徹底比較!エックスサーバーとConoHa WINGの強みで選ぶ!

2021年11月1日

運営者情報

webライターの「ひー」です。2017年にWordPressを始め、1年2ヶ月でブログ月収5万円達成。これまで14社のサーバーを使いました。

WordPressワードプレスブログ作成におすすめなエックスサーバーConoHa WINGコノハウィングどちらも優秀なサーバーとして高く評価されています。両サーバーを検討している時点でサーバー選びは成功したようなもの。でも、こんな情報を探していませんか。

  • WordPress未経験者どちらがおすすめ?
  • 両サーバーの独自機能や相手にない強みは何?
  • 長く続けたときにお得なのはどっち?

この記事ではエックスサーバーとConoHa WINGを徹底比較し、相手サーバーにない強みを解説しました。私はどちらのサーバーも1年以上使い、両サーバーでアフィリエイトブログを運営しました。比較した結果、おすすめはConoHa WINGです。

ConoHa WINGでWordPressを始める手順はコチラ

  • 特典①:最大43%OFF月額料金740円から
  • 特典②:独自ドメイン2個永久無料
  • さらに:初期費用無料

\ 期間限定!2021年11月22日18時まで /

エックスサーバーとConoHa WINGの比較一覧表

エックスサーバーとConoHa WINGの料金・サーバースペック・機能を比較一覧表にしました。特に大事なポイントはアンダーラインを引いています。

エックスサーバーの「X10プラン」、ConoHa WINGの「ベーシックプラン」を比較しました。

エックスサーバー比較内容ConoHa WING
ConoHa WINGより表示速度が速い
メールマガジンを発行できる
特徴エックスサーバーより安い
プラン変更やサーバー移行しやすい
サポート体制とバックアップ期間が充実
884円実質月額料金775円
792円~月額料金775円~
1個永久無料独自ドメイン代2個永久無料*
3,300円初期費用無料
10日間無料お試しなし
0.954秒ページ読込時間1.1秒
NGINXWebサーバーNGINX
ありキャッシュ機能あり
あり簡単インストールあり
ありDB自動接続あり
あり簡単セットアップあり
月単位プランアップ即時反映
契約期間終了時プランダウン即時反映
ありワンクリック移行あり
33,000円サーバー移行代行7,678円
実績99.99%稼働率99.99%品質保証
300GBディスク容量300GB
900GB/日転送量27TB/月
あり無料独自SSLあり
電話/メールサポート電話/メール/チャット
7日間自動バックアップ14日間
無料復元料金無料
無制限マルチドメイン無制限
無制限データベース数無制限
ありメルマガ機能なし
※税込総額表示
*キャンペーン価格、契約期間による

解説を読まず、ConoHa WINGの特徴を見る

エックスサーバーの特徴を見る

web-server

Webサーバーとは、ブラウザからのリクエストに応じデータを送るサーバーのこと。スマホやパソコンでクリック(これがリクエスト)すると、ブログデータを集めそのブラウザへ即座に返す。Webサーバーの速度は「ApacheアパッチよりNGINXエンジンエックス、NGINXよりLitespeedライトスピード」と大まかに言える。

browser-cache

ブラウザキャッシュ機能とは、一度表示したwebページの情報をブラウザに保存し、次の表示はサーバーにアクセスせず表示させる機能。読み込み量を減らすことで表示速度が速くなる。同機能はサーバーで設定したり、テーマやプラグインで設定したりできる。

wordpress-easy-install

WordPress簡単インストール機能とは、WordPressに必要はデータベース作成やWordPressシステムの設置がワンクリックで終わる機能。ほとんどの国内サーバーで利用できる。
しかし、ドメイン関連の設定など基本的で欠かせない設定の多くは、自分でしなければならない。

データベースとは、WordPressブログに必要なデータをまとめたもの。電話帳のように必要な情報が整理されている。WordPressはデータベースがないと作られない。代表的なデータベースMySQLマイエスキューエルである。

server-occupancy

稼働率とは、サーバー稼働時間のうちトラブルなく正常稼働した時間の比率。稼働率99.99%は、1年間(8,760時間)のうち1時間ほどしか停止せず、残りは正常稼働したことを示す。

99.9%じゃ低い?レンタルサーバーの稼働率とは?

server-capacity

ディスク容量とは、サーバーのデータ保存容量のこと。容量が多いほど画像やテキストなどのブログデータ、メールデータをたくさん保管できる。パソコンのHDDやSSD、スマホの内部ストレージと同じ意味。

server-transfer-amount2

転送量とは、ブログを表示するための通信量のこと。スマホのギガ(データ通信量)に似ている。例えば、1日100GBの転送量のサーバーは100GBを超えると転送できず、アクセス制限される場合がある。

サイト運営者がサーバーにアップロードするときも転送量を消費する。

3分で理解できる!レンタルサーバーの転送量とは?

SSLとは、暗号化によるサイトセキュリティの1つ。SSL化されたサイトのURLは「http://」から「https://」に変わる。SSL化はSEOにも影響する重要な要素で、ブログ運営に欠かせない。

multi-domain2

マルチドメイン数とは、サーバーに登録できるドメイン数のこと。独自ドメインを使ったWordPressブログを複数作りたいなら、その数だけマルチドメイン数が必要になる。

比較表に戻る

ConoHa WINGの特徴

ConoHa WINGは、GMOインターネット株式会社が運営する高速レンタルサーバーです。2018年に始まったサービスなのに、すでに30万アカウントを突破。人気急上昇中で、2021年02月にはブロガーやアフィリエイターが使いたいレンタルサーバーNo.1に選ばれました。

エックスサーバーより優れたポイントが多く、その強みは次の5つです。

ConoHa WINGはエックスサーバーより料金が安い

ConoHa WING エックスサーバーより安い料金が特徴です。初期費用無料なうえ、月額料金が安いため実質月額料金でエックスサーバーより安くなります。

blog-real-price

実質月額料金とは、ブログ運営費総額の以下3つから計算した実質の月額料金。

  • サーバー月額料金
  • サーバー契約初期費用
  • 独自ドメイン代

サーバー月額料金だけ安いサーバーを選んでも実質月額料金は安くならない場合があり、3つすべてを考慮することが運営費の正しい見直しと言える。

エックスサーバー比較内容ConoHa WING
884円実質月額料金792
31,812円~36ヶ月総費用28,512円~
792円~月額料金792円~
3,300円初期費用無料
1個永久無料*ドメイン代2個永久無料*
※税込総額表示
*キャンペーン価格、契約期間による

3年使った場合、およそ3,000円ほどConoHa WINGがお得です。

ConoHa WINGは、サーバー契約中は独自ドメイン2個が永久無料となります。そのため、WordPressブログ2個を独自ドメイン代をかけずに運営できます。始めから複数ブログを考えているなら、エックスサーバーよりお得です。

original-domain

独自ドメインとは、世界に1つしか存在しないドメイン。当サイトは「mvno-osusume.com」という独自ドメインを使っている。WordPressブログには独自ドメインを使うのが一般的。

しかし、料金はわずかな差しかないため比較内容として検討する必要性は低いでしょう。

ConoHa WINGでWordPressを始める手順はコチラ

ConoHa WINGはエックスサーバーよりバックアップが充実

ConoHa WING エックスサーバーよりバックアップが充実しています。

エックスサーバー比較内容ConoHa WING
7日間自動バックアップ期間14日間
無料復元料金無料

ConoHa WINGはバックアップ期間が14日間あります。エックスサーバーの7日間も十分です。でも、この7日間の違いは大きいです。たとえば、こんな場合はどうでしょうか。

週末ブロガーで、土日しかブログをしない。毎週必ず土日にブログで執筆・確認しているから、トラブルに気付き復元できる予定。しかし、この度は土日にブログを確認できず8日以上開いてしまい、トラブルが起きていたが、すでにデータがなく復元できなかった。

副業として週末だけブログを始める人ほど、バックアップ期間はできるだけ長いサーバーを選ぶべきです。

しかも、ConoHa WINGのバックアップデータ復元は超簡単4ステップです。

  1. ConoHa WINGのコントロールパネルにログイン
  2. 「WING」の「サーバー管理」を選択
  3. 「自動バックアップ」メニューから復元データを選択
    conoha_backup_restore
  4. 「リストアから復元」をクリックし、確認画面の「リストア」を再度クリック

ConoHa WINGでWordPressを始める手順はコチラ

ConoHa WINGはエックスサーバーよりサーバー移転しやすい

ConoHa WING エックスサーバーよりサーバー移転しやすいのが特徴です。

エックスサーバー比較内容ConoHa WING
ありワンクリック移転あり
33,000円サーバー移転代行7,678円
※税込総額表示

ConoHa WINGもエックスサーバーもワンクリックでサーバー移転できるツールがあります。これを使えば、すでに他社サーバーで運営しているWordPressブログを簡単な入力だけで移転できます。

とはいえ、ワンクリック移転ツールは失敗する場合があったり、条件を満たさない場合に利用できなかったりするのが難点。そんな場合に使いたいのがプロによる移転代行ConoHa WINGは移転代行費用がエックスサーバーより20,000円以上安いため、気軽に頼めます。ConoHa WINGの移転代行では以下3つの作業をしてくれます。

  • サイトデータ移行:記事や画像など全データを移行させる
  • SSL再設定作業:SSLサイトも移行できる
  • ネームサーバー切替作業:ネームサーバー情報をConoHa WINGのDNSに設定する

SSLに関しては追加で次の費用が発生します。

  • SSL設置済サイトの移行:3,300円/サイト
  • 非SSLサイトのSSL設定:4,400円/サイト

ConoHa WINGでWordPressを始める手順はコチラ

ConoHa WINGはエックスサーバーより柔軟にプラン変更できる

ConoHa WING エックスサーバーより柔軟にプラン変更できます。

エックスサーバー比較内容ConoHa WING
月単位プランアップ即時反映
契約期間終了時プランダウン即時反映

特にConoHa WINGは、すぐにプランアップが反映されるのがうれしいポイント。バズによってアクセスが急増したときもプランアップですぐに対応できます。

ただしプランダウンは即時反映されても、返金はされませんのでご注意ください。

ConoHa WINGでWordPressを始める手順はコチラ

ConoHa WINGはエックスサーバーよりブログを始めやすい

ConoHa WING エックスサーバーよりブログを始めやすいです。エックスサーバーも簡単ですが、ConoHaWINGはもっと簡単。これまで14社のサーバーを使った中で、1番簡単なのがConoHa WINGでした。

ConoHa WINGの「WordPressかんたんセットアップ」を使えば、契約時にWordPressが完成します。

wordpress-easy-setup

WordPressかんたんセットアップは、ConoHa WINGが提供するサーバー契約時にブログ設定の以下6つが終わる簡単機能。

  • 独自ドメイン取得
  • ドメインとサーバーの紐づけ作業
  • データベース作成
  • WordPress設置
  • SSL化
  • WordPressテーマインストール

WordPressテーマもインストールできるため、パソコン要らずスマホだけでWordPressを始められる。

「WordPressかんたんセットアップ」はテーマテンプレートのインストールまで完了します。一方、エックスサーバーの「WordPressクイックスタート」はテーマテンプレートのインストールはできません。

少しでも簡単にWordPressを始めたい未経験者は、WordPressかんたんセットアップが使えるConoHa WINGがおすすめです。

ConoHa WINGでWordPressを始める手順はコチラ

  • 特典①:最大43%OFF月額料金740円から
  • 特典②:独自ドメイン2個永久無料
  • さらに:初期費用無料

\ 期間限定!2021年11月22日18時まで /

比較表に戻る

エックスサーバーの特徴

エックスサーバーとは、エックスサーバー株式会社が運営する高速レンタルサーバー。2004年にサービス提供され、これまで190万サイトに利用されてきました。国内シェアNo.1のレンタルサーバーです。

ブロガーやアフィリエイターに長年愛用されてきました。その特徴は以下3つです。

エックスサーバーはConoHa WINGに比べ表示速度が速い

エックスサーバー ConoHa WINGに比べ表示速度が速いです。

ページの読込時間で表示速度を測定するツールGTmetrixを使い、エックスサーバーとConoHa WINGそれぞれのサーバーに設置したデモサイトの表示速度を計りました。

Gtmetrixの使い方はコチラ

エックスサーバー比較内容ConoHa WING
0.954秒ページ読込時間1.1秒
エックスサーバーの測定結果
ConoHa WINGの測定結果

ページ読込時間の差はわずか0.146秒であるものの、エックスサーバーが速い結果となりました。どちらのサーバーの公式サイトも表示速度No.1を自負していますが、当サイトの測定結果によればエックスサーバーが速いです。

とはいえ、一般的に読込時間は2秒以内であれば問題ない、と言われます。どちらのサーバーも約半分の時間で読み込める十分な速さがあるのですから、比較内容の重要ポイントとはならないでしょう。

エックスサーバーでWordPressを始める手順はコチラ

エックスサーバーはメルマガを発行できる

エックスサーバー メルマガを発行できるのが特徴です。これはConoHa WINGにはない機能。

メルマガは、サイト運営者や企業が複数読者に発行する一斉メールです。メルマガはたいてい1つのテーマやジャンルに絞って専門的情報や役立つコラムなどをメルマガ読者に提供します。ですから、メルマガを利用するのはすでに特定分野のプロかそれに類する人に限られるはずです。

メルマガを使えば、ブログ読者の固定化やフォローを期待できます。しかし現実的に考えると、これからWordPressを始める人のうち、メルマガを発行したい人は少ないでしょう。

エックスサーバーでWordPressを始める手順はコチラ

エックスサーバーは無料お試しできる

エックスサーバー 無料お試しできるのが特徴です。10日間サーバーを試せます。ConoHa WINGはお試し期間がありません。使い心地を確かめられるのは安心です。

もっとも、エックスサーバーもConoHa WINGも表示速度やサーバースペックはお試し不要なほどいいもの。しかし、WordPressのインストールしやすさや管理画面の使用感などは実際に使ってみないとわかりません。

ただし、無料お試ししたい場合、エックスサーバーでWordPressを簡単に始める方法「WordPressクイックスタート」が利用できません。通常のWordPress簡単インストール機能を使います。WordPressの設定項目が多く、人によっては設定に難しさを覚えWordPressを始めることに挫折するかもしれません。

wordpress-quick-strat

WordPressクイックスタートは、サーバー契約時にブログ設定の以下5つが終わる簡単機能。

  • 独自ドメイン取得
  • ドメインとサーバーの紐づけ作業
  • データベース作成
  • WordPress設置
  • SSL化

ブログ未経験者も10分でスムーズにブログを始められる。

エックスサーバーのWordPressクイックスタートで始める手順はコチラ

ですから、無料お試しがあるとはいえ、WordPress未経験者はそれを使わないで「WordPressクイックスタート」で契約時にWordPressを完成させてしまうほうが良いでしょう。

  • 特典①:最大45,000円キャッシュバック
  • 特典②:独自ドメイン1個永久無料

\ 期間限定!2021年12月02日18時まで /

比較表に戻る

まとめ

エックスサーバーとConoHa WINGはどちらもブログやアフィリエイトに最適なサーバーです。しかし、迷ったらConoHa WINGをおすすめします。比較すると、ConoHa WINGが優れており、特にブログ未経験者には使いやすいサーバーでした。

ConoHa WINGのキャンペーンを使ってお得に申し込みましょう。

  • 特典①:最大43%OFF月額料金740円から
  • 特典②:独自ドメイン2個永久無料
  • さらに:初期費用無料

\ 期間限定!2021年11月22日18時まで /

「いつかメルマガを発行したい」と考えているなら、ConoHa WINGはメルマガ機能がないためエックスサーバーを選べます。

  • 特典①:最大45,000円キャッシュバック
  • 特典②:独自ドメイン1個永久無料

\ 期間限定!2021年12月02日18時まで /

エックスサーバーとConoHa WINGの他にロリポップ!もおすすめです。特に月額料金は両サーバーより大幅に安くなるため、気になる人は関連記事をお読みください。