1つに絞ろう!webライターにおすすめなクラウドソーシングサイト

2021年8月19日

運営者情報

webライターの「ひー」です。2017年にWordPressを始め、1年2ヶ月でブログ月収5万円達成。これまで14社のサーバーを使いました。

合計100万円以上をライティングで稼いだ経験上、webライターは早めにクラウドソーシングを1社に絞るべきです。クラウドソーシングサイトは多いものの、手当たり次第に登録したり探したりすべきではありません。

もちろん、最初から1社にするとライティング案件をなかなか見つけられません。とはいえ、いつまでも何社も使っていてはダメです。早くwebライターで稼ぎたいならクラウドソーシングは早めに1社に絞りましょう。

この記事では、webライターがクラウドソーシングを1社に絞るべき理由おすすめのクラウドソーシングでの案件の探し方を解説しました。

順調にwebライターになりたいなら 未経験でwebライターになるには?副業から100万円稼いだ7ステップ をお読みください。

クラウドソーシングサイトを1社に絞りライター報酬月5万円達成

クラウドソーシングサイトを1社に絞って1ヶ月でライター報酬月5万円を達成しました。

2019年11月のシステム手数料を引いた受取報酬額は54,951円です。

10月にランサーズでライティング案件を受注し報酬が発生したので、すぐにランサーズ1本に絞ることにしました。その結果、11月と翌12月に5万円以上の報酬を受け取っています。安定しました。

安定した報酬を得るために、webライターはクラウドソーシングサイトを1社に絞るのがおすすめです。

webライターがクラウドソーシングサイトを1社に絞るべき3つの理由

webライターがクラウドソーシングを1社に絞るべきなのは3つの理由があるからです。

結果としてライティング報酬が安定したり増えたりします。

クラウドソーシングサイトの実績は他に引き継げないから

webライターが1社に絞るべきなのはクラウドソーシングの実績は他社に引き継げないからです。

たとえばランサーズの実績はクラウドワークスに持ちこめません。逆もしかりです。実績を引き継げないため、本当は実績があるのに他社でまったく評価されません。1から実績や評価を貯める必要があります

クラウドソーシングを使う数が多いほど実績や評価は実際より小さくなります。ちょうど銀行を使う数が多いほど、それぞれの預金額は預金全体より小さくなるのと同じです。

ですから、クラウドソーシングは1社に絞るほうが正しく実績や評価が伝わります。

クラウドソーシングサイトの実績が増え受注しやすくなるから

クラウドソーシングを1社に絞るべきなのは実績が増え受注しやすくなるからです。

クライアント(発注者)は実績のある人を優先採用します。信頼できるからです。

ランサーズやクラウドワークスでも実績が増えると受注しやすくなる仕組みがあります。それはランク制度です。

クラウドソーシングの最高ランク
  • ランサーズ:認定ランサー
  • クラウドワークス:プロクラウドワーカー

最高ランクになると、たくさんの人が応募していても目立ちます。そのため、きちんとプロフィールや応募内容を見てもらいやすいです。

そうなれば受注率も高くなります。

ですから、クラウドソーシングを1社に絞り実績を集中して貯めるべきです。

クラウドソーシングサイトのランクが上がりオファーが来るから

クラウドソーシングを1社に絞るべきなのは、クラウドソーシングのランクが上がりオファーが来るからです。応募することなくオファーをもらえるようになります。

クラウドソーシングにはランク制度があります。

クラウドソーシングの最高ランク
  • ランサーズ:認定ランサー
  • クラウドワークス:プロクラウドワーカー

最高ランクでなくてもオファーはくるものの、真っ当な単価ではありません。しかし最高ランクになると1文字1円以上のオファーがチラホラ届きます。しかも、プロフィールを見てオファーが来るため、好きなジャンルや得意分野で高単価なオファーが多いです。

稼げるwebライターになるには最高ランクになるのが近道です。

ですから、webライターはクラウドソーシングを1社に絞りましょう。

初心者webライターにおすすめなクラウドソーシングサイト2選

初心者webライターにおすすめのクラウドソーシングは2社です。

webライターにおすすめのクラウドソーシング2選

サグーワークスやShinobiライティングなども有名ですが、単価や案件数、探しやすさを考えれば正直2社しかありません。はじめは様々なサイトに登録し仕事を探すとしても、結局この2社に落ち着くはずです。

ランサーズ

webライターにおすすめのクラウドソーシングはランサーズです。

ライティング案件935件(2021年3月23日)
システム手数料5~20%
支払手数料楽天銀行:110円
その他:550円
登録料無料
運営会社ランサーズ株式会社
(東京証券取引所マザーズ上場)
※税込総額表示

ランサーズは優良な案件が多いクラウドソーシングです。

ランサーズ はこちら。

ランサーズの口コミ・評判

ランサーズの口コミや評判をまとめました。

ランサーズのライティング案件の探し方

ランサーズでライティング案件を探しましょう。

ランサーズのライティング案件の探し方
  • STEP.1
    ランサーズトップの「仕事を探す」をクリック
    writer_crowdsourcing_search1

    ランサーズトップにある「仕事を探す」をクリックします。

  • STEP.2
    表示される仕事からカテゴリを選択
    writer_crowdsourcing_search2

    仕事のカテゴリが表示されました。「ライティング・ネーミング」から「ライティング」を選びましょう。さらに細かいカテゴリから選んでもO.K.です。

  • STEP.3
    案件の絞り込み
    writer_crowdsourcing_search3

    たくさんの案件が表示されるので絞り込みましょう。

    おすすめの絞り込み!
    • 仕事スタイル:プロジェクト
    • 仕事条件:募集中の仕事のみ
    • 表示条件:内容の概要を表示
    • 仕事ランク(AI判定):優良価格、適正価格、市場価格と相違

    仕事ランクは市場価格と相違した案件もチェックしましょう。未経験者の頃は適正価格で受注できないことも多いからです。

    ひーちゃん
    ひーちゃん

    市場価格と相違に良案件が隠れていることがあります。

  • STEP.4
    こだわり条件でさらに絞る
    writer_crowdsourcing_search4

    こだわり条件でさらに絞りましょう。

    おすすめのこだわり条件!
    • 文字単価:1円以上
    • 依頼ジャンル:苦手なジャンル以外を選択

    文字単価1円以上から探しましょう。それより安い案件は搾取されやすいです。評価が低かったり実績がなかったりするクライアントが多い傾向にあります。

    苦手なジャンルを除くため依頼ジャンルを絞りましょう。

    ひーちゃん
    ひーちゃん

    未経験者は苦手ジャンルを除く絞り方がおすすめです。

    まだ得意分野がはっきりしていない時点では苦手ジャンルを除く絞り方がおすすめです。苦手ジャンルは応募しません。ライティングが苦痛になります。

  • STEP.5
    絞り込みで表示された各案件をチェック
    writer_crowdsourcing_search5

    絞り込み検索で表示された各案件をチェックします。この時、次の画像にある2箇所をチェックしてください。

    writer_crowdsourcing_search6

    まず案件のタイトルを見てください。苦手なジャンルや分野でなければO.Kです。

    次に右下の発注者情報をチェックします。発注件数と評価は極端に低くないですか?

    webライター未経験者なら、発注件数0/評価0の場合は応募しないのが無難です。発注に慣れた発注件数の多い人、または評価の高い人をおすすめします。クライアントの中には未経験者から搾取を狙う人もいるからです。

    ひーちゃん
    ひーちゃん

    納品後、連絡が取れなくなったクライアントがいます。そのクライアントは評価3.4でした。

    発注者情報は案件の内容以上にしっかり見ましょう。

  • STEP.6
    良案件の詳細をチェック
    writer_crowdsourcing_search7

    良さそうな案件があれば詳細をチェックします。作業内容やテストライティング条件など詳細を見てください。

    あまりにも多い記事数や無報酬、格安でのテストライティングなどではありませんか?

    テストライティングがあるなら1記事で十分です。それ以上の記事を求める場合、テストではありません。テストという名目で納品させているだけです。そんな案件であれば応募しないでください。まともじゃありません。

    テストライティングが本発注の半額以下なら、これも搾取の可能性が高いです。いくらテストとはいえ仕事なのですから、報酬受け取る権利があります。

  • STEP.7
    ライティング案件に応募

    条件に適うライティング案件に応募しましょう。

    まだ、ランサーズに登録していないなら無料登録してください。

はじめてランサーズを使う場合、実績がありません。実績のない人が採用されるのはまれです。数を打ちましょう。1日3~5件は応募してください。

採用されやすい応募方法は関連記事にまとめました。

クラウドワークス

webライターにおすすめのクラウドソーシングはクラウドワークスです。

ライティング案件2,135件(2021年3月23日)
システム手数料5~20%
支払手数料楽天銀行:110円
その他:550円
登録料無料
運営会社株式会社クラウドワークス
(東京証券取引所マザーズ上場)
※税込総額表示

クラウドワークスは案件数が多いクラウドソーシングです。

クラウドワークス はこちら。

クラウドワークスの口コミ・評判

クラウドワークスの口コミや評判をまとめました。

クラウドワークスのライティング案件の探し方

クラウドワークスのライティング案件の探し方を解説します。

クラウドワークスのライティング案件の探し方
  • STEP.1
    クラウドワークストップの「仕事を探す」をクリック
    writer_crowdsourcing_search8

    クラウドワークストップの「仕事を探す」をクリックします。

    writer_crowdsourcing_search9

    webライティング以外の全案件が表示されました。

  • STEP.2
    カテゴリから「ライティング・記事作成」を選択
    writer_crowdsourcing_search10

    仕事のカテゴリから「ライティング・記事作成」を選びます。さらに細かく表示されるので、これ!と思うものがあれば選択してください。

  • STEP.3
    ライティング案件の絞り込み
    writer_crowdsourcing_search11

    ライティング案件を絞り込みましょう。

    ライティング案件おすすめの絞り方!
    • 依頼形式:プロジェクト(固定報酬制)
    • 報酬額:指定なし
    • 応募期限:指定なし
    • 特記事項:指定なし

    ここでは、とりあえず絞り込み過ぎないようにします。ただし、プロジェクト(固定報酬制)にしましょう。あまりにも低単価なタスク案件を避けられます。

  • STEP.4
    こだわりでライティング案件をさらに絞る
    writer_crowdsourcing_search12

    こだわり検索でライティング案件をさらに絞ってください。

    ライティング案件おすすめのこだわり方!
    • 記事のジャンル:苦手ジャンルはチェックしない
    • 求めるレベル:指定なし
    • 文字単価:1円以上
    • 記事単価:指定なし
    • 文字数:指定なし

    記事ジャンルを見て、苦手なものは外しましょう。苦手ジャンルのライティングは時間がかかります。また大きなストレスになり、完成できない可能性が高いです。

    文字単価は1円以上から選びます。これより安い案件は報酬が少なすぎます。働けど働けど稼げません。また、webライターを搾取するクライアントが多くなり安いです。

    ひーちゃん
    ひーちゃん

    それなりの報酬を提示してくれるクライアントを選びましょう。

    条件にあう案件を探します。

    writer_crowdsourcing_search13

    良さそうな案件があればクリックしてください。

  • STEP.5
    ライティング案件の詳細チェック
    writer_crowdsourcing_search14

    ライティング案件の詳細をチェックしましょう。

    報酬額や応募状況をじっくり読みます。

    無報酬や格安のテストライティングを含む案件は避けましょう。テストとはいえ仕事です。テストライティングが本発注の半額以下なら避けるのが無難。対価を支払う気持ちの薄い可能性が高いです。

  • STEP.6
    ライティング案件のクライアント情報をチェック
    writer_crowdsourcing_search15

    ライティング案件を応募しているクライアント情報をチェックしましょう。

    下の画像に示した部分を見てください。

    writer_crowdsourcing_search16

    評価、募集実績、プロジェクト完了率の3箇所です。

    webライター未経験者は、無評価や募集実績なしのクライアントは避けましょう。できれば評価4以上のクライアントが望ましいですね。

はじめてクラウドワークスを利用する場合、実績がありません。採用される可能性を高めるには提案文工夫することです。関連記事にまとめました。

webライターのクラウドソーシングサイトでよくある質問

webライターのクラウドソーシングサイトでよくある質問に答えました。

初心者webライターもクラウドソーシングで受注できる?

はい、初心者webライターもクラウドソーシングで受注できます。

「未経験者O.K」「初心者歓迎」などの案件もあるからです。また、特定の分野に特化した専門知識や有資格者であれば初心者でもクラウドソーシングで高単価なライティングを受注できるかもしれません。

ただし、初心者だからといって文字単価0.5円以下の案件を受注するのはやめましょう。稼ぎが非常に少なく正直、割に合いません。「これより安い価格は応募しない」と決めてから仕事を探しましょう。毎日、根気よく探せば初心者webライターでもそれなりの文字単価を受け取れる案件が見つかります。

初心者webライターもクラウドソーシングで稼げる?

はい、初心者webライターもクラウドソーシングで稼げます。

文章力と提案が成功するコツさえ知っておけば初月から稼げます。しかし「初心者webライターが初月で10万円稼ぐ」というのは無理かもしれません。1万円稼げたら立派だと思います。実績がない初心者webライターはそもそも受注するのが大変だからです。

提案を成功させるコツは webライターの提案文を改善する3つのヒント【だれでも簡単】 にまとめました。

クラウドソーシングサイトのサグーワークスはおすすめじゃないの?

クラウドソーシングサイトのサグーワークスはあまりおすすめしません。

サグーワークスは、おすすめの厳選された案件しか表示されないからです。案件が非常に少ないので、得意ジャンルを見つけるのは大変。そのうえ、得意ジャンルでなくてもライティングしないと、次のおすすめ案件もなかなか表示されません。

一方、ランサーズやクラウドワークスは案件数が多く、ジャンルも選択できます。

クラウドワークスのwebライター案件がやばいのは本当?

クラウドワークスのwebライター案件に、やばい搾取案件が存在するのは本当です。

「文字単価0.1円」「テスト報酬300円」などの案件は応募しないでください。これらでまともに稼ぐことは無理です。また、やばい案件を募集するクライアントはやばい人の可能性が高いです。どんなに良記事でも難くせ付けられて報酬が支払われなかったり、納品後消えてしまうこともあります。

応募する最低文字単価を事前に決めること、これがやばい案件を避けるカギです。仕事が見つからないと焦ってやばい案件に応募しがちだからです。気を付けましょう。

まとめ

webライターのクラウドソーシングサイトは1社に絞るべきです。

1,2件受注できたタイミングで1社に絞り、そのクラウドソーシングサイトの評価や実績を貯めましょう。実績が貯まればライティング案件は安定してきます。

クラウドソーシングを上手に活用し、稼げるwebライターを目指しましょう。関連記事では最短のステップを解説しています。