA SuiteSは独自ドメインをもらえないのがデメリットです。独自ドメインを取得できる名づけてねっと はあるもののドメインの割引やプレゼントはありません。

名づけてねっと はこちら。

独自ドメインは世界に1つしか存在しないドメイン。例えば、このブログは[ mvno-osusume.com ]という独自ドメインが使われている。WordPressブログ運営で1つ必要になる。

大手サーバーは、長期契約すると独自ドメインをもらえるキャンペーンが定期的に開かれます。キャンペーンを利用すれば独自ドメインの年間維持費1,200円ほどが無料です。

レンタルサーバー料金プラン独自ドメイン
WebARENASuiteSもらえない
ConoHa WINGベーシック2個永久無料
XserverX101個永久無料
ロリポップハイスピード1個永久無料
mixhostスタンダード1個永久無料
さくらのレンタルサーバスタンダードもらえない
ひーちゃん
ひーちゃん

格安サーバーでも、たまに1年無料などのキャンペーンがあります。

しかし、WebARENA SuiteSは独自ドメインをもらえないので毎年ドメイン代を支払わねばなりません。

PHPバージョンが古い

webarena_suites_php

WebARENA SuiteSで利用できるPHPピーエイチピーバージョンが7.2と古いのはデメリットです。PHPバージョンが古いと表示速度が遅かったり、特定のWordPressテーマが使えなかったりします。

レンタルサーバー料金プランPHPバージョン
WebARENASuiteS7.2
ConoHa WINGベーシック7.4
XserverX107.4
ロリポップハイスピード7.4
mixhostスタンダード7.4
さくらのレンタルサーバスタンダード7.4

WebARENA SuiteSで使えPHPバージョン7.2は、アクティブサポートが2019年に、セキュリティサポートが2020年に終了しています。公式サポートが終了したバージョンを使うと動作やセキュリティのリスクが増えるためおすすめできません。

転送量が10GB/日と少ない

webarena_suites_transfer

WebARENA SuiteSは転送量が10GB/日と少ないのがデメリットです。

転送量とはブログを表示するときの通信量のこと。スマホのギガ(データ通信量)に似ている。1日100GBの転送量のサーバーなら、100GBを超えるとアクセスが制限される場合がある。

【3分で理解できる!】レンタルサーバーの転送量とは?

他社と比べましょう。

レンタルサーバー料金プラン転送量
WebARENASuiteS10GB/日
ConoHa WINGベーシック27TB/月
XserverX10900GB/日
ロリポップハイスピード600GB/日
mixhostスタンダード18TB/月
さくらのレンタルサーバスタンダード700GB/日

大手サーバーに比べると転送量が10分の1より少ないです。たくさんの人がアクセスするとアクセス制限されるかもしれません。

特に大きなデメリットなのが、同時アクセス数が80以下でなければならないこと。つまり80人が同じタイミングでブログにアクセスすると表示されなくなります。TwitterでバズったりYahoo!やGoogleで取り上げられたりするとすぐに80人以上がアクセスします。大きな集客・収益のチャンスを逃すのは残念です。

ひーちゃん
ひーちゃん

SNSと連携したブログ運営の場合、同時アクセスに耐えきれないかもれません。

メールが使えない

webarena_suites_mail

WebARENA SuiteSはメールが使えないのがデメリットです。ブログ運営とあわせてメールマガジンを発行することなどはできません。

サポートがない

webarena_suites_support

WebARENA SuiteSはサポートがないのがデメリットです。トラブルが生じたり操作が分からなかったりした時も自分で対処しなければなりません。マニュアルやweb検索を駆使しながら自己解決します。

ブログ未経験者はサポートのないWebARENA SuiteSは避けましょう。他社はしっかりサポートしてもらえます。

レンタルサーバー料金プランサポート
WebARENASuiteSチャットポット
ConoHa WINGベーシック電話/メール/チャット
XserverX10電話/メール
ロリポップハイスピード電話/メール/チャット
mixhostスタンダードメールのみ
さくらのレンタルサーバスタンダード電話/メール

WebARENA SuiteSはチャットボットはあるもの、これは良くある質問や検索機能と同じような役割しか果たしません。関連記事を紹介してくるだけです。

ひーちゃん
ひーちゃん

さくらのレンタルサーバは感染症対策やテレワーク推奨の一環で、電話サポートが休止中です。

WebARENA SuiteSに関するよくある質問

WebARENA SuiteSに関するよくある質問に答えました。

WebARENA SuiteSはSuiteXとどう違う?

WebARENA SuiteSはSuiteXより月額料金が安いです。

SuiteXは月額料金1,497円~とかなり高く、同じ料金なら他社サーバーが優れています。SuiteXはメール機能が使えたり、管理者権限を3人まで渡せたりするため会社や個人事業主向けのサーバーになっています。

WebARENA SuiteSは自動バックアップできる?

WebARENA SuiteSは1日4回3日間の自動バックアップができます。自動バックアップの期間が短く、3日前の過去データにしか戻せません。そのため、サーバートラブルや誤操作による記事削除やデータ紛失があった場合、すぐに対処すべきです。忙しさのために忘れると戻せなくなるので注意しましょう。

WordPressのバックアップ用プラグインを使うか、バックアップ機能の充実した他社サーバーを使いましょう。 WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ! をお読みください。

WebARENAで独自ドメインを取得できる?

WebARENAと同じ運営元の名づけてねっとで独自ドメインを取得できます。

名づけてねっと はこちら。

SuiteSを契約しても独自ドメインはもらえませんが、SuiteXを契約すれば独自ドメインが1年無料になります。しかし、名づけてねっとのドメイン料金はやや高めの設定になっているため、正直おすすめしません。

まとめ

WebARENA SuiteSは転送量が少ないためおすすめできないレンタルサーバーでした。デメリットが多いので、ブログ運営には向いていません。独自ドメインがもらえなかったり口座振替は月額料金が高くなったりします。

WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ! から探しなおすのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました