【明解】エックスサーバーとConoHa WINGを徹底比較!違いと特徴はコレ!

著者情報

Webライターの「ひー」です。2017年にWordPressを始め、1年2ヶ月でブログ月収5万円達成。これまで16社のサーバーを使いました。

エックスサーバーとConoHa WINGの違いが分かるよう、徹底比較しました。まずは、エックスサーバーとConoHa WINGを比較した大きな違いをご覧ください。

xserver-top-new

エックスサーバーの特徴

  • エックスサーバーは、ConoHa WINGと違い稼働率実績99.99%で安定している
  • エックスサーバーは、ConoHa WINGより長い運営歴が評価され初心者に1番選ばれた
  • エックスサーバーは、ConoHa WINGに比べわずかに表示スピードが速かった
  • エックスサーバーは、ConoHa WINGと違いサーバー移転代行が無料
ConoHa WING

ConoHa WINGの特徴

  • ConoHa WINGは、エックスサーバーにできないスマホ申込からテーマ込のWordPressが完成する
  • ConoHa WINGは、エックスサーバーより安く始められる

当サイトは、実際にエックスサーバーとConoHa WINGを利用しました。正直どちらもおすすめなサーバーです。ただし、料金や機能・使いやすさに違いがあります。

迷ったら エックスサーバー がおすすめです。エックスサーバーは初心者の3分の1が選ぶ安心できるサーバーです。キャンペーン期間中は、実質料金も エックスサーバー が安くなっています。

【比較表】エックスサーバーとConoHa WINGの違い

エックスサーバーとConoHa WINGの違いを比較一覧表にまとめました。

サーバー
(比較プラン)
エックスサーバー
(スタンダード)
ConoHa WING
(ベーシック)
無料お試し期間10日間なし
3年総費用
月額料金(36ヶ月/3ヶ月)
初期費用
独自ドメイン代
35,640円
990円/1,320円
無料
1個無料(12ヶ月以上契約)
23,760円
660円/1,210円
無料
2個無料(3ヶ月以上契約)
表示スピード*0.783秒
当サイト1位
0.870秒
当サイト3位
WordPress申込時完成機能有り有り(スマホ可)
WordPress簡単移行機能有り有り
WordPress移転代行費用無料10,978円
稼働率実績99.99%99.99%品質保証
サポート電話/メール/チャット電話/メール・チャット
運営会社エックスサーバー株式会社GMOインターネット株式会社
*当サイト計測(12社レンタルサーバー速度比較はこちら

エックスサーバーは、稼働率実績99.99%の安定感と2003年から運営する運営歴で、ConoHa WING以上の安心感を生むサーバーです。

server-occupancy

稼働率とは、サーバー稼働時間のうちトラブルなく正常稼働した時間の比率。稼働率99.99%は、1年間(8,760時間)のうち1時間ほどしか停止せず、残りは正常稼働したことを示す。

99.9%じゃ低い?レンタルサーバーの稼働率とは?

当サイトの独自アンケートの結果、初心者50人中19人がエックスサーバーを選びました。

選んだ理由で1番多かったのが、長い運営歴です。エックスサーバーは2003年からサーバー提供する老舗。対してConoH WINGは2018年に始まりました。詳細は、「50人アンケートで判明!WordPress初心者におすすめのレンタルサーバー」をご覧ください。

→ 公式サイト( エックスサーバー


ConoHa WINGは、常に初期費用無料で、キャンペーン価格もたいていConoHa WINGのほうが安く提供されています。3ヶ月以上の契約で、独自ドメインが2個無料になります。

original-domain

独自ドメインとは、世界に1つしか存在しないドメイン。当サイトは「mvno-osusume.com」という独自ドメインを使っている。WordPressブログには独自ドメインを使うのが一般的。

さらに、ConoHa WINGはエックスサーバーと違い、スマホからの申込でもWordPressテーマもインストールしたWordPressが完成できます。これは、現状の大手サーバーではConoHa WINGしか利用できません。

スマホから気軽に今すぐ申し込みたい人にはピッタリです。

→ 公式サイト( ConoHa WING

エックスサーバーとConoHa WINGの料金比較

エックスサーバーとConoHa WINGの料金を比較しました。

サーバー
(比較プラン)
エックスサーバー
(スタンダード)
ConoHa WING
(ベーシック)
初期費用無料無料
月額料金3ヶ月契約:1,320円/月
~
36ヶ月契約:990円/月
2.2円/時
3ヶ月契約:1,210円/月
~
36ヶ月契約:660円/月
独自ドメイン代1個永久無料
(12ヶ月以上契約)
2個永久無料
(3ヶ月以上契約)
独自SSL証明書無料無料

ConoHa WINGは、1時間当たり2.2円からサーバーをレンタルできます。無料お試し期間がないものの、これだけ安い料金であれば気軽に試せるでしょう。

また、ConoHa WINGは独自ドメイン代が2個無料になるうえ、無料対象になる契約期間も3ヶ月と短いのも特徴です。短期間の契約でも、独自ドメイン代が無料で使えるため、ブログ運営費の初期費用が安く済みます。

4月7日のキャンペーンまでは、エックスサーバーのほうが大幅に実質料金が安いです。

キャンペーン情報

  • 特典①:半額キャッシュバックで利用料金実質495円~
  • 特典②:独自ドメイン1個永久無料
  • 特典③:Amazonギフト券最大10,000円分が当たるチャンス

\ 期間限定!2021年06月16日18時まで /

→ 公式サイト( ConoHa WING

エックスサーバーとConoHa WINGの表示スピード比較

エックスサーバーとConoHa WINGの表示スピードを比較しました。僅差でエックスサーバーが速かったです。

計測方法と条件は以下のとおりです。

計測方法

計測内容

  • 各サーバーに同じWordPressテーマ・プラグインのWordPressデモサイトを設置
  • 各デモサイトトップページを2つの計測ツールでテスト

エックスサーバー

ConoHa WING

サーバー
(比較プラン)
エックスサーバー
(スタンダード)
ConoHa WING
(ベーシック)
GTmetix LCP0.783秒0.870秒
※当サイト計測(12社レンタルサーバー速度比較記事はこちら

エックスサーバーとConoHa WINGは、どちらも非常に速いです。どちらも表示スピードに不満が出るサーバーではありません。ブログを読む読者が快適に感じられるサーバーです。

とはいえ、わずかながらエックスーバーの表示スピードが優れているため、こだわるならエックスーバーです。

エックスサーバーとConoHa WINGを、さらに他社サーバーと比べたい場合は、「【12社計測データ公開】速いレンタルサーバーはコレ!速度を徹底比較!」をご覧ください。

エックスサーバーとConoHa WINGのWordPressの始め方比較

エックスサーバーとConoHa WINGのWordPressの始め方を比較しました。始め方と言っても、

  • 申込時
  • 2サイト目以降
  • サーバー移転時

で手順が微妙に異なります。ここでは、それぞれのWordPressの初め方を詳細に比べます。

申込時

サーバー申込時のWordPresssの始め方は、エックスーバーよりConoHa WINGが優秀です。ConoHa WINGの「WordPresssかんたんセットアップ」は、エックスサーバーと違ってWordPresssテーマをインストールした形でWordPresssが完成します。

WordPressテーマとは、WordPressのデザインを変えるファイルのこと。テーマを入れ換えることで、WordPressの雰囲気をガラリと変えられる。
WordPressテーマは、表示スピードやSEOにも影響するため、どのテーマを利用するかはブログ運営への影響は小さくない。有料・無料問わず、テーマ選びは慎重になりたい。

wordpress-easy-setup

WordPressかんたんセットアップは、ConoHa WINGが提供するサーバー契約時にブログ設定の以下6つが終わる簡単機能。

  • 独自ドメイン取得
  • ドメインとサーバーの紐づけ作業
  • データベース作成
  • WordPress設置
  • SSL化
  • WordPressテーマインストール

WordPressテーマもインストールできるため、パソコン要らずスマホだけでWordPressを始められる。

WordPressテーマは、zipファイルで提供され、これは解凍機能を持たないスマホでは扱えません。しかし、ConoHa WINGはサーバー申込時にテーマインストールが組み込まれています。そのため、zipファイルを扱う必要がなく、スマホからでもWordPressテーマインストール済みのWordPresssが完成します。

非常に簡単なConoHa WINGの始め方は「10分で始められる!ConoHa WINGのWordPressかんたんセットアップ」をご覧ください。

とはいえ、エックスサーバーもWordPresssテーマのインストールができないだけで、スマホから申し込んでもWordPresssは完成します。使われる機能は「WordPressクイックスタート」です。

wordpress-quick-strat

WordPressクイックスタートは、サーバー契約時にブログ設定の以下5つが終わる簡単機能。

  • 独自ドメイン取得
  • ドメインとサーバーの紐づけ作業
  • データベース作成
  • WordPress設置
  • SSL化

ブログ未経験者も10分でスムーズにブログを始められる。

WordPressクイックスタートを使えば、初心者に難しい設定をスキップでき、わずか10分ほどでWordPresssが完成します。エックスサーバーの始め方は「クイックスタートで10分!エックスサーバーのWordPressの始め方」をご覧ください。

2サイト目以降

2サイト目以降のWordPresssの始め方は、エックスサーバーよりConoHa WINGが簡単です。ConoHa WINGには、サイトコピー機能があるからです。この機能を使えば、

  • WordPressテーマ
  • WordPressプラグイン
  • 画像と記事

を複製できます。2つ目のサイトを作るとき、テーマやプラグインをインストール&有効化する手間が省け効率的です。たくさんのサイトを作成する計画なら、ConoHa WINGをおすすめします。

