WordPressおすすめレンタルサーバー7選 →

エックスサーバー比較で1.3秒も遅い!XFREEの評判とデメリット

ひーちゃん@ライター

14社のサーバー利用経験があるブロガー・ライター。WordPress開設1年2ヶ月で月50,000円達成。

ひーちゃん@ライターをフォローする

14社のレンタルサーバーを使った経験上、XFREEは無料サーバーで1番WordPressを始めやすいです。ただし、エックスサーバーと比較して1.3秒も遅いうえ強制的に表示される広告があるため、収益化を目指したWordPressブログ運営にはおすすめしません。

ひーちゃん
ひーちゃん

いつか収益化したい、と考えているなら無料サーバーは選択肢から外しましょう。

XFREEは、2018年からエックスサーバー株式会社が運営するホスティングサービス。同社は運用サイト数190万件を超えるエックスサーバーを提供しています。

ひーちゃん
ひーちゃん

このブログもエックスサーバーです。

安心できる大手の無料サーバーとはいえ絶対に無料サーバーを使いたい理由がないなら WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ! から選びなおすのがおすすめです。月額料金100~200円のレンタルサーバーも見つけられます。

この記事では、XFREEの口コミ評判と使用してわかったメリットデメリットをレビューします。

XFREEの評判

XFREEの評判をまとめました。

XFREEの口コミ評判

いい口コミ・評判

XFREEはXserverの無料版だと安心している口コミが多いです。

速度と安定性に優れるXserverと同じエックスサーバー株式会社が運営しているので、安心感はありますね。

悪い口コミ・評判

XFREEは表示速度が遅いと不評でした。

また、サーバー障害の報告も多いです。

やはり無料サーバーなので仕方ありません。

XFREEのメリットデメリットをレビュー

XFREEを契約したのでレビューします。

XFREEの速度や使いやすさをチェックしました。

感じたメリットデメリットは6つです。

1つずつ解説しますね。

表示速度が遅い

XFREEは表示速度が遅いのがデメリットです。ページ読み込み時間は2.2秒でした。

XFREEデモサイトGTmetrixのLCP(ページの読み込み時間)は2.2秒

有料の大手サーバーに比べると、XFREEの表示速度はかなり遅くなります。

server-comparison-gtmetrix-lcp-graph

同じ運営会社のエックスサーバーに比べると1.3秒も遅いです。

ひーちゃん
ひーちゃん

同じ画像・文字数・WordPressテーマでデモサイトを作り比較したのに、この結果です。

強制的に広告表示される

XFREEは強制的に広告表示されるのがデメリットです。

プランスマホ表示パソコン表示
WordPress機能広告表示ありなし
PHP・MySQLサーバー機能広告表示ありなし
HTMLサーバー機能なしなし

ブログアクセスのおよそ70%がスマホやタブレットを占めるので、ほとんどのブログ訪問者に広告が表示されます。

ひーちゃん
ひーちゃん

ブログ訪問者からすれば、広告はうっとうしいはずです。

サーバーの強制広告が表示されると、あなたの広告からクリック収益や成果報酬が発生しにくくなります。そのため、XFREEは集客・収益化したいブログには向いていません。

無料でSSL化できない

XFREEは無料でSSL化できないのがデメリットです。

SSL

SSLとはサイトセキュリティの1つ。SSL化すると「http://~」から「https://~」になる。SEOの1つとして欠かせない。

SSL化できないサイトは「保護されていない通信」と表示されます。読者は不安に感じ離脱してしまうかもしれません。

無料SSL化はほとんどのサーバーで利用できるため、正直これが利用できないのは、さすが無料サーバーと言えます。

稼働率未記載で安定性は不安

XFREEは稼働率未記載なので安定性は不安が残るのはデメリットです。

稼働率とはサーバーが停止せず正常稼働している時間を示した指標。稼働率99.99%サーバーは1年(8,760時間)で1時間ほどしか停止しない。

99.9%じゃ低い?レンタルサーバーの稼働率とは?

稼働率を他社と比べましょう。

XFREE非公開
ConoHa WING99.99%品質保証
Xserver99.99%実績
ロリポップ99.99%実績
mixhost99.99%品質保証
さくらのレンタルサーバ99.99%実績
ヘテムル99.99%実績
カラフルボックス非公開
jetboy非公開
スターサーバー非公開
CORESERVER非公開
XREA非公開
extrem非公開
Value Server非公開

有料の高速サーバー以外は、XFREEを含むほとんどのサーバーが稼働率未公開です。

ひーちゃん
ひーちゃん

そうだとしても、稼働率を軽視しないでください。

稼働率が低くサーバーが不安定だと検索順位に少なからず影響があります。

今や「年中無休」が当たり前となっている世の中ですが、オンラインサービスでは、サイトを一時的に停止しなければならない場合もあります。今回は、検索結果の掲載順位に影響を及ぼすことなく、サイト(またはその一部機能)を一時停止する方法をご紹介します。

サイトを一時停止する場合の対応方法

ですから、ブログをはじめるときは必ずサーバー稼働率を重視すべきです。

XFREEの管理パネルはシンプルで使いやすい

XFREEはシンプルで使いやすい管理パネルなのはメリットです。

XFREEの管理パネルは非常にシンプル。「無料レンタルサーバー」「契約・会員情報」の操作がすぐにできる。

画面左側にある「契約・会員情報」では、

  • 会員登録情報
  • パスワード変更
  • 退会・解約

など”操作したい内容”がシンプルに並んでいます。

サーバー管理パネルからWordPressの[管理パネルログイン]もアクセスしてみましょう。

XFREEのWordPress管理パネルも非常にシンプル。サーバーの利用状況も確認可能。

管理パネルがシンプルなので初心者でも問題なく使いこなせるはず。XFREEはさらに初心者に欠かせないWordPress簡単インストール機能も利用可能です。

WordPress簡単インストールで簡単にブログがはじめられる

XFREEのWordPress簡単インストール機能を使えば、だれでも簡単にブログがはじめられるのはメリットです。

WordPress簡単インストール機能は、WordPress設置がワンクリックでできる。独自ドメインの取得やサーバーとの紐づけ作業は別途必要なものの、この機能があればブログ未経験者も数時間でブログをはじめられる。

操作は簡単です。

  • サイトアドレス
  • WordPressID
  • ブログタイトル
  • メールアドレス

の4つを入力し[確定(WordPressをインストール)]をクリックするだけです。
【初心者】XFREEでWordPressの申込・更新・解約方法はこちら。

とはいえ簡単インストールは特別な機能ではありません。他社の無料サーバーでも利用できます。さらに、エックスサーバーはもっと簡単なWordPressクイックスタートを使えます。

WordPressクイックスタートは、サーバー契約時にブログ設定5つがすべて終わる機能。

  • 独自ドメイン取得
  • ドメインとサーバーの紐づけ
  • データベース作成
  • WordPress設置
  • SSL化

これらすべてがサーバー契約時に終わるため、ブログ未経験者も10分でブログをはじめられる。

ひーちゃん
ひーちゃん

この機能を使えば、契約完了時にWordPressブログが完成しています。

ですから、WordPress簡単インストール機能があるので簡単であるとはいえ、大手サーバーほど簡単ではありません。

XFREEのスペック・仕様

XFREEは3つのプランに分かれており、それぞれサーバー構成が違います。

プラン容量月額料金独自ドメインサブドメインPHP5/PHP7MySQLデータベース
容量
SSLWordPressメールアカウント広告表示
WordPress専用2GB無料5個5個100MBPCのみ
PHP・MySQL対応1GB無料10個50個5個50MBPCのみ
多用途HTML1GB無料10個50個なし

WordPressで簡単にブログを始めたいなら、WordPress専用プランを選べば大丈夫です。

XFREEに関するよくある質問

XFREEに関するよくある質問にこたえました。

XFREEで独自ドメインは使える?

XFREEは独自ドメインが使えるサーバーです。

サーバー管理パネルからドメインを追加できます。ドメイン追加後にDNSサーバーを使ってサーバーとドメインの紐づけが必要です。
【初心者】XFREEでWordPressの申込・更新・解約方法はこちら。

XFREEの問い合わせ先はどこ?

XFREEはサポートや問い合わせには対応していないため、ユーザーフォーラムを使いましょう。

ユーザーフォーラムでは

など、かなり深い情報も得られるので困ったときはぜひ活用してください。

XFREEでホームページ作成はできる?

XFREEではHTMLやWordPressを使ったホームページが作成できます。

しかしホームページ作成の目的が集客であるなら、XFREEでの作成はおすすめしません。XFREEはスマホで強制広告が表示されるからです。さらに、安定性にも欠けます。ホームページ作成は有料レンタルサーバーを使いましょう。
わずか0.954秒の高速ブログが手に入る!エックスサーバーの評判 はこちら。

XFREEでプラン変更できる?

XFREEはプラン変更という概念がありません。

ディスク容量や転送量を増やしたりできないため、事業拡大やアクセスの増加が見込まれるならXserverに移行するのがおすすめです。XserverならXFREEから引っ越すのも簡単。サイト引っ越し機能があるので、簡単な入力とクリック操作をすれば3分ほどでサイトを引っ越せます。

XFREEの解約方法は?

XFREEは、サーバー管理パネルで利用停止と退会で解約できます。

サーバーアカウントの利用停止後にデータは削除されるため、データを残したいなら事前にバックアップしましょう。XFREE解約後のサーバー選びに迷っているなら WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ! をお読みください。

XFREEの評判 まとめ

XFREEは無料サーバーでは優秀とはいえ、表示速度が遅かったり強制広告が表示されたりするためおすすめできないレンタルサーバーでした。

ブログの集客・収益化を考えているなら、XFREEを使うより有料サーバーを使いましょう。とくにXFREEを運営するエックスサーバー株式会社のXserverはおすすめです。エックスサーバーはページ読み込み時間は0.954秒でXFREEよりはるかに速いです。くわしくレビューをお読みください。

月額料金792円のエックスサーバーが高いと感じるなら、価格帯ごとのおすすめサーバーを紹介している WordPressおすすめレンタルサーバー7選!失敗しない選び方5つはコレ! をお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました