【明解】エックスサーバーとmixhostを徹底比較!違いと特徴はコレ!

2022年1月13日

著者情報

Webライターの「ひー」です。2017年にWordPressを始め、1年2ヶ月でブログ月収5万円達成。これまで15社のサーバーを使いました。

エックスサーバーとmixhostの違いが分かるよう、徹底比較しました。

まずは、エックスサーバーとmixhostを比較した大きな違いをご覧ください。

xserver-top-new

エックスサーバーの特徴

  • エックスサーバーは、mixhostに比べ運営歴が13年も長い
  • エックスサーバーは、mixhostにない電話サポートがある
  • エックスサーバーは、mixhostと違い稼働率は実績99.99%
mixhost-top

mixhostの特徴

  • mixhostは、エックスサーバーに比べ表示スピードが速い
  • mixhostは、エックスサーバーに比べ料金が安い
  • mixhostは、エックスサーバーにないサイト複製機能がある

当サイトは、実際にエックスサーバーとmixhostを利用しました。正直どちらもおすすめできるサーバーです。ただし、料金や使いやすさなどに細かい違いがあります。迷ったら、速度と料金で優れる mixhost がおすすめですが、初心者は エックスサーバー をおすすめします。

【比較表】エックスサーバーとmixhostの違い

エックスサーバーとmixhostの違いを比較一覧表にしました。

サーバー
(比較プラン)
エックスサーバー
(スタンダード)
mixhost
(スタンダード)
無料お試し期間10日間なし
(30日返金保証期間あり)
3年総費用
月額料金
初期費用
独自ドメイン代
38,940円
990円
3,300円
無料
34,848円
968円
無料
無料
表示スピード*0.889秒0.720秒
WordPress申込時完成機能有り有り
WordPress簡単移行機能有り有り
WordPress移転代行費用33,000円15,356円
稼働率実績99.99%99.99%品質保証
サポート電話/メールメール
サービス提供年2003年2016年
運営会社エックスサーバー株式会社アズポケット株式会社
*当サイト計測(12社レンタルサーバー速度比較はこちら

エックスサーバーは、mixhostと違い稼働率実績が99.99%です。

server-occupancy

稼働率とは、サーバー稼働時間のうちトラブルなく正常稼働した時間の比率。稼働率99.99%は、1年間(8,760時間)のうち1時間ほどしか停止せず、残りは正常稼働したことを示す。

99.9%じゃ低い?レンタルサーバーの稼働率とは?

一方のmixhostは99.99%品質保証。比べて優れるのは、実績99.99%のエックスサーバーです。mixhostは実績が99.99%を下回っている可能性があります。その場合は、申請すると料金の一部が返金される仕組みです。より安定性を求めるなら、エックスサーバーを選べます。

エックスサーバーは、mixhostにない電話サポートが提供されます。メールでトラブルの状態を伝えるのが苦手でも電話サポートがあれば安心です。ただし、電話サポート対応時間は平日10:00-18:00に限られます。そのため、夜や週末だけブログをする人には、電話サポートがあっても意味をなさない場合があるので注意しましょう。

エックスサーバーは、mixhostに比べ「運営歴が長く安心できる」と初心者に高く評価されています。当サイトで行ったアンケートでも、初心者の3分の1がエックスサーバーでブログを始めたことが判明しました。詳細は、「50人アンケートで判明!WordPress初心者におすすめのレンタルサーバー」をご覧ください。


mixhostは、エックスサーバーに比べ表示スピードが速いです。当サイトの計測結果で12社サーバーで1番速かったのがmixhostです。表示スピ-ドの速いサーバーは、ブログがすぐに表示されます。読者がブログを読みやすくなり、結果的に商品・サービスの購入・契約につながりやすくなります。速度比較の詳細情報は「【12社計測データ公開】速いレンタルサーバーはコレ!速度を徹底比較!」をご覧ください。

mixhostは、エックスサーバーに比べ料金が安いです。もちろん、キャンペーンによってはエックスサーバーが安い場合もあります。とはいえ、初期費用無料やサーバー移転代行費用など、月額料金以外の部分ではmixhostが安いです。同レベルのサーバー性能を求めるなら、少しでも安いmixhostを使いたいですよね。

エックスサーバーとmixhostの料金比較

エックスサーバーとmixhostの料金を比較しました。

サーバー
(比較プラン)
エックスサーバー
スタンダード
mixhost
(スタンダード)
初期費用3,300円無料
月額料金3ヶ月契約:1,320円/月
~
36ヶ月契約:990円/月
3ヶ月契約:1,518円/月
~
36ヶ月契約:968円/月
独自ドメイン代*1個永久無料1個永久無料
独自SSL証明書無料無料

初期費用や長期契約時の月額料金など、全体的にmixhostが安いです。

エックスサーバーとmixhostはどちらも、12ヶ月以上契約すると独自ドメイン代が永久無料になります。

original-domain

独自ドメインとは、世界に1つしか存在しないドメイン。当サイトは「mvno-osusume.com」という独自ドメインを使っている。WordPressブログには独自ドメインを使うのが一般的。

とはいえ、比較表を見て気づくとおり、料金の差はそれほど大きくありません。その時々のキャンペーンで安さは逆転します。申込前に、最新のキャンペーン情報を公式サイトでチェックするのがおすすめです。

→ 公式サイト( エックスサーバー

→ 公式サイト( mixhost

エックスサーバーとmixhostの表示スピード比較

エックスサーバーとmixhostの表示スピードを比較しました。計測方法と条件は以下のとおりです。

計測方法

計測内容

  • 各サーバーに同じWordPressテーマ・プラグインのWordPressデモサイトを設置
  • 各デモサイトトップページを2つの計測ツールでテスト
サーバー
(比較プラン)
エックスサーバー
(スタンダード)
mixhost
(プレミアム)
GTmetix LCP0.889秒0.720秒
GTmetrix TTFB0.327秒0.312秒
PageSpeed Insights モバイル98100
※当サイト計測(12社レンタルサーバー速度比較記事はこちら
speedtest-gtmtrix-xserver
speedtest-pagespeed-insights-xserver

speedtest-gtmtrix-mixhost
speedtest-pagespeed-insights-mixhost

エックスサーバーとmixhostは、どちらも非常に速いサーバーです。どちらも表示スピードで不満が出ることはありません。読者は十分快適にブログを読めます。

とはいえ、同じ計測条件のもとでも、全数値はmixhostが上になったのは事実。mixhostは、2019年7月に第三者機関から表示スピードで表示スピードNo.1と評価されています。

速さにこだわるなら、mixhostがおすすめです。

→ 公式サイト( エックスサーバー

→ 公式サイト( mixhost

エックスサーバーとmixhostのWordPressの始め方比較

エックスサーバーとmixhostのWordPressの始め方を比較しました。一口にWordPressを始めると言っても、

  • 申込時
  • 2サイト目以降
  • サーバー移転時

でWordPressの作成方法が異なります。それぞれのWordPressの始め方を比べます。

申込時

エックスサーバーとmixhostの申込時のWordPressの始め方は同じです。どちらも、WordPressクイックスタート機能を使います。

wordpress-quick-strat

WordPressクイックスタートは、サーバー契約時にブログ設定の以下5つが終わる簡単機能。

  • 独自ドメイン取得
  • ドメインとサーバーの紐づけ作業
  • データベース作成
  • WordPress設置
  • SSL化

ブログ未経験者も10分でスムーズにブログを始められる。

WordPressクイックスタート機能のおかげで、初心者に難しい設定をショートカットできます。申込時のWordPressの始め方は、2つの記事でそれぞれ解説しました。

2サイト目以降

2サイト目以降のWordPressの作り方は、エックスサーバーよりmixhostが簡単です。mixhostは、エックスサーバーにないサイト複製機能があるからです。サイト複製機能を使えば、

  • WordPressテーマ
  • WordPressプラグイン
  • 画像や記事

などを複製して2サイト目を作ります。テーマやプラグインをインストール&有効化したり設定したりする手間を省けます。複数サイトを運営、かつ同じテーマを使いまわしたい場合なら、複製機能があるmixhostのほうが後々便利です。

サーバー移転

エックスサーバーとmixhostは、どちらも自分で無料でサーバー移転できる機能があります。ただし、使い勝手はエックスサーバーが上です。エックスサーバーは簡単な入力作業とクリック操作で移転できます。詳細は公式サイトの「WordPress簡単移行」をご覧ください。

一方、mixhostのサーバー移転はFTPなど初心者に難しい用語が多いです。詳細は公式サイト「かんたん引っ越し機能のご利用方法」をご覧ください。

エックスサーバーとmixhostは、サーバー移転代行オプションが用意されています。自分で移行できない場合、こちらのオプションを使います。料金と比べました。

サーバー
(比較プラン)
エックスサーバー
(スタンダード)
mixhost
(スタンダード)
移転代行費用33,000円10,978円
移転対応日数5営業日以内5営業日以内
移転オプションなしSSL化済サイト:追加4,378円
非SSLサイトのSSL化:追加5,478円

同じプロにサーバー移転を代行してもらっても、mixhostが安く済みます。それで、「自分でサーバー移転したいけど、できない場合はプロに任せたい」と考えているなら、mixhostを選ぶのがおすすめです。

→ 公式サイト( エックスサーバー

→ 公式サイト( mixhost

エックスサーバーとmixhostがおすすめな人比較

エックスサーバーとmixhostがおすすめな人を比較しました。

  • エックスサーバーがおすすめな人:初心者
  • mixhostがおすすめな人:速度にこだわりたい、サーバー経験者

エックスサーバーは国内シェアNo.1のサーバーです。初心者の3分の1が選ぶほど人気で、使いやすさと安心感で選ばれています。公式サイトのマニュアルはもちろん、検索すれば利用者の解説記事もたくさん見つかります。トラブルがあっても、自分で調べたり電話サポートに依頼したりすれば、すぐに解決しやすいです。

→ 公式サイト( エックスサーバー


一方、mixhostは表示スピードに優れていました。速度にこだわりたい人におすすめです。ただし、管理画面が多機能なため、サーバー経験者でないと目的の設定を見つけられない可能性が高いです。他社サーバーを使った経験があり、速さを改善したいならmixhostをおすすめします。

→ 公式サイト( mixhost

エックスサーバーとmixhostのその他仕様比較

エックスサーバーとmixhostのその他仕様を比較しました。ここまで比較しても悩む場合は、以下の要素で選びましょう。

サーバー
(比較プラン)
エックスサーバー
(スタンダード)
mixhost
(スタンダード)
ディスク容量SSD300GBSSD250GB
転送量900GB/日18TB/月
データベース数無制限無制限
無料独自SSL有り有り
自動バックアップ日数14日間14日間
バックアップ復元料金無料無料
WAFセキュリティ機能有り有り
支払方法クレジットカード
銀行振込
ペイジー
翌月後払い(コンビニ/銀行)
コンビニ払い
クレジットカード
銀行振込
server-capacity

ディスク容量とは、サーバーのデータ保存容量のこと。容量が多いほど画像やテキストなどのブログデータ、メールデータをたくさん保管できる。パソコンのHDDやSSD、スマホの内部ストレージと同じ意味。

server-transfer-amount2

転送量とは、ブログを表示するための通信量のこと。スマホのギガ(データ通信量)に似ている。例えば、1日100GBの転送量のサーバーは100GBを超えると転送できず、アクセス制限される場合がある。

サイト運営者がサーバーにアップロードするときも転送量を消費する。

3分で理解できる!レンタルサーバーの転送量とは?

ディスク容量・転送量は、エックスサーバーが優れています。ただし、初めてのブログや数個しかブログを作らない場合、これらのスペック差が問題になることはありません。数年後にブログが人気になる将来性を含めると、エックスサーバーが優秀です。

まとめ

エックスサーバーとmixhostを徹底比較しました。どちらも高速なレンタルサーバーです。間違いなくおすすめできます。それぞれの特徴やキャンペーン情報を比較しながら、最適なサーバーを選んでください。迷ったら、mixhost をおすすめします。

キャンペーン情報

  • 特典①:初回支払額最大50%OFF(プレミアムプラン以上)
  • 特典②:独自ドメイン1個永久無料
  • 特典③:初期費用無料
  • 特典④:30日間全額返金保証

\ 今がチャンス /

運営歴や安定感にこだわるなら、エックスサーバーを選びましょう。

キャンペーン情報

  • 特典①:最大30%OFF月額料金693円から
  • 特典②:独自ドメイン1個永久無料
  • さらに:Amazonギフト券やiPadがもらえるチャンス

\ 期間限定!2021年01月20日18時まで /