もし、複製しないでサイトを作成するときは、どちらも「WordPress簡単インストール」機能を使います。

wordpress-easy-install

WordPress簡単インストール機能とは、WordPressに必要はデータベース作成やWordPressシステムの設置がワンクリックで終わる機能。ほとんどの国内サーバーで利用できる。
しかし、ドメイン関連の設定など基本的で欠かせない設定の多くは、自分でしなければならない。

これは、エックスサーバーやConoHa WINGだけでなく、現在ほぼすべての国内サーバーで利用できる機能です。

サーバー移転

WordPressサイトのサーバー移転時は、エックスサーバーよりConoHa WINGも同じです。どちらも、簡単移行機能があります。無料で簡単な入力内容だけで移転できます。

簡単移行機能が使えず、各社のサーバーのプロに移転を代行してもらう場合は、エックスサーバーがお得です。

サーバー
(比較プラン)
エックスサーバー
(スタンダード)
ConoHa WING
(ベーシック)
移転代行費用無料7,678円
移転対応日数5営業日以内3営秒日以降
移転オプションなしSSL化済サイト:追加3,300円
非SSLサイトのSSL化:追加4,400円

2022年05月12日まで、無料キャンペーンを実施しています。費用や対応を確認しましょう。

エックスサーバーとConoHa WINGがおすすめな人比較

エックスサーバーとConoHa WINGがおすすめな人を比較しました。

  • エックスサーバーがおすすめな人:初心者、表示スピードにこだわる人
  • ConoHa WINGがおすすめな人:初心者、簡単・便利にこだわる人、サイト移行を考えている人

どちらのサーバーも初心者におすすめできます。国内の他社サーバーに比べ、申し込みやすい機能や扱いやすい管理画面になっているからです。

ただし、便利な機能では「WordPressかんたんセットアップ」や「サイトコピー」に代表されるように、ConoHa WINGがやや優れています。簡単さを求める人には、ConoHa WINGがおすすめです。

表示スピードでは、当社の計測ではエックスーバーが優れていました。ほとんど差はないものの、表示スピードにこだわりたい人はエックスサーバーがおすすめです。エックスサーバーは、2021年にサーバースペックを大幅にアップしました。(ConoHa WINGはスペックの多くを非公開)

エックスサーバーとConoHa WINGのその他仕様比較

エックスサーバーとConoHa WINGのその他仕様を比較しました。これまでのスペックや機能で決め手がなければ、ここから判断できます。

サーバー
(比較プラン)
エックスサーバー
(スタンダード)
ConoHa WING
(ベーシック)
ディスク容量SSD300GBSSD300GB
転送量無制限無制限
データベース数無制限無制限
無料独自SSL有り有り
自動バックアップ日数14日間14日間
バックアップ復元料金無料無料
WAFセキュリティ機能有り有り
支払方法クレジットカード
銀行振込
ペイジー
翌月後払い(コンビニ/銀行)
コンビニ払い
クレジットカード
ConoHaチャージ
ConoHaカード
server-capacity

ディスク容量とは、サーバーのデータ保存容量のこと。容量が多いほど画像やテキストなどのブログデータ、メールデータをたくさん保管できる。パソコンのHDDやSSD、スマホの内部ストレージと同じ意味。

server-transfer-amount2

転送量とは、ブログを表示するための通信量のこと。スマホのギガ(データ通信量)に似ている。例えば、1日100GBの転送量のサーバーは100GBを超えると転送できず、アクセス制限される場合がある。

サイト運営者がサーバーにアップロードするときも転送量を消費する。

3分で理解できる!レンタルサーバーの転送量とは?

エックスサーバーとConoHa WINGは、その他仕様もほとんど大差ないほど優秀です。

エックスサーバーは翌月後払いできるのがメリット。ConoHa WINGの後払いには対応していません。強いて言えば、クレジットカードが後払いと言えます。

まとめ

エックスサーバーとConoHa WINGを徹底比較しました。どちらも優秀で、甲乙つけがたいサーバーです。

それぞれの特徴と違いを見て、最適なサーバーを選びましょう。迷ったら、エックスサーバー をおすすめします。

キャンペーン情報

  • 特典①:半額キャッシュバックで利用料金実質495円~
  • 特典②:独自ドメイン1個永久無料
  • 特典③:Amazonギフト券最大10,000円分が当たるチャンス

\ 期間限定!2021年06月16日18時まで /

スマホでWordPressを始めたい人に限り、ConoHa WINGをおすすめします。

キャンペーン情報

  • 特典①:ベーシックプラン最大47%OFF月額料金687円から
  • 特典②:独自ドメイン2個永久無料
  • さらに:初期費用無料
  • さらに:初月は月額料金無料
  • さらに:他社サーバーからのサイト移行代行手数料無料

\ 期間限定!2022年06月06日18時まで /

Posted by ひーちゃん@ライター